面接で答える転職理由で注意すべき点。辞めた理由と間違えて人間関係と答えるのはNG

面接で答える転職理由で注意すべき点。辞めた理由と間違えて人間関係と答えるのはNG

転職活動での面接では、必ずといっていいほど転職理由を聞かれます。

企業にとって、なぜ転職したいのかという理由は、その人の熱意やキャリアプラン、人間性を知るのに良い質問であるからです

ですから、その答え次第によってはプラスにあることもあれば、マイナスになることもある為、どう答えるかはよく考えなくてはなりません。

関連:転職の面接に全然受からないのはなぜ?それは緊張のせいだけではない。

関連:転職活動時の書類選考で不採用になる理由にはどんなものがある?

面接で転職理由によってマイナス評価となってしまう人は意外に多い

実は、面接で転職理由の答え方が間違っており、それが原因で面接からマイナス評価をつけられてしまう場合がよくあります。

書類選考に通過して面接に進んだ時点で、面接の答え方次第では受かる可能性は十分あるにも関わらず、転職理由で間違った答え方をして内定を貰うことができずにいるのです。

職歴や学歴、これまでの経験などは転職時にどうあがこうと変えることができるものではありません。

しかし転職理由なんて考え方次第でいくらでも答え方はあり、いくらでもプラス評価をもらえることができるものです。それをマイナスにしてしまうなんて非常にもったいないことです。

辞めた理由と転職したい理由は違う

面接時の転職理由でよくある間違いが、転職理由ではなく会社を辞めた理由を答えてしまっている点です。

最初に仕事を辞めようと思ったのは、誰だって何かしらの不満があったからでしょう。

人間関係が上手くいかなかった、給料が低かった、仕事がつまらなかった。結婚で引っ越しが必要になったなどなど、色々とあるかと思います。

しかしこれらはあくまで仕事を辞める理由であって、転職する理由ではありません。

不満ばかりを感じる人を採用したいとは思わない

一度、企業の面接官の立場にたって考えてみてください。

転職理由を聞いた時に、人間関係が悪くて仕事に影響がでただとか、自分を適切に評価されなかっただとか、不満をたらたら言う人を雇いたいなんて思うわけがありませんよね。

それよりも、仕事のこと、転職することを前向きに考えている答え方をする人のほうが意欲もあるように感じるし、採用してからもモチベーション高く活躍してくれると感じます。

企業も転職希望者が前職に何かしらの不満があったことなんてわかっています。その中でもいかに前向きに考えているかを重視しているのです。

漠然としていて、熱意が感じられない

もう一つ、マイナスになるのがとしてあるのが具体性が全くなく漠然としていて熱意が全くない場合です。

単にキャリアアップだとか、ステップアップだとか、スキルアップだとか、なんとなう良さそうな言葉を、具体的にどうしたいのか、どうやりたいのかが全くなければ、人事は結局この人は何がしたいのか良くわからない、熱意は感じられない、とりあえず言ってるだけと感じてしまいます。

転職理由で注意すべき点

ではここから、もう少し具体的に転職理由で注意すべき点を紹介sていきます。

転職理由で高評価を得るポイント

では、まずは高評価を得るポイントです。

これまでの経歴に一貫性がある

例えば前職は○○をやりたいと考え就職したが、実際に仕事をしていくなかで業界について広く知ることができ、そこからさらに踏み込んだ仕事ををしたいと考えるようになった。など、

前職と今回の転職理由に一貫性があることが必要です。

転職において考え方に一貫性があるかないかと言うのはかなり重視されるポイントであり、一見関係なさそうに見えても実は筋は通っているんだということができる転職理由にするといいです。

転職することをポジティブに捉えている

転職すること自体をポジティブに捉え、自分を成長させるものだと考えていることがわかる転職理由だと好印象をあたえます。

さらにどう成長したいのかということに具体性は必要です。

転職理由がゴールにつながっている

自分が最終的にどうなりたいと考えているのかを明らかにし、今回の転職理由がそのゴールにつながっているということがわかると、好印象を得られることが多いです。

企業にとってしっかり将来を考え、自分を成長させていこうという人材はモチベーションも高く熱意のある人材だと捉えてくれます。

転職理由で低評価になってしまう場合。

では逆に、低評価になってしまう場合について紹介します。

キャリアに一貫性がなく、その場しのぎの回答だと思われる

同業界、同職種の転職ならまだしも、異業種、未経験職種へ転職する場合は一貫性がないと捉えられてしまうことがあるので注意が必要です。

いくら熱意があるような答え方をしても、考え方がころころ変わる、考え方が浅はか、なんていう風に捉えられてしまうことがあります。

結局不満が中心

上述したように、不満ばかり言う人間を採用したいと思う面接官はいません。

必ずしも不満を言ってはだめなわけではなく、きっかけは不満であってもそこに自分の落ち度があったことを反省s、最終的には転職をポジティブに捉えているという印象を与えることが必要です。

柔軟性がないような答え方

転職理由に具体性を持たせることは重要なんですが、あまりに仕事を絞りすぎてしまうと、今度は柔軟性がないと思われてしまう場合もあります。

労働者側のメリットしか考えていない

転職理由が年収アップ、スキルアップ、労働条件改善ばかりだと、企業にとっては価値ある人材と思われません。

これらはあくまで労働者側のメリットです。

企業側は労働者側のメリットだけではあく、企業側にどういうメリットがあるのかを考えているのであって、単に自分のことばかりのことを考えている人間を採用したいなんて考えません。

転職に向けて

今回紹介した転職理由もそうですが、どう答えるのがベストなのか、なかなか自分一人ではわかりにくいことが多々あります。

そんな時は、一人で転職活動を行おうとは思わず、積極的に転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職活動を成功させる為には転職サイト、転職エージェントを有効活用することは必須です。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:転職時に書類選考免除、面接確約となる方法や採用時のメリット。ただし履歴書作成は必須

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ