介護保険制度の特定疾病とは?種類や選定基準

介護保険制度の特定疾病とは?種類や選定基準。

介護保険制度では40歳から64歳の第2号被保険者が、介護保険の給付を受けることができる為の条件として、

特定疾病であることが条件とされています。

詳しくは前回の記事、

介護保険制度とは?知っておきたい概要と改正内容

で紹介しています。

では特定疾病とはどのような疾病を指すのでしょうか?

今回は介護保険制度で定められている特定疾病について紹介していきます。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

第2被保険者の受給条件は特定疾病であること

介護保険制度において、

受給条件として、65歳以上の第1号被保険者は要介護状態もしくは要支援状態であることとされていますが、

40歳以上の第2号被保険者は、要介護状態及び要支援状態であり、かつ、その原因が特定疾病によるものである場合のみと限定されています。

特定疾病以外の原因である場合は受給条件を満たすことができません。

例えば、交通事故などで介護が必要となった場合。

この場合は、介護保険制度での受給はできません。

スポンサーリンク

介護保険制度の特定疾病には何がある?

介護保険制度の特定疾病には何があるのでしょうか?

選定基準とともに紹介していきます。

特定疾病の選定基準

厚生労働省の特定疾病の選定基準の考え方によれば、特定疾病の選定基準として、以下のような病気であることとされています。

1) 65歳以上の高齢者に多く発生しているが、40歳以上65歳未満の年齢層においても発生が認められる等、罹患率や有病率(類似の指標を含む。)等について加齢との関係が認められる疾病であって、その医学的概念を明確に定義できるもの。

2) 3~6ヶ月以上継続して要介護状態又は要支援状態となる割合が高いと考えられる疾病。

介護保険制度というものは、あくまで高齢者の介護の為に作られた制度である為、高齢になることで発生しやすくなる病気である必要があるみたいです。

かつ、介護が必要となることが多い病気です。

特定疾病の種類

では、具体的に特定疾病と定められている疾病を紹介します。以下の通りです。

  1. がん【がん末期】
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症※
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

この中にある疾病であれば64歳以下でも、受給条件にあてはまるというわけです。

スポンサーリンク

介護は大変、良く知っておこう

前回は介護保険とは何か、そして今回は介護保険制度の特定疾病について紹介しました。

というのも、介護というものが私の身近で起きたからです。

介護は身体的、精神的、金銭的な負担が非常に大きいです。

そのことは、テレビなどでもよくやっていますし、よく言われていることなので、理解はしていたつもりですが、

やはり身近で話を聞くと想像以上でした。

今回は直接的に私自身が介護するわけではありませんでしたが、自分が介護する側になることも、決して遠い未来ではありません。

もちろん、さらに年をとれば自分が介護される側になるかもしれません。

いざそんな日が訪れても困らない為に、介護保険制度については知っておく必要があると感じます。

どのような条件で受給することができるのか、どれくらいの負担が必要となるのか。

これらを知った上で、将来の計画を見直さなくてはならないなと実感したわけです。

関連:介護保険制度とは?知っておきたい概要と改正内容

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

社会人はチェック!!

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

そして今は企業が人手不足となっていて求人も増えていいますし、転職サイトに登録すると来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私自身、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけになりました。

転職サイトでは、簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多く、スカウトが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強みや市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ は企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。

また、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習などを行ってくれます。

リクナビNEXT 同様、リクルートが運営しており、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ