転職しても仕事がつまらないとなってしまわないようにする為の方法

転職しても仕事がつまらないとなってしまわないようにする為の方法

希望をもってわざわざ転職したのに、いざ転職してみると仕事がつまらなくてつまらなくて仕方がないと感じる人が少なからずいるようです。

しかも前職の仕事がつまらないからという理由で転職を決意して、この仕事ならと思って転職した人ですらそんな風に考えてしまうことがあります。

そうなってしまうのはなぜでしょうか?その原因を考えてみましょう。

関連:仕事が面白くないから辞めたいと思ったら転職するのはありかなしか。転職して変わる人、転職して変わらない人の違い。

関連:仕事にやりがいが無い、もっとやりがいのある仕事に転職したいと思った時にすべきこと

転職先で仕事がつまらなくて仕方がない

友人から転職するいう報告を受け、少し話を聞きました。

転職理由は今の仕事がどうしてもつまらないから。新たなことが何もできないし、やりたいと思っていたことが何もできない、そんな毎日にうんざりしたということ。

まあそれはそれで一つの正当な理由かなと思います。転職するかどうかは個人の自由だし、甘えなんてこともないと思います。

ただそんな友人と半年後に会った時、また同じように仕事がつまらないくて仕方がないと言っていました。

しまいには前の仕事のほうが何かと良かったなんて言う始末。まさに転職での失敗です。

ただ転職したことを後悔したところで後の祭り、前の会社に戻ることができるわけでもありません。

その友人はとりあえず数年は我慢してまた転職するつもりだと言っていましたが、今のままでまた転職してしまうとまた同じミスを繰り返してしまいそうです。

なぜ転職したのにその仕事がつまらないと思ってしまうのか、まずその原因を考えてみることが今の仕事をつまらないものではなくする為にも、今後転職する際に同じようなミスを繰り返さない為にも大事になってきます。

転職先での仕事がつまらない原因は何か

仕事がつまらない原因として、仕事内容に問題がある場合も多いでしょう。

転職してみると想像していた仕事と違った、思った以上に雑務ばかりだった、そんなこともあるでしょう。

ただつまらなくなってしまう原因はそれだけではないかもしれません。

期待が大きすぎたのではないか

転職する際、大きな不安を感じると同時に大きく変わることに対して色々な期待を抱きますよね。

ただその期待が大きすぎると、実際のギャップを強く感じてしまって、その仕事を前向きにではなく、小さなことでも後ろ向きに捉えてしまうようになるもの。

仕事として行う以上、全てが自分の理想通りになんていくわけではないし、現実は現実として受け止めることも大事です。

最初はちょっと控えめに考え、前職から少しでもプラスになればと考えておいたほうが、転職後も前向きに考え続けると思います。

すぐにできると思ってしまっているんではないか

経験がある仕事だとしても、会社が変われば仕事のやり方、進め方は大きく変わります。

当然以前のように勧めることはできないでしょうし、慣れるまではある程度時間がかかるのは当然のこと。

最初は面白い仕事なんてできなくて当たり前で、とにかく仕事を覚えていかなくてはなりません。

仕事が面白いかつまらないかを判断できるのは、一人で仕事ができるようになってから。経験があるからといってすぐにできるわけでもないし、以前の仕事と比べることができるまでになるのはある程度時間がかかるんです。

自分に自信を持つことは大切ですが、転職したらゼロからのスタートであるということを考えておいたほうがいいでしょう。

人間関係に問題があるのではないか

何年も働いてきた職場では、同僚はもちろん関係会社や取引先ともそれなりに人間関係が築き上げていることができていて、仕事を進めることも何かと楽になったり、たまには雑談等もして楽しんだり。

同期の存在が大きいという人もいるかもしれません。対等な立場で付き合える人がいるというのは精神的にとても心強いです。

それが転職すると周りに知っている人はいないし、孤独を感じてしまうことが多いでしょう。中途採用の場合は同期もいないですから余計大変ですよね。

そのことが会社生活がつまらない原因になってしまうかもしれません。

転職活動を適当にしていなかったか

そもそも仕事を決める時点で問題があったかもしれません。

よく調べもせずにイメージだけで仕事を決めてしまったり、結局自分が何をしたいのかをよくわかっていなかったり。

転職活動ではとにかく徹底的に自己分析、企業分析をしていかなくてはなりません。良い部分だけ見ていたり、他人の意見を参考にしすぎてしまうと転職したところで上手くはいかない可能性が高くなってしまいます。

再転職は最後の手段

現実問題として、今の仕事がつまらないなった時にそこからとりあえず逃れられる手段は再度転職をするという方法です。

ただそうするのは、まずは現状を理解してから。

もしかしたらそう判断するのにはちょっと時期が早すぎるということに気づくことができるかもしれないませんし、次の転職を成功させる為にも役に立つでしょう。

転職後すぐにまた転職するのはあまり良くないこと。転職市場ではマイナスに捉えられてしまうことも多々ありますから、できるならば避けたほうがいいことです。

もちろんそれでも転職をするしかないというならば転職するのはあり。仕事を続けながらであれば、短期離職となってしまう場合であってもリスクは大きくありませんからね。

ただまた失敗しない為にも、最善の努力はするようにしましょう。

関連:20代女性が転職した時にありがちな失敗事例。勢い任せの転職は失敗の可能性大。

関連:公務員の仕事がつまらない、楽しくない。民間企業に転職したほうがやりがいはあるのか。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ