転職は楽しいし転職活動も実は楽しい。不安な気持ちもひっくるめて楽しんでみよう。

転職は楽しいし転職活動も実は楽しい。不安な気持ちもひっくるめて楽しんでみよう。

転職して新たな環境で働くのは大変、上手くいかないかもしれない。

転職活動は面倒だい辛く大変なことが多い。希望通りに決まるとも限らない。

転職しようかどうかを迷いながらも中々踏み切れずにいる人には、こんな風に転職をネガティブに捉えてしまっている人が多いのでしょうか。

関連:転職して良かった人、転職しなきゃよかった人。あなたはどっちになる?

関連:転職活動に行き詰ってしまう原因や、行き詰った時の対処法

転職は楽しいし転職活動も楽しい。辛いことばかりではない

確かに転職や転職活動が大変なものであるのは事実です。

転職に関して言うと、まず新たな人間関係を築くのも大変。最初は知っている人が誰もいませんからね。

そして仕事を覚えるのも大変。会社によって仕事のやり方は違うし、覚えることも多いです。

前の会社とは社風も異なるので、色々と衝撃を受けることもあるでしょう。

そして転職活動。時間がない中で履歴書を書いて面接に行く。すぐにうまくいくわけでもないのでそれなりの労力をかけなくてはなりません。

落ちるたびに落ち込むし、不安にもなるでしょう。

しかし、そんな辛いことばかりかというとそんなこともありません。

考え方を変えてみれば、楽しいと感じることも色々とでてくるはずです。

転職で楽しいこと

まず転職で楽しいことです。

ゼロからスタートできる

人間関係にしろ仕事にしろ、転職すればゼロからスタート。それって悪いことばかりではありません。

人間関係が上手くいっていない状態から良い状態に持っていくのはかなり大変だし、仕事の評価でマイナスをつけられてしまったら逆転するのが不可能な場合も多いです。

マイナスをプラスに変えるというのは難しいんですよね。自分の力ではどうにもならないこともあります。

その反面、ゼロならこの先にプラスに持っていけるかマイナスに持っていけるかはあなた次第。

自分の力で何とでもなるって考えたら、悪いことではないですよね。

他の人が持っていないものを持っている

周りはその会社でその仕事をずっと続けてきた人。それに対しあなたは違う会社で違う仕事をしてきた人。

最初は負けることが多くて当然です。

ただその会社での経験はこの先、いくらでも積んでいけますから追いつくことは十分可能です。

しかしあなたが前の会社で経験してきたことを他の人はこの先経験することができません。

ようするにあなたは他の人が持っていないものを持っているということです。

それを活かせるか、武器にできるかはあなた次第。ただ上手く使えば非常に貴重な人材になれるはずです。

不満を解消できる

転職では色々な不満を解消することができます。

給料が低い、休みが少ない、残業が多いなどなどあなたが仕事で抱えている不満、働き続けていては我慢するしかなかったものを我慢しなくてよくなるわけです。

それだけで転職は楽しいじゃないですか。

自分が成長できる

転職したことが自分の成長につながったという人はかなり多いです。

まあそれもそのはず、同じ会社で働き続けていたら経験できないことを経験することができるし、仕事のマンネリ化も防ぎモチベーションも上がりますから。

転職直後すぐには成長を実感することはできないかもしれませんが、1年、2年頑張っていくうちにきっと成長を実感できる日がくるはず。

そして成長を実感できることはとても楽しいことです。

転職活動で楽しいこと

では次に転職活動で楽しいことです。

視野が広がる、新たなことを知ることができる

転職活動では応募する企業を見つける為に、様々な業界の色々な会社を調べることになります。

転職フェアに参加すれば事業内容だけでなく、直接そこの会社の社員と話す機会もあります。

そして面接に進めば、役員等と話すことになるかもしれません。

それ故に一つの会社で働き続けるだけでは知らなかったことを知ることができ、視野が広がっていきます。

自分のことを知ることができる

普段仕事をしていると中々自分のことって考えませんよね。

会社に行くのが当たり前になり、惰性で働き続ける。仕事を辞めたい、仕事をつまらないなど不満は言うものの、結局自分がどうありたいのかを考えようとはしません。

ただ転職活動では自分と向き合う時間が自然と作られます。

そして自分と向き合い、新たな自分に気づくことができるのは意外に楽しいものです。

キャリアについての相談ができる

おそらく多くの人は自分の今後のキャリアについて人に相談したりアドバイスを貰うことなんてなかったはず。する相手もいませんからね。

ただ人に相談するとそこから新たに気づくことも多いので割と大切なこと。

転職活動で転職エージェントを利用すると最初にキャリアカウンセリングを行ってくれるので、相談する機会に恵まれます。

確かに不安も大きい。それでも前向きに楽しんでみよう

これから転職しようかどうかと悩んでいる人にとって、転職活動も転職後のことも不安な気持ちは大きいと思います。

確かに大変なことがあるのは事実です。思ったように上手くいかず辛いと感じることだってあるでしょう。

ただ決して悪いことばかりではありません。事実、実際に転職した多くの人は転職して良かったと感じています。

ですからぜひ少しでも良いので前向きになり、楽しむ意識を持ってみましょう。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見ると価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントで結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、転職サイトとして登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、DODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職サイトなら国内No1であるリクナビNEXTもおすすめ。

求人量、スカウト機能、診断テストなどが他に比べて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

転職希望者の8割の人が登録するという実績もあり、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にもtype転職エージェントJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。



このページの先頭へ