違う業界に転職するメリット、デメリット。未経験でも挑戦する価値は大きい。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

違う業界に転職するメリット、デメリット。未経験でも挑戦する価値は大きい。

これまでとは違う業界に転職することに対し、そうしたいと思う気持ちはあっても不安が勝っている人は少なくないと思います。

しかし実際に違う業界に転職することには大きなメリットがあることをご存知でしょうか。

もちろんデメリットがないわけではありません。

ただそのデメリット以上に同じ業界内で転職するだけでは得られないものが得られる可能性もあるのです。

関連:転職時に知っておくべき未経験可、未経験者歓迎の求人の目的と難易度、評価される為にすべきこと

関連:各データから見るホワイト企業の多い業界。業界が違えば条件は全然違う!

転職で業界を変えることは30代、40代でもそれほど難しいことではない

転職市場では年齢が高くなるにつれて経験者が優遇されるようになる為、未経験の業界に転職することは難しくなってくると思っている人は少なくないと思います。

ただ実際はそんなことありません。

違う業界への転職は30代、40代でも幅広く行われており、企業によっては同じ業界からの希望者よりむしろ違う業界からの希望者を採用したいと考えているところもあります。

中高年の優秀な人材を狙ったヘッドハンティングでも同じ業界内ではなく違う業界からスカウトしてくる場合が多いです。

このことからわかるように業界未経験というのは転職活動時において致命的なマイナスポイントになるようなことではなく、職種としての経験があれば即戦力になりうると判断されるのです。

参考:異業種転職はそれほど難しくない。企業が積極的に採用する理由

違う業界に転職するメリット

では違う業界に転職するメリットにはどういったものが挙げられるでしょうか。

大幅な年収アップが期待できる

まず一つ目が転職によって大幅な年収アップを実現することができる可能性が高い点。

同じ業界内であってもより規模の高い会社に転職したり、実力を認めて貰い役職を与えられて転職することになれば年収がアップする可能性は十分にあります。

ただ大幅なアップができるかというと中々難しいのが現実。

給料はそれぞれの業界である程度目安が決まっていて、給料の低い業界内に居続けるとどれだけ頑張っても限界があります。

転職で年収アップをもくろむならやはり業界を変えること。それが重要です。

参考;各データから見るホワイト企業の多い業界。業界が違えば条件は全然違う!

労働条件を改善しやすい

年収だけではなく、休みが増えたり有給休暇が取りやすくなったりといったことも同じ業界内で転職するより改善しやすいというメリットがあります。

こういった部分も業界ごとにかなり異なるからです。

例えばある業界では年間休日は105日程度が当たり前だったが、違う業界に転職することで120日以上休めるようになったという事例もよくあることです。

参考:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

他の人が持っていないもの「がある

これまでと違う業界に転職した場合、その業界に関する知識は確かにありませんが、その反面、その業界でしか働いてこなかった人を持っていない知識を持っていることになります。

そしてそのことは大きな武器となるでしょう。上手く使えば想像以上に役に立ちます。

ちなみに企業が合えて違う業界で働いている人を採用したいと考えているのは、そういった経験が強みとなり会社にとってメリットもあるからと判断しているからです。

成長につながる

同じ業界内で働き続け、その業界のものを極めていくというのも一つのキャリアです。

ただそのキャリアを続けていく過程でモチベーションがなくなり新しいことを学ばなくなり、できる範囲でしか仕事をしなくなる人も少なくありません。

しかし違う業界に転職すれば、当然新しいことを学ぶ必要がでます。

マンネリ化し成長が止まってしまっていた状態から、新しい知識を吸収し新たなスキルを身につけていくことができるわけです。

まだまだ長いビジネスライフです。業界の未来もこの先どうなるかわかりません。

だからこそ成長を止めず、どんどん新しいことを身につけていくことはきっと役に立つはずです。

自信につながる

それまで働いていた業界から違う業界に転職することは勇気のいること。不安も大きいと思います。

しかし実際に転職し、その転職が上手くいけば同じ業界内で転職した時よりもずっと大きな自信を手に入れることができるはずです。

前の業界と繋がらなくて済む

実際に違う業界に転職した人がその転職で良かったと思った一つのことに、前の職場の人と繋がらなくて済んだという意見もあります。

同じ業界だと、仕事内容によっては顔を合わせる機会がある場合もありますから。

元々人間関係が良くなかった人にとってまた仕事上で関係するのは絶対に嫌。もともと人間関係が良かった状態でも、転職した後は気まずいことも多いですよね。

違う業界に転職するデメリット

もちろん違う業界に転職するデメリットもあるのは事実です。

転職後に勉強することが多い

同じ業界内で転職する場合に比べて違う業界に転職した場合には当然学ばなくてはいけないことが多くなります。

転職直後はその業界の知識、業界の常識など全く知らない状態ですからね。

しばらく新しいことを学ぶことを行っていなかった人にとって、これはかなり大変だと感じるかもしれません。

最初は思った通りに仕事ができずストレスを感じる

中途で採用されている以上、ある程度の仕事をこなしていくことを求められるし、自分自身もそうできるように望むもの。

しかし最初はいくら職種としての経験があっても、思った通りに仕事ができません。

そしてそれをストレスと感じることになる人は多いでしょう。

違う業界にチャレンジする価値は大きい

違う業界にチャレンジすることは確かに大変な面もあります。

しかし長い目で見た時、そのメリットは非常に大きいです。

チャレンジする価値は十分あるでしょう。

ですからまずは違う業界の求人を色々と調べてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

きっとあなたの希望を叶えることができる仕事が見つかるはずです。

転職活動で使う転職サイト

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ