簡単に分かる転職活動の流れ、スムーズに進める鍵はスケジューリングとコツの理解

簡単に分かる転職活動の流れ、スムーズに進める鍵はスケジューリングとコツの理解

転職活動を始めようと思ってはいるけれど、実際何をしなくてはいけないのか、どれほどボリュームがあるのかいまいちわからずに、なかなか始められずにいる人もいるのではないでしょうか。

よくわからないまま、とりあえず思いきってやってみるというのも時には必要ですが、ある程度イメージしてスタートを切ったほうが何かと効率は良くなります。

そこで、今回は簡単に転職活動の流れを紹介していきます。

簡単にわかる転職活動の流れ

では、順序だてて転職活動の流れについて説明していきます。

わからない部分があっても、実際にやってみることでわかってくることもありますので、そういったこともするんだと頭に留めておきましょう。

自己分析を行う

転職活動を始めるにあたり、まず行わなければならないのが自己分析です。

自分のことなんてわかっていると思うかもしれませんが、実は意外にわかっていない人がほとんど。

だからこそ、一つ一つ紙に書きだしながら確認していく必要があります。

自分はなぜ転職したいのか、転職して何を実現したいのか。将来的にはどうなって行きたいのか。

自分の強み、弱みは何か。自分に向いていること、苦手なことはなにか。

自分はこれまでどういった経験をしてきて、どういったスキルを身につけてきたか。

自分は転職市場において、どれほど価値があるか。

といったことを一つ一つ確認していきましょう。

関連:転職時に行う自己分析の必要性ややり方

関連:【適職診断】社会人必見!転職サイトでできる診断テストまとめ【市場価値診断】

ゴールを決める

次に、転職で実現したいことを明確にし、ゴールを定めましょう。

ここで明確にしておかなければ、転職活動を進めていく中でぶれてしまい、実際に入社した後で転職したことを後悔することになります。

年収をアップさせたいのか、もっと残業の少ない仕事に就きたいのか、やりがいのある仕事につきたいのか。

最終的に達成したいことに優先順位をつけ、転職活動hの軸となるものを作りましょう。

転職についての情報を収集する

実際に転職活動を本格化する前に、転職に関する情報収集も行っておいたほうが良いです。

リクナビNEXT やDODAといった大手の転職サイトなどを見てみれば、転職がどういったものなのか、どんなノウハウがあるのかについておおよそのことを知ることができるでしょう。

意外に転職について間違ったイメージを持っている人もいるので、実情について知っておくことは大切なことです。

スケジュールを立てる

ゴールが決まり、転職活動についてある程度知ることができれば、スケジュールを立ててみましょう。

もちろん、自分では読めない部分も多い為、なかなかスケジュール通りにならないことも多いです。

ただ、目標となることを定めておくことで、実際に転職活動を進める自分への戒めにもなります。

参考:転職活動の期間はどれくらいかかるもの?短い期間で終わらせる為には。

求人を探し、応募企業を決める

ここまでできたら、実際に求人を探し、自分が応募する企業を決めることを始めます。

求人を探す方法としては、転職サイトで検索するという方法もありますが、それだけでは中々良い転職先は見つからない可能性が高いです。

検索できる求人は全体の求人の中でほんのわずかであり、ほとんどは転職サイトのスカウト機能や転職エージェントの紹介によって知ることができる非公開求人です。特に大手企業の求人や好条件の求人はほとんどが非公開求人となっています。

ですから、こういったものをできるだけ活用するようにしましょう。

スカウト機能ではリクナビNEXT DODA、転職エージェントはDODAリクルートエージェント が求人数も多い為、おすすめです。

企業研究、業界研究を行う

応募する求人が決めたら、実際にその企業について、違う業界に転職するならその業界について研究しましょう。

求人情報だけではわからないことがほとんどであり、これをしっかり行わなければ入社後に「思っていたのと違った」なんてことになりかねません。また、面接時にも質問に答えることができる熱意がないとみなされてしまう可能性もあります。

関連:転職での業界研究、企業研究の必要性、やり方とは

履歴書、職務経歴書の作成を行う

応募する企業が決まったら、実際に応募する為に履歴書、職務経歴書を作成しなくてはなりません。

多くの人がどう書けばいいかわからないと悩むことも多いですが、まずは質にこだわらずに一通り書いてみることをおすすめします。

後は転職エージェントが書類の添削をしてくれ、正しい書き方を教えてくれたり、場合によっては自己PRを書くための棚卸などを手伝ってくれます。

自分ひとりの力でなんとかせずに、プロを頼ったほうが効率的であり、質も高くなります。

スカウト機能や転職エージェントを利用した企業に応募すると、場合によっては書類選考が免除となる場合もありますが、それでも履歴書などの作成は必要になります。

どうせ書類選考はないからと手を抜くと、結局面接時に落とされることになるので手を抜くのは辞めましょう。

企業に応募する

実際に企業に応募する際に気を付けたいのは、複数の会社に応募するということ。

転職活動では、平均20社程度に応募して内定は1つ程度である為、1社ずつ結果をでるのを待っていれば転職活動はかなり長期化してしまいます。

1社応募したら書類選考の結果がでるまで時間がかかります。その間にまた次の会社を探し、応募していきましょう。

面接についてよく理解し、練習をする

書類選考通過することができれば、実際に面接に臨むことになります。

面接についてはあらかじめ流れをしり、質問も想定しておかなければなりませn。

また、しっかり練習し緊張した中でも答えることができるように準備しておかなくてはなりません。

面接に関しても、転職エージェントが対策を行ってくれますから活用しましょう。

面接に臨む

しっかり準備したら、あとは面接に臨むだけ。

企業によって、面接回数が1回だけの場合もあれば多い場合だと3回程度ある場合もあります。

面接では、服装やマナーに十分に気を付けましょう。社会人ならできて当然と思っているかもしれませんが、意外にできていない人が多いです。

せっかく能力が高いのにそんなことで評価を下げられるのは非常にもったいないです。

参考転職の面接に全然受からないのはなぜ?それは緊張のせいだけではない。

晴れて内定

面接に通過できたら晴れて内定です。それが第一志望の会社であれば実際に入社手続きを始めることになります。

面接から結果が来るまではおよそ1週間から2週間程度かかりますが、時にはもっと遅くなってしまう場合もあります。

参考:1次面接、最終面接の面接結果の連絡が来ない、遅い時の対処法、やっぱり不合格?

年収交渉、入社日決定する

内定後はいつ入社するのかという具体的な調整に入ることになります。現職でいつ退職することができるかを確認し、双方にできるだけ迷惑のかからないように調整しましょう。

また、新卒時とは違い、転職活動時には年収交渉が可能となる場合もあります。

自分で行うこともできますが、なかなか言いにくい場合には転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

参考:転職先の入社日はどのように決めればいい?こだわりすぎると後悔するかも

参考:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

内定辞退は早めに

複数の会社を同時並行で受けている場合、同時に複数の内定をもらうことになる場合もあります。

その場合、入社しない会社についてはできるだけ早く内定辞退を申し出る必要があります。

ただ、場合によってはどうしても遅くなる場合もあるでしょう。

実は内定承諾書を出した後でも、その書類に法的拘束力はなく、なんの問題もなく内定辞退することは可能です。

先に内定をもらったからと第一志望の結果が出るまでに入社を決めてしまわないように気を付けましょう。

参考:転職活動での内定辞退の方法、理由はどうする?保留は可能?メールと電話どっち?

参考:内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書とは?法的効力や提出後の辞退について

転職活動をスムーズに進める為に

以上、ざっと転職活動の流れを紹介してきました。この転職活動をスムーズに進めることができるかは、特にスケジューリングとコツを理解することが大切になります。

スケジューリングは絶対に必要

転職活動では、スケジュールを立てることが絶対に必要です。

スケジュールを立てないと、自分に甘えが生じてなかなか進めることができなかったり、逆に焦りすぎてストレスの原因ともなります。

転職活動は、1、2週間で簡単にできるものではなく、ある程度の期間かかってしまうものです。

その間、モチベーションを維持する為にも必ずたてるようにしておきましょう。

最初は大雑把なものでもいいです。転職活動を進めていくなかでそのスケジュールを見直していくのもいいでしょう。

ただ、自分の目標となるものを立てておくことが非常に大切になります。

転職にはコツがある

転職は、能力が高ければそれだけで良い企業に入社できるというものではありません。

転職活動にはコツがあり、自分を最大限にアピールできるかによって受かる確率は大きく変わります。

だからこそ、事前にしっかり知っておかなくてはなりません。

転職活動のコツについては下記記事にて紹介していますので、参考にしてみてください。

参考:転職活動を始めるなら知っておきたい転職を成功させるコツ

使えるものはできるだけ使おう

転職活動を進める上で、なんでも自分ひとりでやろうとするのではなく、使えるものはできるだけ使えるようにしましょう。

転職サイトや転職エージェントは無料で使えることができ、様々なノウハウ情報の収集、転職に関する相談、履歴書、面接対策などに非常に役に立つものです。

素人が自分の力でやるには限界があります、だからこそプロの力も借りるようにしなくてはなりません。

まずは、転職サイトは2つ、そして転職エージェントにも2つ登録するのがベストだと考えます。

 

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ