転職後1年たったタイミングで再転職する場合の心構え

転職後1年たったタイミングで再転職する場合の心構え

せっかく転職しても希望したものとは違っていて再転職を考える人が少なからずいます。

そういった人のうちすぐに転職に踏み切る人もいますが、あまりにすぐ転職するのは問題がありそうだからとしばらく働いてから転職する人もいます。

関連:転職してすぐ辞めるのはまずい?短期離職の招くリスクとは

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

転職失敗したけどとりあえず1年は我慢

どうせ転職したなら、自分の希望したことが実現されて転職して良かったと思える方が良いに決まっています。

ただ皆が皆そんな風に上手くいくわけではなく、自己分析不足からミスマッチが起きてしまったり、人間関係が上手く行かなかったり、待遇に不満を抱いてしまい、転職したことを後悔する人も少なくはありません。

そうなってしまった場合はまたすぐに違う会社に転職したいと考えるのは普通です。

ただ実際にすぐに辞める人はそれほど多くはなく、ある程度我慢して働いてから再転職することを考えます。

短期離職は企業から敬遠されてしまうだろうという懸念が原因です。

ではどれくらい働けば再転職に踏み切って良いと言えるのでしょうか。

そう何年も我慢することはできず、その期間をとりあえず1年としている人もいますが、それで十分でしょうか。

勤続年数1年は不利になるのか

勤続年数が1年以上2年未満という場合、1年未満の場合に比べればもちろんましではありますが、それでも不利な要素になってしまうことは否めません。

企業にもよりますがその職歴だけで不採用とされる場合も少なくはありません。

せっかく雇ったならせめて3年は働いてほしいと思っている企業が多く、直近でその実績がある人は避ける傾向にあるのです。

よって勤続年数が1年と言うのは決して十分な期間とは言えないでしょう。

ただしどれほど不利になるかはそれ以前の職歴も関係しています。

直近の勤続年数が短くてもその前の勤続年数が長かったり、職種に一貫性がある場合だと、すぐに辞めるのではないかという不安が少なくなる場合も多いです。

やっぱり3年は働いた方が良いのか

勤続年数によってその転職を不利にしないようにすることを考えると、やはり3年が一つの目安になります。

では3年働けば良いのかというとそういうわけでもないという難しさがあります。

確かに3年働くことによって勤続年数でマイナスと受け止められることは少なくなりますが、その変わりに年齢は高くなってしまいます。

転職のしやすさ、幅広さを考えればやはり若い方が何かと有利です。

また転職では転職市場の状況が転職しやすいかどうかに大きな影響を与えます。

今はかなりの売り手市場で転職がしやすい状況ですが、2年たつとどうなっているかはわかりません。

もしかしたらリーマンショックのような不景気になり、転職市場自体が冷え切ってしまうリスクがなきにしもあらずなのです。

転職後1年で再転職する場合の心構え

1年程度ではまだまだ不利、ただ3年まで待つとどうなるかはわからないし何より3年も我慢するなんてかなりの苦痛。

ただ中には早々に転職をして成功を収めた人も決して少ないわけではありません。

転職後1年で転職するとなった場合、先ほども述べているように職歴面で不利になる為、ただ何も考えずに転職活動を進めても中々上手くはいきません。

不利な状況を覆し再転職を成功に導くにはそれなりの心構えが必要となります。

退職理由と反省点を準備

企業が直近の会社での勤続年数が1年しかない人を避けたがる最大の理由はすぐ辞めてしまうリスクが高い点です。

採用されようと思ったらまずそう思われていることを覆さなくてはいけません。

そしてこれを覆す為にできることは、企業が納得できる退職理由を答えること、そして短期離職となってしまったことに対してしっかり反省していることを伝えることです。

企業がそれで納得すれば職歴ではなくあなたという人物を見てくれますが、もし納得することができなければリスクが高いと見なされ人物を見ることすらしてくれません。

退職理由と反省点はとにかくよく考え、練りに練ってください。企業側の立場に立って考え、転職エージェントとも相談し、不利な状況を覆しましょう。

1年で何を学んだか、何を身につけたのかを明確に

1年と言えどもそこで学んだこと、身につけたことはあるはずです。それが何だったかを明確にしておきましょう。

単に1年無駄にしてしまいましたなんて人材は企業も採用したいとは思いません。

成長を環境まかせにするのではなく、自主的にできる人。企業が求めているのはそんな人材です。

とは言え1年でできることは限られています。あまりに話を盛ると単に不信感を持たれてしまうだけですから注意しましょう。

もう失敗は許されないということを胸に刻む

今回の転職はまだ何とかなります。

しかし次また失敗してすぐに再転職となってしまうと今回の転職とは比べることができないくらい苦労することになるでしょう。

退職理由をどう取り繕おうが、どれだけ反省を述べようが、2度も同じことを繰り返してしまうとその言葉は信用されることがほとんどなくなってしまいます。

だからこそ今回の転職は絶対に失敗することができないということを胸に刻み転職活動を進めてください。

前回の失敗は何が原因だったかを突き詰めるのは当然だし、情報収集にも決して手を抜かずにこれなら大丈夫と思うことができるまで自分に厳しく転職活動を行ってください。

極力在職中に転職活動を進める

どうしても辞めなくてならないような状況でない限りは極力在職中に転職活動を進めるようにしてください。

職歴で不利になるものを持った上で行う転職は決して簡単なものではなく、転職活動が長期化してしまう可能性があります。

辞めてしまったものの中々転職が決まらないと、焦りがでてしまって妥協してしまうというのは良くある話。

今回の場合、辞めてからの転職はかなりリスクがあります。

最後に

転職後1年での再転職は簡単ではありません。きっと苦労することになるでしょう。

ただ粘り強くやるべきことをやれば決して不可能なことではなく、前回の失敗は取り戻すことができます。

また転職時には転職エージェントを利用することをおすすめします。勤続年数1年しかない中でどう対策していけばいいかしっかり対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ