転職におけるTOIECの位置づけは?TOEIC700点以上あれば転職は有利?

転職におけるTOIECの位置づけは?TOEIC700点以上あれば転職は有利?

転職する際にやっぱり資格はあったほうがいいかななんて思いますよね。

そんな時に一番身近な資格はTOEICだと思います。実際に今勉強しているという人も多いかもしれません。

ただせっかく頑張って高い点数をとったとしても転職に意味がなければ、そこまで時間と労力をかけてまでやるよりもさっさと転職活動を始めたほうがいいかもしれません。

そこで今回は転職におけるTOEICの意味や700点であればどれほど有利になるかを紹介していきます。

関連;高収入の求人多数!エグゼクティブ転職サイト、転職エージェントの特徴やおすすめエージェント

関連;外資系に向いてる人、向いてない人の特徴。年齢よりも能力次第だから転職してみては?

転職でTOEICスコアを持っておく意味はある?

転職でTOEICを持っておくことにはどんな意味があるのか、転職で武器になるのか気になるところですよね。

最初に書いておきますが、高い点数を持っていることは決して無駄ではなく武器になる場合は大いにあります。

現在多くの日本企業は海外に進出していますし、外資系企業も日本にたくさんあります。英語を使うことになる機会は今後も増えていきますから今後も重要度は増していくでしょう。

選択肢の幅は広がり、高収入を得られる可能性が高まる

TOEICで高い点数を取る大きなメリットは選択肢の幅が広がること。

高収入である場合が多い大手企業や外資系企業などで英語に接する機会が多くなる仕事は応募条件としてTOEICの点数を課している場合も少なくありません。

どれだけその仕事に対する高い専門性を有していたとしても点数が達していなければそれだけで応募することすら赦されなくなってしまうのです。

ちなみに大手企業を中心に新卒入社時点で高いTOEICの点数を募集要項で明記している企業もありますし、入社時には必要ないとしても入社後すぐに取得することを求められる場合、昇格時に必要となる場合なども少なくありません。

中途採用者は特別でとっていなくても問題ないなんてことは当然あるわけがありませんよね。

履歴書に書くのは最低でも600点以上で2年以内の取得

ではTOEICはどの程度の点数があると良いでしょうか。

まあ高ければ高いにこしたことはないんですが、履歴書に書いても良いのは最低でも600点以上で取得したのは直近2年以内という場合です。

それ以下で書いてしまうとはむしろ評価が低くなってしまう場合があるし、高得点であってもあまりに昔にとったものであれば今はどうかわからないので意味がないものになってしまいます。

TOIECの点が高いけど英語は話せないという場合は?

中にはTOEICの点は高いものの会話はできないなんて人も多いかと思います。その場合はどうなんでしょう。

まあ会話はできるに越したことはないんですし、英語を直接使う仕事であれば会話力を面接時に試されることもあるんですが単に書類選考に書くだけで終わるという場合もかなりありますから、会話ができないと点が高くても全く無意味だということにはなりません。

実務ではそこまで会話をする必要がなかったり、通訳をつけてくれるのでメール等ができれば実務上はそこまで困らないですからね。

TOIECで700点以上なら転職活動では有利になる?

さて今回注目するのはTOEIC700点という数字の場合。この点数ならそれなりの努力は必要となるものの、誰でもとることができる点数だと思います。

この程度の点数だと転職活動ではどの程度有利に進めることができるでしょうか。

足きりされない企業が増える

TOEICを応募条件に課している場合でもその条件にはいくつか違いがあります。

600点としている場合、700点としている場合、730点としている場合、800点としている場合が多いですね。

700点だと730点以上を条件と課している企業には応募することができないので、応募できない企業も増えてしまいますが、それでも持っていないよりは随分と選択肢を増やすことに繋がるでしょう。

ただ大手を狙う場合で考えると転職市場においてそこまで高いと誇れる点数ではありません。

より選択肢を増やしたいというのであれば730点までは頑張ってみてもいいかもしれませんね。

スキル、実績に比べると重要度はかなり低い

そこまで高いと誇れる点数とは言えなくても、そもそもTOEICの点数はスキルや実績といった部分に比べると重要度は低いので他に自分より高い人がいたとしてもそれだけで負けるなんてことはありません。

単に書類選考の足きりに使っているだけで、700点も800点も選考では意味がないという場合が多いです。

逆に言うと600点の人に比べて700点だからと言って大きく有利になるわけではなく、慢心してはだめです。

これまでビジネスで利用してきたかも重要

基本的には足きりで使われる場合が多いTOEICであっても、大きく有利になる場合もあります。

それはこれまで実際に英語を使って仕事をしてきた経験があるかという点。特に同業種での使用経験がある場合は企業にとって貴重な人材になります。

TOEICに限らずどんな資格であっても、ただその資格があるのと実際に実務で使ってきた資格では雲泥の差があるのです。

転職する仕事次第でもありますが、もし過去にそういった経験があるなら積極的にアピールしましょう。

転職エージェント利用時は優遇される

実はTOEICの点数が高い人材は多くの転職エージェントから望まれている人材であり、積極的に充実したサポートを得られる可能性が高いです。

高待遇の企業を紹介して貰える場合も多いので、もし転職を考えているなら積極的に使うようにしましょう。

せっかく高い点数を持っていても自分だけでなんとかしようとしては損してしまうことになりかねません。

おすすめの転職エージェントはJAC Recruitment 。

グローバル企業や外資系企業を中心に扱っているミドルクラスを対象とした転職エージェントであり、他社よりもかなりサービスが充実していることで有名です。

誰もが利用することができるわけではない一方で条件があっている人ならかなり転職活動を充実させることができるでしょう。

公式:JAC Recruitment 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ