転職するにはどうすればいい?転職に必要なこととは。

転職するにはどうすればいい?転職に必要なこととは。

仕事を辞めたい、転職したい。

けれど転職するにはどうすればいいかわからない、何が必要なのかがわからないという思っている人もいるのではないでしょうか。

実際、転職するにはどうすればいいですか、まず何をすればいいですか、というざっくりとした質問をされる人も数多くいます。

しかし、転職するにはどうすればいいかというのは、一般的な回答はあったとしても、それが必ずしも適切だとは言えません。

それは、人によって変わってくる為です。

関連:資格があると転職に有利?取得しても無駄なことが多いので注意

関連:女性の転職は難しい?悩みの多い転職活動を成功させる為には

関連:転職の悩み、転職活動の悩み、誰を相談相手にすればいい?

スポンサーリンク

転職するにはどうすればいいのか

転職するにはどうすればいいかという疑問を持っている人が多いです。

転職経験がない人にとって、周囲にあまり聞ける人もいない中で、全てを自分で考えて行わなければいけないものですから、そう思ってしまうのも仕方がない面はあります。

その結果、結局何もやらずに時間ばかりが経ってしまっている人がほとんどでしょう。

転職すること自体は難しいことではない

ただ、実際ほとんどの人は転職の仕方がわからないわけではありません。

転職は簡単に言ってしまえば、

転職サイトに登録して、応募する企業を決めて、採用試験を受ける。

それだけのことですし、ほとんどの人はわかっていると思います。

転職活動自体は単純であり、難しいものではありません。

では何故、多くの人が転職するにはどうすればいいのかと悩んでしまうのでしょうか。

難しいのは転職活動を理想通りに終わらせること

転職ではどこでもいいから受かればいいというわけではありません。

今の仕事よりもやりがいのある仕事であったり、給料などの条件がいい仕事につく為に行うものです。

また、会社に行きながら転職活動を行うのであれば、できるだけ労力は少なく短期間で決着をつけたいです。

ストレスが原因で仕事を辞めたいと思っている人にとっても、早く転職先を見つけたいと思うのは当然のことです。

すなわち、転職したいと思っている人にとって、短期間でよい転職先を見つけることが理想であると言えます。

その理想を現実にしたいあまり、転職するにはどうすればいいかと悩んでしまっている人が多いのではないでしょうか。

転職するには資格があったほうがいいのか

転職するには何年の経験が必要か

女性が転職するにはどうすればいいか

履歴書はどのように書けばいいか

面接はどうすれば成功するか

会社の選び方はどうすればいいか

様々なことに悩みだし、あげればきりがありません。

その結果、なかなか行動に移れなくなっていってしまいます。

スポンサーリンク

まず転職活動をやってみて足りないこと、必要なことを見つける

最短で良い転職先を見つけることができれば確かにそれは最適です。

しかし、現実的には1発目から成功することは非常に難しいです。

自分なりに情報収集したところで、結局一般的な回答しか見つかりません。

経験したことがないと、その回答が本当に自分にとって最適であるかの判断をすることはできません。

もちろん、情報収集は必要です。

ただ、答え合わせをしながら経験を増やしていくには、結局転職活動を行ってみるしかありません。

多くの人が情報収集の段階で、最適な回答を求めすぎて、その答え合わせまで行おうとしてしまっています。

しかし、それでは納得する答えを得られることができずに、結局何もせずに終わってしまうことになってしまっているのです。

ですから、とにかくまずは転職活動を始めてみることが大切です。

転職活動を実際に始めてみれば、落ちた結果から何が悪かったかを考えることができますし、転職エージェントにも協力をしてもらえます。

必要なことが何かも転職活動を始めてみたからこそ、わかることも多いです。

早く転職したいと思っているなら、情報収集よりもとにかく始めて、実際に経験することが大切なのです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:在職中の転職活動、やり方と注意点

関連:会社、仕事の選び方、自分の基準をしっかり持とう

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ