転職のタイミング、いつがベストなの?

転職のタイミング、いつがベストなの?

そのうち転職活動を始めようかと思っているけど、どうせやるならベストなタイミングでやりたいものです

では、転職のタイミングはいつがベストなのでしょうか。

関連:自分の強み、弱みは知らなければならない。客観的に診断してみよう。

関連:転職活動の期間はどれくらいかかるもの?短い期間で終わらせる為には。

関連:資格があると転職に有利?取得しても無駄なことが多いので注意

スポンサーリンク

転職にベストなタイミング

転職時期に有利なタイミングはいつなのか。

これは転職活動のやりやすさや、今の会社、あなたの考えなど、転職にベストなタイミングを考える場合、様々なことを考えなくてはなりません。

求人数が多い時期

転職活動において、求人数は多ければ多い方がいいですね。

その分、選択肢は増えますから。

全国求人協会の求人広告掲載件数集計結果によれば、

1年間の中で、求人数が殖えるのは9月と3月だそうです。

特に3月が飛び抜けています。

これは4月に新入社員が入ってきますから、中途採用の転職者も同じ時期に入社させることが目的です。

どちらにしろ新入社員の社内教育がある為、同時にすることができるなどメリットも多いですからね。

元々4月に中途採用を計画している会社が多いです。

ただ、求人数が多い時期が、転職活動に有利なタイミングというわけではありません。

転職活動を行っている人数もこの時期は多いので、倍率としては変わらないか、むしろ高くなります。

特に人気企業は転職活動している人が増えている分、倍率が高くなる傾向があります。

すなわち、倍率だけを考えるならば転職のタイミングは1年間通してあまりこだわる必要はなさそうです。

ボーナスを貰ってからにするか否か

ボーナス直前でやめてしまうのはさすがにもったいないですよね。

できればボーナスを貰ってから辞めたいもの。

気をつけなくてはいけないのは、ボーナスの受給条件。

退職はしていないものの、退職が決まっている人にはあげないだとか、会社によって色々ルールが異なるので調べておいたほうがいいでしょう。

ただ、転職活動を始めてから、内定が得られるまでの期間はなかなか予測できないので、なかなかベストなタイミングでやめることは難しいのが現実です。

ですから、あまりボーナスにこだわらず、調整のきく範囲でもらえるならもらっておく程度にとどめたほうがいいです。

せっかくいい会社に受かったけど、ボーナスもらいたいから断るなんてことはもったいないのでやめましょう。

今の仕事の状態

今いる会社が忙しかったり、人出が足りなかったりすると、なかなか辞めにくくて、転職することに気がひける人も多いでしょう。

では、一区切りついた時が転職のタイミングなのでしょうか。

いえ、そんなことを考える必要はありません。

おそらく、今が忙しいからといっても、結局いつまでも忙しくてできないなんてことにもなりかねないでしょう。

だからあまり考えなくていいです。

自分の年齢や経験など

これは最も考えなくていいこと。

転職のタイミングをいつだろうと考えている時点で、転職したいと思っているわけですから、

今の自分の年齢がどうだとか、経験がどうだとかは関係なく転職活動すればいいのです。

年齢が低すぎて転職できないだとか、経験がなさすぎてうからないだとかは、結局転職活動してみないとわかりません。

スポンサーリンク

結論

転職するタイミングはいつかというと、結論は関係ないということになります。

そもそも転職活動にどれくらいかかるかわからない時点で、選べないのですから、転職したいと思っている今がベストなタイミングというわけです。

まずは転職サイトで企業選びをしてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。

関連:転職で年収は上がるのか、下がるのか

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ