ベンチャー企業に転職したものの失敗して後悔する主な原因

ベンチャー企業に転職したものの失敗して後悔する主な原因

ベンチャー企業に転職したことで年収がアップした、転職したベンチャー企業が成長してストックオプションで大きな報酬を得ることができたといった人も少なくはなく、それ故に憧れを持つ人も少なくはないでしょう。

ただ実際はそれ以上にベンチャー企業への転職に失敗して後悔する人がおり、ベンチャー企業へ転職する前にはそのことも良く知っておかなくてはなりません。

関連:ベンチャー企業に転職することのメリット、デメリット。あなたはベンチャー企業に向いている?

関連:ワンマン社長にうんざりで仕事を辞めたい人の転職のすすめ

魅力が高い反面リスクも高いベンチャー企業への転職

ベンチャー企業には様々な魅力がありますよね。

仕事面では裁量が大きかったり、トップとの距離が近い分学ぶことが多かったり、若くても自分の意見を反映させやすかったりします。

また若くても早々に出世できる可能性があり同世代よりも高い収入を得ることができたり、会社が成長すればストックオプションによってかなり高い報酬を得ることができる場合だってあるでしょう。

上場前のベンチャー企業に転職して出世、その後どんどん会社が拡大していき普通のサラリーマンでは手に入れることができないような金額を手にした人だっています。

ただメリットだけではありません。

良い収入を得られるのはその後も上手く会社が成長していった場合に限ることで、最初は給料が低い場合も多いし倒産リスクも大企業に比べるとかなり高くなります。

労働環境もあまり良いとは言えず、労働時間もかなり長かったり教育制度が充実していないところも多いです。

このようにベンチャー企業への転職は高い魅力がある反面、リスクも高いことなのです。

ベンチャー企業への転職に失敗し後悔する主な原因

そんなベンチャー企業ですから転職に失敗して後悔する人というのは決して少なくありません。

とは言え狙った通りに転職を成功させることができる人がいるのも事実です。

では失敗してしまう原因はどこにあるのでしょうか。

企業に対する理解不足

ベンチャー企業と言っても種類は様々。

まだ設立間もない企業もあれば、すでにそれなりの規模に成長している企業もあります。

前者は先ほど述べたリスクの面が高くなる一方で上手く行った時に得られるものも大きいですが、後者になるにつれてリスクは低くなる一方で得られるものも少なくなります。

両者には一長一短ありますからどちらが良いというわけではありませんが、選択をあやまると自分が希望しているものではないということになりかねません。

またその企業が扱っている商品やサービスに対する魅力、優位性、将来性。経営者の経歴、魅力などもよく調べなくておく必要があるでしょう。

まだ発展途上の会社だからこそ、今後も成長を望むことができると自信をもって思うことができるのか、その会社に自分の身を預ける覚悟を持つことができるのか、よく考えてください。

働き方に対する理解不足

ベンチャー企業に転職した人で最も後悔することになることが多いのが働き方によるものです。

想像以上にハードワークで体がついていかなかった、責任が重くて精神的にまいってしまったという人も少なくありません。

ベンチャー企業の全てで労働時間が長いというわけではありませんが、大企業ほど労働者に対する健康管理が整っていない場合が多いので、よく確認しておきましょう。

長時間のサービス残業に加えてパワハラが蔓延しており、離職率が高い会社というのもかなり存在していますから要注意です。

過度な期待

ベンチャー企業は自由で融通が利きやすい、裁量が大きいといった傾向がありますが、会社という組織の中で働くことになる以上は当然制約があります。

会社によってもその傾向はだいぶ異なるでしょう。ベンチャー企業と言ってもあまり自由ではないというところは山ほどあります。

会社について良く調べることもせず、単にベンチャー企業だということで勝手なイメージを元に過度な期待を抱いていると、実際に働きだしてからあまりのギャップに後悔する可能性は非常に高いでしょう。

全てがあなたの理想としている通りになるなんてことは、まずありえないのです。

自分の強み、弱みの認識不足

ベンチャー企業で仕事をする場合、やらなくてはならない仕事の幅は広がるし、スピードが速く柔軟性を求められるし、指示待ちにならず自分で考えて仕事をおこなっていかなくてはなりません。

やることが決まっていて、マニュアルがあり、上司や先輩がしっかり教えてくれるなんてことはあまりないのです。

そういった環境で本当に自分を生かすことができるのか、自分は成長していけるのかはしっかり考えなくてはいけません。

自分の強みや弱みを認識できておらず、実は向いていなかったと入社後に気づくことになる人はとても多いのです。

前職の良さの認識不足

転職前には不満だらけだったはずなのに転職してから前職の良さに気づいて転職しなければよかったと後悔するのは良くある話。

特に大企業からベンチャー企業に転職した場合にはそう感じることも多いでしょう。

実際に働いている時というのは嫌な部分にばかり目が行ってしまって実は恵まれている部分に中々気づくことができないもの。

だからこそ意識して比較しなくてはなりません。

転職に向けて

ベンチャー企業に転職する際にはこういったことをしっかり考えるようにしましょう。そうすればきっと成功率は上がるはずです。

自分の理想に合った、自分の希望を叶えることができる企業をぜひ見つけてください。

また転職活動時にはベンチャー企業が狙いであっても、最初はベンチャー企業に限定せずに幅広く仕事を探してみることをおすすめします。

転職活動を始めたばかりの時点は仕事に対する不満がどうしても先走ってしまい、つい短絡的な考え方を持ってしまいがちです。

ただ最初から選択肢を狭めてしまうと実は他のも良い企業があることに気づくことができないまま、転職活動を進めて行ってしまうことになります。

転職サイトや転職エージェント等を駆使しながら、最初は色々な企業を調べ徐々に希望に合ったものに絞っていくことで、あなたにとって本当にあった仕事が見つかりやすくなるでしょう。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



このページの先頭へ