仕事が忙しくて転職ができない、中々進まない時でも転職活動を進めるべき理由

仕事が忙しくて転職ができない、中々進まない時でも転職活動を進めるべき理由

転職活動が大変だと感じる要因の一つに仕事の忙しさを挙げる人は少なくありません。

残業が多く遅くまで仕事をしており、企業について調べたり履歴書作成に時間をかけることができず、想定していた通りに進まないことがストレスになってしまいます。

そして結局転職活動を一旦辞めてしまう人も少なくはないし、そもそも忙しいから無理だと決めつけ何もやることなく先延ばしにしてしまっている人もいます。

ただ忙しいことを理由に転職活動を先延ばししてしまうと、この先も転職することができない場合がほとんど。だからこそ大変でも忙しい時には転職活動を進めていくことをおすすめします。

関連:転職活動が上手く行かない主な原因と直すべきポイント。見直せばきっと上手く行くはず!

関連:転職活動したいけど仕事が忙しくて時間がない時の対処法

仕事が忙しい中で転職活動するのは大変

仕事は忙しいのに転職活動をするというのは確かに大変なことです。

残業が多くて夜遅くに帰ってくると休みたいという気持ちが強くなりますし、そこから何かやろうなんて気持ちには中々なれないのが当然です。

休みの日だって数少ないストレス解消にタイミングですから、ダラダラ過ごしたり楽しいことを過ごしたいと思うのが当然です。

ただ転職活動をするならば、企業について調べたり履歴書を作成する為になんとか気持ちを奮い立たなくてはなりません。しかも一度ではなく何度も。

また面接は平日に行われる場合がほとんどである為、面接に進むことができた会社が多くなるほどに会社を休むことが必要となります。

忙しい中で会社を休むのはかなり大変であることは言わずもがなですね。

それでも転職活動は忙しいうちに進めるべき

このように忙しい中転職活動を進めるのはかなり大変な部分があり、感じるストレスも大きくなってしまうのは事実です。

では忙しい時は転職活動を進めるべきではないのかというとそういうわけではありません。

確かに大変ですがそれでも忙しいうちに転職活動をしておく理由があります。

忙しいを理由にしてやらない人の大半は暇でもやらない

転職を忙しいからという理由で先延ばしにしている人は、いざ仕事が暇になってもあれこれと理由をつけて結局何もやらずに時間を過ごしてしまう場合がほとんど。

転職は大きな決意が必要のなることであり、勢い任せにスタートすることも必要。暇になるまでまっているとこの勢いが失われてしまいます。

本当に転職したいならたとえ忙しくてもできない理由ではなく、どうすればできるかを考え転職活動を進めて行かなくてはなりません。

忙しい時こそ転職に対するモチベーションが上がる

仕事が忙しい時というのは会社や仕事への不満が大きくなる為、転職に対するモチベーションも高くなります。

一方で仕事が暇になってくると逆に転職に対するモチベーションは下がってしまいます。

暇になったら転職しようと思っていてもいざ暇になると転職に対してやる気がでず、またすぐに忙しくなって転職しようと思う。いつまでもこの繰り返しになり時間だけが過ぎていってしまいます。

先延ばしすることにデメリットが大きい

現在仕事が忙しい人が暇になるのはいつでしょうか。

仕事って中々暇にはならないですよね。一つの仕事が終わりかけたらまた次の仕事が舞い込んできてしまい息をつくひまがない人も多いと思います。

ですので暇な時期になるまでと待っていれば数年待つことになります。

また転職活動にかかる平均的な期間は3ヶ月程度ですが、それだけの期間暇であり続けるということも少ないでしょう。

万が一数年待つことになってしまった場合、それは転職に不利に働いてしまう原因になります。

年齢が高くなって転職がしにくくなるという面もありますし、何よりせっかくの売り手市場を逃してしまうことにもなります。

現在は相当な売り手市場でかなり転職がしやすい状況にありますが、この先いつまでも続くとは限りません。

いざ暇になっても転職しにくい環境になってしまうと転職活動の苦労はもっと大きなものになってしまうでしょう。

転職活動自体に期限はない

仕事が暇で転職活動にたっぷり時間を避けることができる人に比べると忙しい人は同時に受ける企業が少なくなってしまいますし応募のスパンも長くなるので転職活動自体が長引いてしまうかもしれません。

ただ転職活動には期限がありません。何か月以内に終わらせなくてはいけないなんてことはないのです。

暇になるまで何もせずただ待つだけと忙しくても少しずつでいいから転職活動を進めていくのとでは、後者の方が圧倒的に転職するまでの時間は早くなりますよね。

今の転職活動は忙しくてもなんとかなる

もしあなたが現在転職を希望しているならば、転職活動を進めるべきです。転職活動はやり方さえ間違わなければ忙しくても意外になんとかなります。

もしすでに転職活動を始めているが中々進まないというのではやり方が間違っているかもしれません。

時間がない人が転職活動を行う場合、転職エージェントは必ず利用しなくてはなりません。

企業選びに情報収集、履歴書や職歴書作成から面接日程調整などやることが多い転職活動。転職に対する知識がない中で自分で全てやろうとすれば相当な時間がかかってしまうのも当然です。

転職エージェントを利用すれば多くのことをサポートしてくれるので自分でやらなくてはいけないことがかなり少なくなるし、疑問が生じた場合の対処もスムーズに行うことができるのでかなり時間の短縮につながります。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ