転職活動の不安、転職が決まった後の不安を解消するには

転職活動の不安、転職が決まった後の不安を解消するには

仕事を辞めたい、もっと良い会社に転職したい。

そう思っていても、転職活動に対する不安、転職後の不安はやはり大きいものです。

転職に対して期待を持ちながらも、それ以上に不安が大きく、なかなか踏み出すことができないという人もいるのではないでしょうか。

また、転職活動を始めてみても、転職先が決まっても、不安は付きまといます。

では、その不安から解消されるのはどうすればいいのでしょうか。

関連:転職先が決まらないまま、転職活動が長期化した時に行うべき対処法

関連:転職活動が辛いと感じる理由や辛いと感じた時にすべきこと

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

転職活動の不安

転職活動を行っている中で、様々なことに不安を感じることになります。

仕事が決まるのだろうか

転職活動を行っていく中で、一番の不安は仕事が見つかるだろうか、転職先が決まるのだろうかということです。

転職活動では、平均でも20 社近く受けてようやく1社受かる程度であり、不採用となってしまうことのほうが多いのが現実です。

ただ、不採用通知が届く度に、徐々に先が見えなくなってしまい、いつか本当に受かるのだろうかと不安になっていきます。

自分の選択は間違っていないだろうか

誰だって、転職して後悔してしまうなんてことはしたくありません。

しかし、本当に後悔しないのか、自分が選択したことは間違っていないかということは、実際に転職してからでなければわかりません。

その為、転職活動をしている中で、自分の選択が間違っていないだろうかと不安に駆られてしまいます。

このやり方は正しいのだろうか

転職活動を進めていく中で思うのが、自分の転職活動のやり方が正しいやり方なのだろうかということです。

何が正しくて、何が間違っているのかわからない中で進めなくてはいけない為、不安になってしまいます。

誰だって、転職活動はさっさと終わらせたいです。

だからこそ、間違った転職活動で無駄に時間を費やしたくないと思うのも仕方ありません。

周囲にばれないだろうか

仕事をしながら転職活動を行っている人のほとんどは、周囲にばれないように転職活動を進めていることでしょう。

転職先が決まっていなく、転職するかどうかはっきりしていない状態でばれてしまうと、色々と面倒なことになってしまいます。

転職活動を進めている間は、ばれないようにと気を使い、びくびくし、不安な日々を過ごすことになってしまいます。

転職が決まった後、入社までの不安

転職先が決まり、転職活動が終わると、一つの不安からは解放されます。

しかし、今度は新たな会社への不安が大きくなっていきます。

新しい職場で上手くやっていけるだろうか

新たな職場に対して一番不安に思うことは人間関係ですよね。

転職して新たな環境に入るということは、人間関係もまた一から築いて行かなくてはなりません。

どれだけ良い会社であっても、人間関係が上手く行かないと辛いことは十分にわかっていると思います。

だからこそ、上手くやっていけるのかと不安になります。

真っ当な会社だろうか

いくら転職活動時にその会社について調べてみても、実際に働いてみなければわからないことも多いです。

入社前に全てを知ることなんてできません。

その為、もしかしたらサービス残業が多いのではないか、もしかしたらパワハラがあるのではないかなど、悪いことを想像してしまい、不安な気持ちが大きくなってしまいます。

仕事で役にたてるだろうか

前職の経験を認められ、自分はその会社にとって必要だと思われたからこそ入社できた。

いくらそう思っても、本当に自分は役に立つことができるのだろうかと考えてしまいます。

いくら経験があるとは故、会社が違えば仕事のやり方も違う。

だからこそ、不安にもなってしまいます。

スムーズに退職できるだろうか

転職先が決まると、さっそく現在の会社を退職する準備を始めなければいけません。

その中でも、特に上司に退職を伝えることが嫌だなーと感じてしまう人も多いですね。

怒鳴られないだろうか、トラブルにならないだろうか、色々なことを考えてしまいます。

不安を少しでも解消するには

では、こういった不安な気持ち、どうすれば少しでも解消することができるでしょうか。

転職活動の不安を解消する方法

では、まずは転職活動に不安を感じた時の解消方法を紹介します。

辞めたい理由、転職したい理由を確認しなおす

転職活動を進めていくと、最初に会社を辞めたい、転職したいと思った理由を忘れがちです。

その結果、目的が曖昧になり、不安も大きくなって行きがちです。

ですから、不安を感じた時は、一度初心に戻り、自分の考えを整理してみてください。

目的を明確にし、転職活動している意味を確認し、ネガティブ思考からプラス思考に考え方を変えてみましょう。

不安な気持ちになるのは仕方ないと割り切る

そもそも、転職活動は絶対に望んだ形に持っていけるという保証がない以上、不安になるのは仕方のないことです。

いくらプラス思考で考えて軽減されたとしてもゼロにはなりません。

ですから、その不安を受け入れ、割り切ることも大切なことです。

不安な気持ちになるのは仕方ない、そう考えてみましょう。

要点を抑えれば、ばれる心配は不要

転職活動がしてることを周囲にばれるのが不安だという人も多いでしょうが、

要点さえ抑えておけば、ばれるなんてことはほとんどありませんから、実は気にする必要のないことです。

参考:転職活動がばれるのだけは避けたい。何に気をつければいい?

マイペースで進める

早く転職先を見つけきゃと、気を張って転職活動をしていては、焦りばかりを感じるようになり、不安は募っていきます。

一度、落ち着いて自分のペースで転職活動を進めるようにしてみてください。

集中して行う時は集中して行う、休む時はしっかり休むことが大切です。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、無料で様々なサポートを行ってくれます。

正しい転職活動のやり方を教えてくれますから、転職活動のやり方に関しての不安はなくなるでしょう。

また、転職活動の相談相手としても非常に助かる存在です。

転職が決まった後、入社までの不安を解消する方法

次に、転職先が決まった後の不安の解消法を紹介します。

最初から完璧にやろうなんて思わない

いくら経験があっても、最初からばりばり仕事ができる人なんてほとんどいません。

最初はできなくて当然なのです。

たとえ最初はできなくても、できるだけ早く仕事に慣れ、活躍できる人材になることが大切です。

ですから、自分が通用するのかと考えるのではなく、入社後にできるだけ早く役に立つ人材になろうと考えることが大切です。

良くなった点を意識する

その会社に転職することを決めたのには、なんかしらの理由があるはずです。

良い点があったからその会社を受けたはずなのに、内定を貰うと逆に悪い点ばかりを気にしがちです。

どんな会社でも良い点もあれば悪い点もあります。

悪い点を探せばいくらでも見つかるし、勝手な想像もしてしまいます。

だからこそ、あえてその会社に決めた良い点について意識するようにしましょう。

会社に期待するのではなく、自分を変える

人間関係が上手くいくか不安。確かにそう思うのは仕方のないこと。

ただ、人間関係が上手くいくか、それとも上手くいかないかは、周囲の人間だけではなく、自分自身の行動にも大きく影響します。

周囲がどんな人間かというのは自分の力ではどうしようもないことです。

しかし、自分のことは自分の力でなんとかなります。

自分を変えていけば、人間関係もきっと上手くいくはずです。

経験があるからと言って、横柄な態度をとらない。

積極的に自分から話しかける。

飲み会やイベントごとにはできるだけ参加する。

人についてよく観察する。

こういったことに気を付けてみましょう。

人事に質問する

もしわからないこと、気になることがあるならば、人事に質問してみましょう。

入社前に多くのことを知っておきたいというのは当然のことです。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?

関連:転職を決意した理由や瞬間、転職するか迷う理由

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ