転職したい保育士の転職先の選択肢と転職する方法。自分にあった場所を見つけよう

転職したい保育士の転職先の選択肢と転職する方法。自分にあった場所を見つけよう

転職したい。そんな風に考えている保育士の方々は多いでしょう。

ただ転職するにしても次はどこに転職するのか、転職するにはどうすればいいかがわからずに結局そのまま時間がたっているという人もまた多いと思います。

そこで今回は保育士が転職する場合の転職先の選択肢と、その選択肢にあった転職方法を紹介していきます。

ぜひこの記事をきっかけに転職活動をスタートさせてください。

関連:今の保育園を辞めたいと思っている人は求人をチェック。アドバイザーに相談すれば道は開けるかも

関連:保育士が仕事を辞めて良かった、違う保育園に転職して良かったと思ったこと

転職は簡単?難しい?

転職したいけどできずにいる人は、転職が難しいものだと思ってしまっている場合が多いです。

転職活動を行うのもそうだし、転職先を見つけるのも大変、そう思うと中々転職に踏み切れずにいる人も多いかもしれません。

ただ実際はそんなに難しいものではない、とりあえず始めてみると意外になんともなかったと思う人が多いです。

もちろん簡単だとは言いません。

転職活動をするとしたら求人を調べて希望にあうものを探して履歴書を書いて面接に行く。1回で決まるわけでは決まるとは限らないので何度も繰り返す。在職中に行うとすれば大変な部分もあります。

ただ逆を言えばそれだけ。

しかもこれらのことは全て自分の力のみでやるわけではなく、転職支援サービスを使えば大半のことはサポートして貰えます。

良い転職先が見つかるかどうかは確かにわかりません。でも今は売り手市場で転職がしやすい状況。保育士の人手不足はよりひどい状況にあるので、より一層転職がしやすい状態にあります。

だからこそ十分やってみる価値はあると思います。

転職したい保育士の選択肢

では保育士が転職しようと思えば、どういった選択肢があるのでしょうか。

選択することができる幅は広く、自分の希望に合わせて選ぶことが大切になります。

違う保育園に転職

保育士として転職するなら、まずある選択が違う保育園に転職するという選択肢がありますね。

保育園の保育士不足はひどい状況にあり、それ故に転職がかなりしやすい状況にあります。

仕事がきつい、給料が安いと言われている保育士ですが、待遇や働き方はそれぞれの保育園によってだいぶ変わってくる点であり、転職した結果、年収が上がった、残業が減った、残業代を貰えるようになったという人も多いので転職する価値は十分にあると思います。

企業内保育所、病院内保育所

一般の会社で福利厚生の一つとして保育所を設けているところがあるのでそういった所で働いたり、病院内で看護師さんなど職員の子供を預かる保育所として働くという選択もあります。

保育園に比べると預かり人数が少なく、保護者も近くで働ている、大企業や病院が運営している為、経営に余裕があって待遇が良い場合があるなどの魅力がありますね。

一時保育をする託児所など

一時的に乳幼児を預かる託児所は保育士の転職先の一つ。

また自動車学校や病院などで職員に向けてではなく、お客さん向けに託児サービスを行っている場所が増えており、そういった託児所で働くという選択もあります。

幼稚園に

保育士として働く場合と幼稚園教諭として働く場合では、資格が違います。

保育園は厚生労働省の管轄であり保育士として働く場合には保育士資格を持っていなくてはならないし、幼稚園は文部科学省の管轄であり幼稚園教諭として働く場合には幼稚園教諭免許が必要。

ただ大学や専門学校に通っていた人だとどちらの資格も保有しているという人は多いと思います。

東京都保育士実態調査の結果によると、保育士の中で幼稚園教諭免許を取得している人の割合は67.9%。およそ7割の人は幼稚園教諭として幼稚園に転職することも可能です。

事務職などの全く違う仕事に

保育士をしていたからと言って子供に関わる仕事をしなければいけないなんてことはもちろんなく、全く違う仕事に転職する人も多いですね。

多いのは事務職や販売業など。中には営業などになる人もいます。

最近は第二新卒採用が活発化していて、卒業後3年以内であれば未経験であることに大きな不利もなく転職することもできるでしょうし、それ以降でも難易度はあがりますが転職は可能です。

それぞれの選択に合わせた転職方法

どの選択肢をとるかが決まったらさっそく転職活動にとりかからなくてはなりません。

転職活動はそこまで難しく考える必要はありません。

いずれの場合にしろプロのサポートを受けながら求人に応募していく、ただそれだけのことです。

保育園、企業内保育所、病院内保育所に転職する場合

保育園に転職する場合、企業内保育所に転職する場合、病院内保育所に転職する場合は、それら専用の求人を扱い専用のサポートを受けることができる転職支援サービスを利用しましょう。

これを使うだけで、仕事選び、応募、面接、入社と最初から最後までサポートして貰えます。

応募が殺到してしまう待遇の良い求人は非公開求人となっていますが、そういった求人を紹介して貰うことができるというメリットがありますし、一人で転職活動をするだけでは知ることができない情報も知ることが可能ですので、使うのと使わないのでは大きく差がでます。

保育士向け転職支援サイトでは、以下の大手二つがおすすめです。

保育士バンクは求人数が国内最大級。求人数が多い分、希望に合った求人を見つけやすいし、サポートも充実していて、転職に関する不安はだいぶ軽減されるかと思います。

保育士専門のキャリアコンサルタントが転職活動から内定後、入職後のアフターフォローまでフルサポートしてくれます。

またこのサイトでは求人だけではなく、保育士に関するコラムなども多数掲載されていますので、今後の保育業務に生かせるものが見つかるかもしれません。

■公式サイト:保育士バンク

保育ひろばは転職サポートがとても充実していて利用満足度が94.2%もあることが注目ポイント。

求人紹介、面接対策、条件交渉といったものから、現職の退職交渉まで相談に乗ってくれるので、タイミングが悪いと辞めにくい保育士という仕事には非常に助かるかと思います。

またこのサイト経由で転職を決めるとお祝い金として最大で2万円貰える、地方から首都圏に転職活動する場合は交通費を一部負担してくれるというのもポイント。

何かとお金のかかる転職活動ではこのメリットは大きいのではないでしょうか。

■公式サイト:保育ひろば

幼稚園に転職する場合

幼稚園に転職する場合も保育園などに転職する時と同様に上記の転職支援サービスを使いましょう。

保育士バンク保育ひろばなどサイトの名前には「保育」と書かれてはいますが、扱っている求人は保育園関係だけではなく、幼稚園も扱っています。

せっかく無料でサポートを受けることができるのにそれを使わない手はないですよね。

事務職など全く違う仕事に

保育士とは全く違う仕事に転職する場合は、それら向けの転職支援サービスに登録して転職活動を進めましょう。

大手のDODA、20代向けのハタラクティブがおすすめです。

DODAは転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由で応募することもできますし、プロのエージェントに担当についてもらって検索してもでてこない非公開求人を紹介してもらうこともできる転職支援サービスです。

転職支援サービスとしては日本最大級の規模であり、求人数は10万件以上、特に非公開求人が8万件以上とかなり豊富であり、サポートの評判も良いので転職者満足度がNo.1となっています。

特に転職エージェントは求人紹介だけではなく、キャリア相談、履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接微調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができる為、少しでも転職を考えている人ならば利用することをおすすめします。

利用したからこそ気づくこともかなり多く、転職活動の負担もかなり減りますし、完全に無料なので損することはないと思います。

私自身、良いエージェントに巡り合い満足できるサポートを受けることができたので、ここを経由して転職を決めました。

■公式サイト:DODA

20代ならば転職エージェントでハタラクティブも割とおすすめできます。

未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ