転職で失敗、すぐ辞めることになって後悔しない為には?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

転職で失敗、すぐ辞めることになって後悔しない為には?

転職をしてみたけれど、いざ転職してみると大失敗、前の会社のほうがよかったと後悔してしまうということが、実際に転職した人の中でもいます。

結果的に、すぐ辞めることになってしまい、再度転職活動をすることになってしまったなんてこともあるでしょう。

転職する目的は、今の会社に不満があって、その状況を良くする為であったり、キャリアアップの為ですから、

転職することでさらに状況を悪化させるような状況に陥ってしまい、後悔してしまうなんてことはあって欲しくないことです。

ましてや、すぐ辞めるなんてことはもっての他です。

では、転職で失敗しない為にはどうすればいいのでしょうか。

今回は失敗しない、後悔しない転職の方法を紹介します。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:転職が怖いは当たり前。どう解消しどう乗り越えるか。

関連:転職にまつわる失敗談。これから転職しようと思っている人は要チェック!

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

転職して後悔、どんな失敗がある?

転職で後悔してしまった人はどのような失敗をしているのでしょうか?

転職での失敗例として以下のようなものがあります。

  • 業績が思わしくなく、入社後にさらに悪化してしまった。
  • 残業時間が少ないと思っていたら、サービス残業ばかりであった。
  • 面接時にできもしないことをできると言ってしまい、単独で仕事を任されることに。
  • やってみたいと思っていた仕事が、実際にやってみると全くおもしろくなかった
  • 年収アップしたと喜んでいたが、仕事は想像以上にきつかった。
  • なかなか転職先が決まらず、妥協で決まてしまったら予想通り・・・。

こういった失敗によって後悔してしまい、すぐ辞めることに繋がっていきます。

すぐ辞めるということはリスクがあることです。

転職回数だけで言えば2回程度であれば、次の転職活動で不利になることは少ないです。

しかし、それはあくまで転職までの期間がある程度長い場合です。

数ヶ月程度のスパンで転職を繰り返すことは不利に働くことが多いです。

人を採用する為には転職サイトに求人をだしたり、実際に面接したり、入社後に教育したりと、お金がかかることです。

すぐに辞められてしまうと、そういった費用が無駄になってしまう為、すぐに辞められては困るのです。

短期間で辞めた人はまたすぐ辞めるかもしれないと思われる為、採用に不利になると言われています。

もし、短いスパンで辞めてしまうのなら、面接でしっかり説得できる理由を準備しておく必要があります。

 

スポンサーリンク

失敗したくないから転職しないことを選んでも後悔する

転職で失敗してしまい、後悔したくないから転職することを辞めてしまう。

それは正しいのでしょうか。

転職したいと考えている時点で、会社や仕事に対して不満があったり、もっとキャリアアップしたかったりという思いがあるはずです。

失敗したくないからと転職しないことを選んでしまうと、この感情はずっと心の中でくすぶってしまい、結局後悔してしまうことになるでしょう。

ですから、後悔しない為の方法は失敗しない転職をするということになります。

後悔のない転職をする為に

では、どうすれば後悔しない転職をできるのでしょうか。

スピードは必要、焦りは厳禁

転職活動を行う上で、ある程度のスピード感は必要です。

求人は、日々変わって行きますし、だらだら続けてしまうといつまでたっても決まらないなんてことに繋がっていきます。

ただ、焦りは厳禁です。

どうしても、今の会社を早く辞めたいと思い、すぐに転職先を見つけようと焦ってしまうことがあります。

しかし、この焦りによって自分が本当に望んでいる会社ではなく、妥協した会社に入ってしまい後悔することにつながります。

また、会社を辞めてから転職活動を行う場合には要注意です。

収入が入らなくなる為、どうしても焦りが生じてしまいます。

できることなら、ある程度の貯金、自己都合での退職の場合には失業保険がでるまでに3か月かかるので、その分の生活費は確保してやめるようにしましょう。

企業選びは徹底的に

どうしても、年収だとか、数値でわかるものに目が行きがちですが、それだけではなく実際の労働環境や企業の雰囲気も確認しましょう。

今は、インターネットでクチコミなども見ることができます。

もし、できるなら実際にその企業の近くに行き、実際に働いている人の表情などを見るのもありです。

残業が少ないにも関わらず、夜遅くになっても電気が点いている場合なんかはサービス残業しているのかもしれません。

考えつくありとあらゆる方法を使って、その企業の情報を集めましょう。

転職で何を望むのかを明確に

転職するきっかけは何であり、どういった不満を解消したいから転職したいかということを明確にし、

そのことを叶える為に転職活動をしているということを忘れないようにしましょう。

どうしても、時間がたつとあれもこれもとなって、いつの間にか本来の目的からずれてしまうことになります。

ずれたまま転職すると、結局新しい会社に入った後に不満を感じ、後悔し、すぐ辞めるということにつながっていってしまいます。

転職で何を妥協するかを明確に

望むことがあれば、妥協しなくてはいけないこともあります。

全てを手に入れることは、かなり困難なことです。

例えば、勤務地など、妥協してもいい点も明確にしておきましょう。

自己分析はしっかり実施

自己分析をおろそかにする人がよくいますが、自己分析はしっかり実施しましょう。

自分の強みが何か、何がやりたいのかなど、あらためて自分の中で明確にしなければ、

転職後に、仕事がおもしろくないと思い、後悔してしまうことにつながってしまいます。

自分でしっかり考えることも大事ですが、客観的に診断もしてみましょう。

リクナビネクストではグッドポイント診断というものができますので、やってみると自分にどのような強みがあるかが客観的にわかります。

大事なことは、自分で自分のことをとことん考えることと、客観的に自分を見ることです。

内定後に労働条件を確認する

転職して実際に働き出すと、仕事の内容や休日日数、給料などが聞いていた話と違うなんてこともあるみたいです。

内定後には、必ず労働条件書を確認しましょう。

もし貰えていないのであれば、人事に言って貰いましょう。

労働条件書によって、労働条件を明確にすることは雇用者側の義務となっていますから、申し入れればすぐ貰えるはずですし、

出すのを渋るような会社であれば、それだけでかなり危険な会社であると言えます。

確認しないまま、会社を退職してしまい、転職先で働き出してしまってから発覚すると手遅れとなってしまい、後悔してしまうことになります。

悩んでいたらまずは始めてみる、多くの人は転職して後悔していない

もし、失敗するかも、後悔するかもと転職するかどうか悩んでいるのなら、まずは転職サイトを色々と見ていることから始めてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ