転職で年収アップは難しくない。給料が少ない、上がらないと不満なら転職を視野にいれてみよう。

転職で年収アップは難しくない。給料が少ない、上がらないと不満なら転職を視野にいれてみよう。

もう少し給料が高ければ、もっと給料をもらえたらと思っている人は少なくないと思います。

ただ年収をアップさせる為に実際に転職に踏み切るという人はあまりいませんよね。

転職したって給料は上がらない、むしろ下がってしまうことが大半だ、そんな風に思ってしまい、結局何もせずに今の少ない給料を受け入れてしまっている人が多いと思います。

ただそれは大きな勘違い。

実は転職で年収アップさせることはそれほど難しいことではなく、もし現在給料が少ないことに不満を感じているのであれば、積極的に転職を視野にいれた行動に取り組むべきです。

関連記事

 

転職すると年収が下がる、よくて現状維持って実は大きな勘違い

転職すると年収が下がる。よくても現状維持。そんなイメージを持ってしまっている人は多いと思います。

まずはそこが実際どうなのかということをデータから見て行きましょう。

転職で年収が増える人、年収が下がる人の割合

厚生労働省の「雇用動向調査結果の動向」によると、転職後の賃金変動状況は以下の通りになっています。

  • 増加・・・35.3%
  • 変わらない・・・28.8%
  • 減少・・・34.1%

年齢別に見ると以下の通り。

  増えた 変わらない 減少
19歳以下 59.5% 19.7% 18.6%
20~24歳 42.5% 28.2% 25.3%
25~29歳 40.2% 27.9% 30.8%
30~34歳 39.2% 29.6% 30.1%
35~39歳 41.7% 26.7% 30.0%
40~44歳 39.0% 28.7% 31.2%
45~49歳 34.5% 30.5% 33.0%
50~54歳 28.9% 36.5% 33.2%
55~59歳 21.9% 36.2% 38.2%

転職しやすい、転職に有利と言われている20代でも年収が上がるのは4割程度。

全体で見ると3割程度となっており、半数を超えていない時点で年収アップはそう簡単なことではないというイメージを持つのはまあ当然のことだと思います。

データを見ると年収アップは難しそう。でも実際は?

ただこのデータはあくまで転職理由等を考慮せずにとっているデータ。

皆が皆、年収アップの為に転職しているわけではありません。

そもそも、転職した理由として「給料が少なかった」ことを挙げている人というのは、男性で12.2%、女性で9.9%しかいません。

年収にそこまでこだわらず転職すれば下がることだって多いのは当然のこと。

休み、残業なしを目指して多少年収下がったっていいと思っている人だって多いし、年収ダウンを受け入れてでも自分のやりたい仕事に就くため未経験職への転職をする人だって多いのです。

上記のデータは、そういった年収ダウンしてもいいやと思っている人を含めた数字。

年収が増えることを条件にした場合に限れば、たった3~4割程度の成功率しかないということではないのです。

年収アップを目指した転職するなら実現性は高い

様々な理由、目的で転職に踏み切る人がいる中でさえ3~4割程度の人が年収アップするわけです。

もし年収を増やすことを一番の目的として転職すれば、その実現性はかなり高いはずです。

もちろん年収だけを考えて転職することはおすすめしません。

年収がかなり増えたとしても、あまりに休みが少なかったり残業が多すぎることで後悔する人も少なからずいますから。

ただ高望みせずに現状維持程度か多少悪くなる程度で考えていれば、今より年収が上がり転職したことに満足できることは十分にできるでしょう。

そもそも転職活動時には割と早い段階でどれくらいの年収を貰えることになるかはっきりわかるもの。

遅くとも内定が出た段階ではわかります。

転職エージェントに希望年収を伝えた時に、それが難しいか、可能性はあるのかどうかということだって教えてくれます。

もし転職しても年収が上がらないというのであれば、転職自体を取りやめればいいだけ。

わざわざ転職活動をすることによる時間、手間がかかってしまいますが、犠牲にすることはそれくらいで済むのが転職なのです。

一方で転職しないとどうなる?

ではもし今のまま転職しないと、この先給料はどうなっていくのかということを考えてみましょう。

転職しなくても年収がアップする可能性はゼロではない

転職しなくたってこの先給料が上がることだってあります。

会社の業績がアップしてボーナスが増えたり、昇給額が増えることだってあるでしょう。

それに出世すればたいてい給料は上がるでしょう。

この先、予想された給料以上のお金を貰える可能性が全くないなんてことはありません。

ただし確信がない上に時間もかかる

ただ上記のことは全く確信のないこと。自分で制御できるとは限りません。

自分が頑張ったとしても業績が上がるとは限らないし、業績が上がったからと言って会社が給料を上げてくれるとは限りません。

出世すれば業績関係なく上がるかもしれませんが、成果を上げたからといって出世できるとは限らない上、時間だってかかります。

当然下がるリスクも

しかも逆に給料が下がってしまうリスクもあります。

業績が下がればボーナスを下げられること、下手したら全額カットの場合だってありえます。

残業規制が入って全く残業ができなくなり、残業代分給料が減ってしまうということもあります。

基本給が減らされることはそこまで多いわけではありませんが、それがなくても下がる可能性は十分にあるのです。

給料が少ない、上がらないと思うなら思い切って転職活動に踏み切ろう

現在、給料が少ない、全然上がらないと不満を感じている人はぜひ転職活動に踏み切ってみてください。

転職するかどうかを判断するのはその先です。

もしかしたら転職活動にかけた時間、手間が無駄になるかもしれません。

ただそんなものたいしたことではありません。年収アップの可能性があるなら、それくらいのリスクは背負いましょう。

年収アップに繋がる可能性は十分高く、チャレンジしてみる価値はあるのですから。

おすすめ転職支援サービス

年収アップを目指すなら、まずはそれなりの求人を探すことがスタート。

その為にも、転職エージェントは必ず利用するようにしてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ