面接で答える転職理由で注意すべき点。辞めた理由と間違えて人間関係と答えるのはNG

面接で答える転職理由で注意すべき点。辞めた理由と間違えて人間関係と答えるのはNG

転職活動での面接では、必ずといっていいほど転職理由を聞かれます。

企業にとって、なぜ転職したいのかという理由は、その人の熱意やキャリアプラン、人間性を知るのに良い質問であるからです

ですから、その答え次第によってはプラスにあることもあれば、マイナスになることもある為、どう答えるかはよく考えなくてはなりません。

関連:転職の面接に全然受からないのはなぜ?それは緊張のせいだけではない。

関連:転職活動時の書類選考で不採用になる理由にはどんなものがある?

面接で転職理由によってマイナス評価となってしまう人は意外に多い

実は、面接で転職理由の答え方が間違っており、それが原因で面接からマイナス評価をつけられてしまう場合がよくあります。

書類選考に通過して面接に進んだ時点で、面接の答え方次第では受かる可能性は十分あるにも関わらず、転職理由で間違った答え方をして内定を貰うことができずにいるのです。

職歴や学歴、これまでの経験などは転職時にどうあがこうと変えることができるものではありません。

しかし転職理由なんて考え方次第でいくらでも答え方はあり、いくらでもプラス評価をもらえることができるものです。それをマイナスにしてしまうなんて非常にもったいないことです。

辞めた理由と転職したい理由は違う

面接時の転職理由でよくある間違いが、転職理由ではなく会社を辞めた理由を答えてしまっている点です。

最初に仕事を辞めようと思ったのは、誰だって何かしらの不満があったからでしょう。

人間関係が上手くいかなかった、給料が低かった、仕事がつまらなかった。結婚で引っ越しが必要になったなどなど、色々とあるかと思います。

しかしこれらはあくまで仕事を辞める理由であって、転職する理由ではありません。

不満ばかりを感じる人を採用したいとは思わない

一度、企業の面接官の立場にたって考えてみてください。

転職理由を聞いた時に、人間関係が悪くて仕事に影響がでただとか、自分を適切に評価されなかっただとか、不満をたらたら言う人を雇いたいなんて思うわけがありませんよね。

それよりも、仕事のこと、転職することを前向きに考えている答え方をする人のほうが意欲もあるように感じるし、採用してからもモチベーション高く活躍してくれると感じます。

企業も転職希望者が前職に何かしらの不満があったことなんてわかっています。その中でもいかに前向きに考えているかを重視しているのです。

漠然としていて、熱意が感じられない

もう一つ、マイナスになるのがとしてあるのが具体性が全くなく漠然としていて熱意が全くない場合です。

単にキャリアアップだとか、ステップアップだとか、スキルアップだとか、なんとなう良さそうな言葉を、具体的にどうしたいのか、どうやりたいのかが全くなければ、人事は結局この人は何がしたいのか良くわからない、熱意は感じられない、とりあえず言ってるだけと感じてしまいます。

転職理由で注意すべき点

ではここから、もう少し具体的に転職理由で注意すべき点を紹介sていきます。

転職理由で高評価を得るポイント

では、まずは高評価を得るポイントです。

これまでの経歴に一貫性がある

例えば前職は○○をやりたいと考え就職したが、実際に仕事をしていくなかで業界について広く知ることができ、そこからさらに踏み込んだ仕事ををしたいと考えるようになった。など、

前職と今回の転職理由に一貫性があることが必要です。

転職において考え方に一貫性があるかないかと言うのはかなり重視されるポイントであり、一見関係なさそうに見えても実は筋は通っているんだということができる転職理由にするといいです。

転職することをポジティブに捉えている

転職すること自体をポジティブに捉え、自分を成長させるものだと考えていることがわかる転職理由だと好印象をあたえます。

さらにどう成長したいのかということに具体性は必要です。

転職理由がゴールにつながっている

自分が最終的にどうなりたいと考えているのかを明らかにし、今回の転職理由がそのゴールにつながっているということがわかると、好印象を得られることが多いです。

企業にとってしっかり将来を考え、自分を成長させていこうという人材はモチベーションも高く熱意のある人材だと捉えてくれます。

転職理由で低評価になってしまう場合。

では逆に、低評価になってしまう場合について紹介します。

キャリアに一貫性がなく、その場しのぎの回答だと思われる

同業界、同職種の転職ならまだしも、異業種、未経験職種へ転職する場合は一貫性がないと捉えられてしまうことがあるので注意が必要です。

いくら熱意があるような答え方をしても、考え方がころころ変わる、考え方が浅はか、なんていう風に捉えられてしまうことがあります。

結局不満が中心

上述したように、不満ばかり言う人間を採用したいと思う面接官はいません。

必ずしも不満を言ってはだめなわけではなく、きっかけは不満であってもそこに自分の落ち度があったことを反省s、最終的には転職をポジティブに捉えているという印象を与えることが必要です。

柔軟性がないような答え方

転職理由に具体性を持たせることは重要なんですが、あまりに仕事を絞りすぎてしまうと、今度は柔軟性がないと思われてしまう場合もあります。

労働者側のメリットしか考えていない

転職理由が年収アップ、スキルアップ、労働条件改善ばかりだと、企業にとっては価値ある人材と思われません。

これらはあくまで労働者側のメリットです。

企業側は労働者側のメリットだけではあく、企業側にどういうメリットがあるのかを考えているのであって、単に自分のことばかりのことを考えている人間を採用したいなんて考えません。

転職に向けて

今回紹介した転職理由もそうですが、どう答えるのがベストなのか、なかなか自分一人ではわかりにくいことが多々あります。

そんな時は、一人で転職活動を行おうとは思わず、積極的に転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職活動を成功させる為には転職サイト、転職エージェントを有効活用することは必須です。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職時に書類選考免除、面接確約となる方法や採用時のメリット。ただし履歴書作成は必須

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ