転職サイトと転職エージェントの違いと使い分け方。上手く使って転職活動を成功させよう。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

転職サイトと転職エージェントの違いと使い分け方。上手く使って転職活動を成功させよう。

転職活動を始める際、転職サイトを使えば良いのか、それとも転職エージェントを使った方が良いのかで悩む人は少なくないと思います。

両者の違いを簡単に言うと、転職活動に関してサポートを受けることができるかどうか。

転職サイトが全てを自分で行うのに対し、転職エージェントは担当者についてもらって求人紹介からその後の転職活動、内定後のフォローまでして貰うことができるという違いがあります。

ただもっと細かく見ていくと様々な部分で違いがあり、それを知らずにどちらかを選んでしまうと思ったような転職活動ができない可能性があるので注意が必要です。

そこで今回は転職サイトと転職エージェントにはどういった違いがあるのか、様々な面から紹介していくことにしましょう。

転職サイトと転職エージェントの違うポイント

転職サイトと転職エージェント。転職活動を進める上でこの両者はとても便利なものであり、使わずに進めるわけにはいかないものです。

ただ両者には様々な面で違いがありますので、よく理解しておきましょう。

応募までの流れ

まずは応募までの流れから。

転職サイトの場合、基本的には公開されている求人の中から自分が希望している職種や待遇などに一致した求人を見つけ、そのサイト経由で応募することになります。

またDODAリクナビネクストなどのようにスカウト機能がある転職サイトの場合であれば、あらかじめレジュメを登録しておくことで企業側から検索では出てこない非公開求人のオファーを貰える場合があり、そのメール経由でサイト上で応募することも可能です。

一方で転職エージェントの場合、求人自体は全て見ることができるわけではなく、あなたの希望、職歴等をまず確認し、それに合致している求人のみを紹介され、その中から応募する求人を選ぶことになります。

応募する求人を決めたら転職エージェントに履歴書を提出、そしてエージェントから企業に応募し選考が進んでいきます。

サポートの有無

転職サイトと転職エージェントの大きな違いは転職活動に対するサポートの有無。

転職活動では応募する際には履歴書や職歴書の作成、書類選考を通過したら面接、内定を貰った後も入社日の交渉等をしていかなくてはなりません。

転職サイトではこういったことを自分で調べ行い、企業側とも自分で交渉して行かなくてはなりません。

一方転職エージェントを利用すると履歴書や職歴書の添削、面接対策の実施から、面接日の調整や入社日の交渉、さらには年収交渉といったことまで実施してくれます。

企業側と繋がるのはあくまで転職エージェントであり、わずらわしい交渉事なども一手に行ってくれるのは大きなメリットであると言えるでしょう。

求人数

求人数は一見すると転職サイトの方が多そうなのですが、決してそういうわけではありません。

転職サイトで公開されている求人というのは全体の10%から20%にすぎず、求人として抱えているのが多いのはむしろ転職エージェント。

例えば転職サイトとして求人検索もでき、転職エージェントとして担当者にサポートもして貰うことが可能なDODAだと、全求人数は10万件以上ありますがそのうち8万件以上が非公開求人となっていて検索して探すよりも実はずっと選択肢が多くなっています。

もちろん8万件以上ある求人を自分で確認して好き勝手応募することが可能なわけではなく、あくまで紹介してもらえた求人に限るので自分では紹介して貰った数十件のものから選ぶことしかできません。

ただ紹介して貰えない求人は、そもそもあなた自身の希望条件にあっていないか、あなた自身の希望条件には合致していても企業側の希望人材にあっていない為、採用される可能性が低いことが原因です。

いくら応募することができる求人数が多くても、どうせ受からないものであれば無意味。最初からそういったものを除外してくれるというのはむしろメリットです。

手軽さ

転職サイトの場合、とりあえず求人をざっと見たいから登録してみるなんてこともできるし、そのうち良い求人がでてきたら応募しようかななんてことも可能なので、利用自体はかなり手軽です。

一方で転職エージェントの場合、登録後にまず行われるのは面談。転職エージェントの会社に行くか、電話で面談するか、いずれにしろ一度話をした上で転職活動がスタートします。

その面談をしなければ求人を紹介されることもなく、当然応募することができないので、手軽さという点では転職サイトに軍配があがるでしょう。

求人以外の情報

転職サイトの場合、転職ノウハウの情報や診断テストなどが充実しているので、転職に関することだけではなく転職を考えていない人にとっても便利な情報を入手することが可能です。

一方で転職エージェントは自分で知りたい情報を調べるなんてことはできません。

ただ転職に関する情報は転職エージェントに直接聞くことができるというのが大きなメリット。転職活動を進めていると色々な疑問点が生まれてくるものですが、それぞれの疑問に対して自分で調べても中々これといった回答を得られない場合も多々あります。

そういったことを直接質問することができるのはメリットですね。

利用料金

転職サイトにしろ転職エージェントにしろ転職希望者側の利用料金は無料。特にお金がかかりません。

お金がかかるのは求人をだす企業側。

転職サイトの場合は、掲載時の大きさから4週間程度で30万円~。最も目立つ形で掲載する場合だと100万円以上かかる場合があります。

一方、転職エージェントの場合は転職希望者が採用された場合にその人材の年収の20%から30%程度。

年収500万円の場合だと100万円から150万円程度が企業側から転職エージェント会社に支払われることになります。

企業側にとってみると転職エージェントの方が割高ではありますが、成果報酬なので確実性があり、転職エージェント側が最初に応募者をある程度絞ってくれるので選考の手間が少なくなる、より優秀な人材が集まりやすいといったメリットがあります。

利用制限

転職サイトにしろ転職エージェントにしろ、登録すること自体は誰でもできます。

ただ電飾エージェントだとその人個人の経歴などによっては「紹介できる求人がない」と断られてしまう場合もあります。

キャリアカーバーなど、ハイクラス層を対象としている転職エージェントは特にそうですし、大々的には特に制限を設けていない転職エージェントでも断られる場合がなきにしもあらずです。

転職サイトと転職エージェントのどちらを使うべきか

転職サイトと転職エージェントにはこのような違いがありますが、では自分はどちらを使うのがベストなのでしょうか。

これに関しての回答はただ一つ。「どちらも使えば良い」ということです。

転職サイトにしろ転職エージェントにしろ利用は無料。転職サイトを使ってみたけどやっぱりサポートが合った方が良いというならば転職エージェントメインで使えばいいし、転職エージェントを使ってはみたけどやっぱり自分でマイペースに進めていきたいと思えばサポートを断ればいい。

実際に使ってみた上で判断すれば良いだけのことです。

DODAは転職サイトと転職エージェントの両側面があるので、転職エージェントを利用しながら自分で求人を探すことも可能。もし自分が応募したいという求人を検索で見つけた場合も転職エージェントに相談すればエージェント経由で応募することが可能なので良いとこどりすることができます。

無理にどちらかに絞ろうなんてする必要は全くありません。

転職サイトと転職エージェントの上手い使い分け方

では最後に転職サイトと転職エージェントの上手い使い分け方について紹介していきます。

まずはDODAのように転職サイトと転職エージェントの両側面を持っている転職支援サービスか、リクナビネクストリクルートエージェント のように同じ会社が運営しているものに登録。

その上で基本的には転職エージェントを利用し、求人を紹介して貰ったりその他のサポートを受けながら転職活動を進めていきましょう。

さらにその中で転職サイトを利用して自分なりにも転職サイトを利用して求人を検索してみてください。

もしかしたら紹介して貰ってはいないけど良い求人が見つかるかもしれませんからね。

そしてもう応募したいと思ったらその求人に応募したいことを転職エージェントに伝えてください。

同じ支援サービスが扱っている求人、もしくは同じ会社が運営しているものであれば転職サイトの求人であっても同様にサポートをして貰うことが可能です。

これで転職サイト、転職エージェント双方のメリットを利用することができるようになるわけです。

では最後におすすめの転職サイト、転職エージェントを紹介していきましょう。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ