転職活動が辛いと感じる理由や辛いと感じた時にすべきこと

転職活動が辛いと感じる理由や辛いと感じた時にすべきこと

仕事が辛くて転職活動を始めたけれど、今度は転職活動辛いと思ってしまっている人も少なくはないでしょう。

簡単に転職先が決まればいいのですが、なかなかそうも行かずに長期化してしまうことも多々あります。

中には転職活動が辛くて転職することを辞めてしまう人もいるくらいです。

そこで今回は転職活動が辛いと感じる理由や辛いと感じた時にすべきことを紹介します。

関連:初めての転職を成功する為にやるべきことや注意点

関連:女性の転職は難しい?悩みの多い転職活動を成功させる為には

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

転職活動が辛い!

転職活動って大変です。なかなか思った通りにはいきません。

転職活動が辛いと感じる理由

では、転職活動ってどういった理由から辛いと感じることが多いのでしょうか。

何社受けても全然受からない

転職活動で最も辛いのは、何社受けても受からないことです。

不採用通知をもらった時、せっかくこれまで頑張ってきたことが泡となって消え、また一からやらなくてはならなくなってしまうことや、自分は必要ない人間だ、自分には能力がないという否定的な考え方もしてしまいます。

また、不採用通知を受け取る度に、自分を採用してくれる企業はないのではないかという不安も大きくなっていってしまいます。

長期化して無職期間がどんどん長くなってしまった

なかなか内定をもらうことができず、転職が長期化してしまうと、どんどん辛くなっていきます。

転職活動はそれなりに労力が必要となることであり、それを長い期間行い続けるというのは、やはり辛いことです。

特に、会社を辞めてから転職活動をしている人にとって、転職活動が長期化してしまうことによって金銭面での不安が徐々に大きくなってしまうということもあります。

在職中の為、時間が少ない、時間がとれない

会社に行きながら転職活動を行っている場合、転職活動に使える時間は会社から帰ってきてからと、休日です。

また、面接に行く為には会社を休む必要もでてきます。

時間がない為に、自分が思ったように転職活動が進まないことで辛いと感じている人も多いです。

在職中の為、プライベートの時間がなくなる

ただでさえ時間がない中で行う転職活動。

少なくとも、普段休んでいる時間、遊んでいる時間を犠牲にして時間を捻出しなくてはなりません。

プライベートの時間が無くなってしまい、精神的、身体的に疲労がたまってしまっている人も少なくありません。

面接で厳しいことを言われる

会社によっては、面接で厳しいことを言われることもあります。

いわゆる圧迫面接をしてくる会社もまれにありますし、そういう趣旨でなくてもはっきり言ってくる面接官もいます。

周囲にばれないように隠れて転職活動

会社に行きながら転職活動をしている人んほほとんどは、転職活動をしていることを周囲にばれないようにしていると思います。

転職先が決まってなく、会社を辞めることが決まっていないのに堂々とはできません。

ばれないようにと、気にしながら、ドキドキしながら転職活動をするのは辛いものです。

転職活動が辛いと感じる時期

では、転職活動を実際に始めた人が転職活動を辛いと感じるのはどの時期でしょうか。

最初の1ヶ月

まず最初に辛いと感じるの始めて1ヶ月くらいまでです。

転職活動の進め方がわからない、なかなか慣れない、履歴書の書き方がわからないなど壁に当たってしまうことも多いです。

また、すぐ決まるだろうなど安易に考えていた転職活動のイメージが違うことに気付くのも最初の1ヶ月です。

実際、転職活動を始めたのに最初の1ヶ月で辞めてしまう人も多いです。

3ヶ月過ぎたあたりから

徐々に転職活動に慣れてきて、もくもくと色々な会社に応募している時はまだ良いのですが、

受ける会社が全然受からずに、転職できるのかと不安になりだすのがだいたい3ヶ月過ぎた頃。

会社に行きながら転職活動をしている人では、今の自分には転職することができないと見切りをつけてしまう人も少なくありません。

転職活動が辛いと感じた時にすべきこと

では、転職活動が辛いと感じた時に、少しでも気を楽にするにはどうすればいいでしょうか。

休みをつくる

転職活動は、非常に労力がいることであり、精神的にも身体的にも疲れが溜まるものです。

だからこそ、休みは作らなくてはいけません。

1週間のうち、転職活動に関することを全くしない人1、2日程度作り、体を休めることも大切にしてください。

他人との比較を辞める

他の人は短期間で転職できている。転職活動の平均期間は2ヶ月程度なのに、自分は決まらない、平均以下だ。

なんて言う風に、他人とつい比較してしまいがち。

しかし、他人は他人で自分は自分、他人と比較して良いことなんてありません。

転職活動では、その人の能力やスキルといったものも重要となりますが、運も必要となりますから、単純に比較なんてできないのです。

一度転職活動から離れてみる

転職活動が辛いと感じていて、会社を辞めていないなら、一度転職活動から離れてみるのもありです。

あえて転職活動から離れることで、プライベートの時間は好きなことに使い体を休めることもできますし、あらためて今の仕事を辞めるのかどうか冷静に判断することもできます。

相談相手をつくる

転職活動は、孤独の中行っている人も少なくないでしょう。

誰も相談相手がいなく、わからないことがあっても自分で調べながら転職活動を進めているにではないでしょうか。

ただ、やはり孤独なのは辛いですし、自分のやり方があっているのか不安にもなります。

やはり、転職エージェントを利用するなどして、転職活動に相談相手は作るべきです。

面接官の言葉を振り返ってみる

一度面接官の言葉を振り返ってみましょう。

ひどいことを言われたかもしれません。

ただ、そんなことに落ち込む必要はありません。

面接という短い時間で、あなたのことをよく理解してくれる面接官なんていませんから。

ただ、あなたが感じるべきことはなぜよく理解して貰えなかったのかということです。

辛いからといって安易に妥協するのはNG

転職活動で最もやってはいけないのが、中々転職先が決まらずに辛くなってきて、とにかく早く転職活動を終わらせる為にと妥協してしまうことです。

そうしてしまうと、転職後に後悔してしまうことになります。

なぜ転職することにしたのかをよく考えてみてください。

決して転職活動を終わらせることが目的ではないはずです。

もし辛くなってきたら転職サイトや転職エージェントも心機一転新しいものを使ってみるのも良いです。

載っている求人も違いますし、使い勝手、転職情報等も違いますから、気分が変わります。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:転職活動したいけど仕事が忙しくて時間がない時の対処法

関連:転職活動が上手くいかない時に見直すべきこと

関連:転職の悩み、転職活動の悩み、誰を相談相手にすればいい?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ