介護保険制度の特定疾病とは?種類や選定基準

介護保険制度の特定疾病とは?種類や選定基準。

介護保険制度では40歳から64歳の第2号被保険者が、介護保険の給付を受けることができる為の条件として、

特定疾病であることが条件とされています。

詳しくは前回の記事、

介護保険制度とは?知っておきたい概要と改正内容

で紹介しています。

では特定疾病とはどのような疾病を指すのでしょうか?

今回は介護保険制度で定められている特定疾病について紹介していきます。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

第2被保険者の受給条件は特定疾病であること

介護保険制度において、

受給条件として、65歳以上の第1号被保険者は要介護状態もしくは要支援状態であることとされていますが、

40歳以上の第2号被保険者は、要介護状態及び要支援状態であり、かつ、その原因が特定疾病によるものである場合のみと限定されています。

特定疾病以外の原因である場合は受給条件を満たすことができません。

例えば、交通事故などで介護が必要となった場合。

この場合は、介護保険制度での受給はできません。

スポンサーリンク

介護保険制度の特定疾病には何がある?

介護保険制度の特定疾病には何があるのでしょうか?

選定基準とともに紹介していきます。

特定疾病の選定基準

厚生労働省の特定疾病の選定基準の考え方によれば、特定疾病の選定基準として、以下のような病気であることとされています。

1) 65歳以上の高齢者に多く発生しているが、40歳以上65歳未満の年齢層においても発生が認められる等、罹患率や有病率(類似の指標を含む。)等について加齢との関係が認められる疾病であって、その医学的概念を明確に定義できるもの。

2) 3~6ヶ月以上継続して要介護状態又は要支援状態となる割合が高いと考えられる疾病。

介護保険制度というものは、あくまで高齢者の介護の為に作られた制度である為、高齢になることで発生しやすくなる病気である必要があるみたいです。

かつ、介護が必要となることが多い病気です。

特定疾病の種類

では、具体的に特定疾病と定められている疾病を紹介します。以下の通りです。

  1. がん【がん末期】
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症※
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

この中にある疾病であれば64歳以下でも、受給条件にあてはまるというわけです。

スポンサーリンク

介護は大変、良く知っておこう

前回は介護保険とは何か、そして今回は介護保険制度の特定疾病について紹介しました。

というのも、介護というものが私の身近で起きたからです。

介護は身体的、精神的、金銭的な負担が非常に大きいです。

そのことは、テレビなどでもよくやっていますし、よく言われていることなので、理解はしていたつもりですが、

やはり身近で話を聞くと想像以上でした。

今回は直接的に私自身が介護するわけではありませんでしたが、自分が介護する側になることも、決して遠い未来ではありません。

もちろん、さらに年をとれば自分が介護される側になるかもしれません。

いざそんな日が訪れても困らない為に、介護保険制度については知っておく必要があると感じます。

どのような条件で受給することができるのか、どれくらいの負担が必要となるのか。

これらを知った上で、将来の計画を見直さなくてはならないなと実感したわけです。

関連:介護保険制度とは?知っておきたい概要と改正内容

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

社会人はチェック!!

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ