転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?

転職で仕事が決まらな不安や焦り、どう解消して今後どうする?

転職活動を始めても、なかなか仕事が決まらないと、徐々に不安や焦りが生まれてしまいます。

本当に転職できるのだろうかという不安や、早く決めないとという焦り。

転職では在職中に転職する場合もあれば、会社を辞めてしまってから転職活動を始める場合もあります。

後者は特に不安や焦りを強く感じてしまうでしょう。

ただ、不安や焦りを感じながら転職活動を続けてしまうと、余計転職活動が上手くいかず、仕事が決まらなかったり、妥協した結果、またすぐ辞めてしまうということにつながるかねません。

そこで、今回は転職活動での不安や焦りを解消するや、仕事がなかなか決まらない時に行うべき対処法を紹介します。

関連:初めての転職を成功する為にやるべきことや注意点

関連:履歴書、職歴書、面接で嘘をつくリスク。ばれる可能性は?

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

スポンサーリンク

転職活動でなかなか仕事が決まらないと、なぜ不安や焦りを感じる?

転職活動をしてもなかなか仕事が決まらないと、誰だって不安や焦りを感じるものです。

しかし、なぜそのように感じるのでしょうか。

貯金が尽きそう、失業保険の給付期間が終わりそう

会社を辞めてから転職活動を行っている場合、多くの場合、生活費は貯金であったり、失業保険の給付によるものです。

しかし転職活動が長期化して、貯金が尽きそうであったり、失業保険の給付期間が終わりそうだと、生活することができなくなってしまいますから、不安や焦りを感じてしまうのも仕方ありません。

早く今の仕事から抜け出したい

多くの人の転職したいと思う理由は、今の会社に対する不満によるものが多いです。

次の仕事が決まってから退職しようと思い、在職しながら転職活動を行っている場合、仕事が決まるまでは不満のある会社で働き続けなければなりません。

早く今の仕事から抜け出したいと思っていても、なかなか決まらずに辞めることができずにいると、焦りを感じてしまいます。

本当に転職できるのかと不安になる

何社も受けて、何社も落ちると、このまま転職活動を続けても受からないのではないだろうかと不安になってしまいます。

能力が足りていないのではないか、需要が無いのではないかと自信を失ってしまう人も多くいます。

仕事が決まらない、転職先が見つからない不安や焦りの解消方法

不安や焦りを感じることは非常に辛いことです。

その為、そこから抜け出したいと、入りたくもない会社を受けてしまい、入社してもすぐ辞めてしまうということに繋がりかねません。

もし、不安や焦りを感じている理由が、貯金が尽きそうだったり、失業保険の給付期間が終わりそうで、仕事を決めないと生活することが困難である状況になりそうな場合には、妥協してとにかく仕事を見つけることを優先する必要がでてきます。

しかし資金的に余裕があったり、在職しながら転職活動を行っている場合には、不安や焦りから入りたくもない会社に入ってしまうのは間違っています。

ですから、不安や焦りを解消して、転職活動を続けていく必要がでてきます。

そこで、不安や焦りを解消する為の方法を紹介します。

転職に関する客観的データを知る

どれくらいの会社を受けて、全然受からないと不安や焦りを感じていますか?

数社受けただけで、不安を感じてしまう人もいますし、10社を超えてくると多くの人が感じています。

しかし、実際に転職で仕事が決めた人が、応募した数はそんなに少ない数ではないのです。

リクルートキャリアのデータによると、全年齢での平均応募社数は20.45社。

年齢が高ければ高いほど、応募社数は多くなり、41歳以上だと23.96社になります。

10社受けても受からないなんてことは、転職活動においては普通のことであり、この数字はあくまで平均ですから、大企業など倍率が高い会社を受けていれば30社受からないことだってよくあることなのです。

10社程度で不安や焦りを感じる必要はまずありません。

在職中であれば、期限はない

会社を辞めてしまうと、資金的な理由からいつまでに転職先を見つけなければならないと、期限ができてしまいますが、

在職中であれば期限はありません。

これって非常に楽なことです。

新卒での就職活動では、決められた期間で就職を決めなければなりません。

もし決まらなければ、新卒というブランドを失った上で、既卒として就職活動を行わなければならなかったり、わざと留年したりします。

これに比べれば、非常に楽なことなのです。

これまで転職活動を振り返る

なぜ仕事が決まらないのか、転職先が見つからないのか。

なぜ受けても受からないのか。

不安や焦りを感じる前は、こういったことをあまり考えず、とにかく受けることだけをしがちです。

しかし、転職活動では振り返りが大事。

不安や焦りを感じた時はむしろチャンスなのです。

履歴書、職歴書の何が悪かったのか、面接での受け答えの何が悪かったのか。

こういったことを振り返ると、自分の悪いところがわかります。すなわち直すべきことが見つかります。

そして受からなかった原因を知ることが、不安や焦りの解消に繋がります。

今後の転職活動で行うべきこと

転職では数を受けることも大事ですが、質が低くてはやはり落ち続けてしまいます。

そこで、仕事が決まらないと不安や焦りを感じている人が今後の転職活動で行うべきことを紹介します。

受からなかった理由を考える

上記でも紹介しましたが、これまで受からなかった理由をしっかり考えることから始めましょう。

スキル、経験不足であったり、志望動機があいまいなど理由は様々です。

もちろん振り返ったところで、理由がわからないこともあるでしょう。

転職はあくまで相対評価ですから、自分が素晴らしくても、さらに経験豊富でスキルの高い人がいたら受かりません。

しかし、考えることは必要です。

誰かに相談し、客観的な意見を貰う

転職活動は一人で行うもので、なかなか客観的な意見を受けることができません。

しかし、今は転職エージェントなど、転職活動をサポートしてくれる人もいますから、積極的に利用しましょう。

もう利用しているという人は、転職エージェントを変えてみるのもいいでしょう。

第三者の意見というのは重宝すべきです。

相談する、意見を貰うということをし、転職に向けて質を上げていくことが必要となります。

企業選びの仕方を変える

企業選びの際、何を重視していますか?

仕事が決まらない人の特徴としてあまりにも理想が高すぎるという場合があります。

なぜ、仕事をを変えたいのか、自分が絶対に譲れないこと、妥協してもいいことは何かを考え、その上で応募する企業を決めるようにしましょう。

本気で転職活動を行う

仕事が決まらないと不安や焦りを感じている人の多くは、すでに本気で転職活動を行っているつもりになっているでしょう。

しかし、それは本当に本気で行っているか考えてみてください。

就職活動時には、100社を超えて応募する人もたくさんいます。

自己分析もしっかり行うし、説明会にもたくさんいっています。

しかし、転職活動時にはそこまで本気で取り組んでいる人は少ないのが現実です。

もちろん、数を受ければいいということではありませんが、気持ち「として本気で取り組まなければなりません。

特に在職中の場合は、仕事が忙しい、疲れたという理由から、履歴書を適当に書いたり、面接の練習をしなかったりする人をよく見ます。

まずは、本気で転職活動を行うということを、心がけてみましょう。

使う転職サイトを増やす

使っている転職サイトを増やしてみるのも大事なことです。

なぜなら転職サイトによって、載っていない求人もあったり、スカウト機能で来る求人も違います。

とにかくチャンスを増やすことは大事なことです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

最後に

転職活動がなかなかうまく行かず、仕事が決まらないことで不安や焦りを感じることは、あなただけのことではありません。

むしろ多くの人が感じていることです。

しかし、そのように感じたことで、妥協して行きたくもない会社に行くか、反省して転職活動の質をあげて行くかで、転職活動が成功するかが変わってきます。

不安や焦りを感じたことはむしろチャンスであると考え、今後の転職活動を行っていきましょう。

関連:ホワイト企業、優良企業とは?転職時には要判断。

関連:転職が不安で中々踏み出せない。その気持ちどのように解消する?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ