転職ではお金がどれくらいかかるもの?退職金やボーナスを当てることの注意点は?

転職ではお金がどれくらいかかるもの?退職金やボーナスを当てることの注意点は?

転職する際にかかる費用は人によって千差万別。

全くお金がかからず終わらせることができる人もいますが、一方で遠方への転職や仕事を辞めてからの転職だとかなりお金がかかってしまうこともあります。

ではもし転職にお金がかかりそうだったら、あなたならどうしますか?

貯金があるならばそれでまかなええば良いのですが、もし貯金がない場合は転職前に支給されるボーナスや退職時に貰う退職金を当てようと考えている人も少なくないと思います。

ただ転職にボーナスや退職金をあてる場合にはいくつか注意しなくてはいけない点があるので確認しておいてください。

関連:転職したいけど貯金がない。お金がない中で転職するには?

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

転職時には何かとお金がかかってしまう

転職時、どんな転職にするかによってそれなりのお金がかかってしまう場合もあります。

まずはどれだけのお金がかかるのかを考えてみましょう。

転職活動費

まずは転職活動自体にかかるお金。

ほとんどは面接に行くための交通費です。

現在住んでいる地域内での転職で1回の面接で数百円であっても、何社も受けていればチリも積もって数千円に。

もし遠方の会社に応募して面接に行くとなれば、さらに高額になり数万円単位で出費が発生することになります。

例えば関西に住んでいて関東の会社に面接に行くとなれば、往復の交通費だけで2万5千円以上(ただし高速バス等を使って安く抑えることも可能)。

さらに面接は1回だけではありません。1次、2次、最終と3回あれば、7万~8万円程度はかかることになります。

また複数社をまとめて受ける場合だと日をまたぐ為に宿泊が必要となり、ホテル代がさらに必要となる場合もありますね。

まれに交通費を支給してくれる企業もありますが、それは少数。遠方の会社を受けるならそれなりの金額が必要となることを覚悟しておかなくてはなりません。

引っ越し費

いざ転職となった時には引っ越しが必要となる人もいます。

遠方の会社で通うことができない場合はもちろんですが、現在住んでいるところが会社の寮や社宅の場合も引っ越しが必須。

引っ越しが必要となれば、荷物の運送代から敷金、礼金など数十万円単位でお金がかかってしまう場合もあります。

ただし引っ越しにかかった費用を負担してくれる企業も中にはあるので、必ずしも必要になるわけではありません。

とは言えそれは内定後にわかること。転職活動の段階ではある程度の出費はかかるものだと思っておいた方が良いですね。

生活費

もし仕事を辞めてから転職先を探すなら忘れてはいけないのが生活費。

自己都合の退職の場合は失業保険を受け取ることができるのが3ヶ月後ですから、貯金等でまかなっていかなくてはなりません。

家賃に光熱費、食費、ローンなど、あらかじめ今の生活でどれくらいお金がかかっているかはしっかり確認しておく必要があります。

税金、保険

そして忘れてはいけないのが税金や保険。

所得税は源泉徴収されている為、仕事を辞めて収入がなくなれば追加で支払う必要がなくなりますが、住民税は昨年の収入に対して支払うものなので仕事を辞めても支払いは続きます。

また仕事を辞めて社会保険から外れると国民健康保険料や国民年金なども毎月支払っていかなくてはなりません。

それに加えて個人で加入している生命保険などもありますから、仕事を辞めてからかかる出費は思いの他多いのです。

転職時に退職金やボーナスを当てる際の注意点

例えば在職中に転職活動を行い、かつ転職活動は現在住んでいる地域内で行い、引っ越しも必要ないとなれば転職自体にそれほどお金はかかりません。

ただ先に仕事を辞めてしまう場合や転職先が遠方となる場合は数十万円単位でかかる可能性もあります。

その時にあてになるのが退職金やボーナス。

まとまったお金が入ってくるので、転職にかかるお金を補うことが可能です。

ただ退職金やボーナスを当てる場合はいくつか注意しなければいけないことがあります。

退職金を当てる場合に注意しておくべきこと

まずは退職金を当てる場合に注意しておくべきことです。

意外に貰える金額は少ないかも

退職金で貰える金額は勤続年数や会社によって様々。

そこそこ多い金額を貰える場合もありますが、思った以上に少ない場合もあります。

例えば10年勤続して退職した場合の相場は100万円ほどですが、会社によっては30万円しか貰えないという場合もあるし、勤続年数が5年だと10万円しか貰えない場合もあります。

生活費にあてるつもりだったり、退職金が貰えるからとクレジットカードでばんばんお金を使っていると、想像以上の少なさでお金が足りないなんてことになる可能性もあるので、就業規則等であらかじめどれくらい貰えそうか目星をつけておきましょう。

退職金の支払日

退職金の支払日は退職後数日で支払われる場合もありますが、退職してから2ヶ月かかってしまうこともあります。

よって生活費のあてにしていたが全然入らなかった、クレジットカードの支払いに間に合わなかったなんて場合もありえるということです。

退職金の支払日は基本的に就業規則に基づき決定されますから、もしあてにしているなら退職前にしっかり確認しておきましょう。

将来貰える退職金の金額が少なくなることを忘れてはいけない

転職に伴い会社を退職すれば、勤続年数に応じてある程度の退職金をとりあえずは貰えます。

ただ今回退職金が貰える代わりに、定年後に貰える退職金のお金がが減っているということを忘れてはいけません。

退職金は勤続年数によって変わるもの。

新卒で入社した会社を定年する場合に比べて途中で転職すればその分勤続年数が短くなりますから、その分退職金は少なくなるのです。

決してまとまった金額を貰えたからと喜び使いすぎてしまってはいけませんし、転職後は将来も見据えて毎月の貯金額を増やす必要もあることを考えておきましょう。

ボーナスを当てる場合に注意しておくべきこと

退職前に貰ったボーナスを使って転職活動の費用にあてたり、次の仕事が決まるまでの生活費に当てる場合に注意しておくべきことは以下の点です。

転職後にボーナスは満額貰えない

転職後の会社で最初のボーナスでは満額貰えない場合がほとんどです。

例えば前の会社で7月にボーナスが支給されて8月に転職した場合を考えてみましょう。

12月のボーナスは当然次の会社で貰うことになります。

ただ12月のボーナスは在籍していれば満額貰えるわけではなく、査定期間にどれくらいいたかが重要になります。

たいてい12月のボーナスに対する査定期間はかなり前。4月から9月くらいであることが多いです。

となると査定期間に在籍しているのは8月と9月の2ヶ月前。3分の1しか在籍していないので、ボーナスもその分減額され、わずか支給されない場合が多いのです。

ですからもしボーナスを生活費の一部分と考えているのであれば、退職前に貰ったボーナスを転職の費用で全額使ってしまうのは少し危険です。

退職が決まっている人は減額される可能性もある

ボーナス支給の条件は会社によって異なり、退職が決まっている人に対しては減額する場合もあります。

昨年の金額を想定していたら、思ったより大幅に少なかったという場合もあるので注意しましょう。

転職はお金の計画をしっかり立てよう

何かとお金がかかる転職。

お金が足りなくなり本当にしたい転職ができなくなってしまったり、転職先が決まっても生活が厳しくなってしまうなんてこともあります。

だからこそあらかじめお金に関してはしっかり計画をたてておきましょう。

おすすめ転職サイト

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ