転職のメリット、デメリット。比較してみた時、あなたならどうする?

転職のメリット、デメリット。比較してみた時、あなたならどうする?

転職と聞くとネガティブなことばかりを想像してしまいがちですが、確かにデメリットはあるのものの、それ以上にメリットがあることです。

しかし、そのことに気づくことができずに、本当に限界が来るまで転職せずに働き続けてしまったり、中には最初から転職という選択肢を除外して限界を超えて働き続けてしまう人も少なくありません。

本当はもっと良い環境で働くことができるのに、もっと好条件で働くことができるのに、そのことに気づかず単なる思い込みで自分の選択肢をつぶしてしまっていませんか?

そこで、今回は転職のメリット、デメリットについて紹介します。

関連:仕事を辞めたい女性は絶対に転職するべき!転職で良かったと感じた人はこんなに多い!

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

転職するメリット

ではまずはメリットから紹介していきましょう。転職することで得られるものは、実際非常に多いです。まずは

年収アップできる可能性が大いにある

転職すると年収は下がることが多いなんていう風に考えている人もいるかもしれませんが、実際は年収が下がる人よりも、年収が上がる人が多いです。

もし現状維持でいいと考えたら、かなりの高確率で実現することが可能です。

自分の力で不満を解消できる

会社に対して、職場に対して不満があっても、自分の力でそれを解消しようとしてもなかなかできることではありません。というかほぼ無理でしょう。

年収が低い、人間関係が上手くいかない、パワハラ上司がいる、休日が少ないなど、これらのことは、我慢するしかありません。

しかし、転職すれば解消するのを待ったり、我慢するのではなく、自分から解消に持っていけるという大きなメリットがあります。

自分の力で希望を叶えることができる

不満だけではなく、自分の希望も自力で叶えることが可能です。

○○の仕事をやりたいと考えた時、一応異動という可能性があるのはあるのですが、多くの会社で希望通りに行くことが困難な状態になっており、転職したほうがずっと可能性は高くなります。

仕事でやりがいを感じやすい

転職せずに新卒で入社した会社で働き続ける人よりも、転職した人のほうが仕事にやりがいを感じている傾向が強いです。

これは意識の違いが大きく、転職という大きな決断を自分の意志でしたということが、仕事に対する取り組み方、モチベーションに大きな違いをもたらします。

視野が広くなる

ずっと同じ会社にいると、どうしても視野は狭くなりがち。

転職することで複数の会社で働くことが経験できますし、転職活動をするということで色々な会社を調べたり、自分の仕事についてもよく考える機会ができます。

1社しか経験していない人と1社以上経験した人の差は大きいですし、転職活動の経験有無お非常に大きなものです。

自信につながる

転職したことで自分に自信を持てたという声もよく聞きます。

転職することで自分の力を客観的に評価されることでそう感じたり、実際に転職した後で自分の力でもやっていけるということがわかり、自分の自信につながるみたいです。

転職するデメリット

もちろん、転職にはデメリットもあるのは事実です。

時間、労力、お金が必要となる

まず転職するとなると、転職活動をしなくてはいけません。そして転職活動はえあrそれなりに時間、労力がかかるものです。

普段、だらだら過ごしたりしている時間を削り行っていかなくてはなりません。

また、転職活動にはお金が必要になる場合もあります。

面接に行く為の交通費であったり、自宅から通うことができない会社に転職したら引っ越しの費用もかかってきます。

不満が解消できない、それどころかさらに悪化する可能性がある

転職は自分の力で不満を解消することができると言いましたが、全員がそうなるわけではありません。

転職した約8割の人は不満を解消することができたそうですが、逆に2割程度の人は不満を解消できずにいたり、それどころか悪化してしまったという人もいます。

新たな不満がでてくる可能性がある

転職することで、現状の不満とは関係ない、他の新たな不満もでてくる可能性があります。

わかりやすい例でいくと年収に不満があって転職したが、今度は残業時間に不満を持つようになったといったことです。

人脈をまたゼロから築かなくてはいけない

ある程度働いていれば、それなりに人脈を築けており、その人脈でのおかげで仕事がスムーズに進んだり、困ったことがあった時に助けてくれたりもします。

しかし、転職することでその築き上げた人脈は一度ゼロになってしまい、また新たに人脈を築いていかなくてはなりません。

人脈は宝であり、それを手放すことは大きなデメリットであると言えるでしょう。

転職直後に一時的に信用がなくなる

勤続年数が長い人ほど社会的に信用は高く、ローン、クレジットカードの審査も通りやすいです。

しかし、転職して勤続年数が0年となると一時的に社会的信用は失われてしまい、ある程度働き続けないと取り戻すことはできません。

退職金で損をする

退職金は、金額自体が会社によっても大きく異なるし、そもそも退職金が全くない会社もある為簡単に比較することはできないのですが、

まったく同じ会社で比較した場合だと、退職金で損をしてしまう傾向にあります。

退職金は勤続年数と退職理由によって決まります。

新卒で入社した会社で定年まで働けば勤続年数は最大で、退職理由も定年である為、減額されることなく受け取ることができます。

一方、途中で自己都かと合の理由で転職してしまうと、転職時に受け取ることができる退職金はその退職理由から減額されてしまい、その後の会社で定年まで働いても新卒入社の人より勤続年数は短くなってしまう為、退職金は少なくなってしまいます。

若いうちに転職すればそこまで差は開きませんが、年齢が高くなってから転職した場合は差が大きくなってしまいます。

とは言っても、上述したように会社によって退職金がどの程度かと言うのも違うし、役職によっても大きく異なるので、逆にそのまま働き続けるよりも転職したおかげてで増えるという人も少ないわけではありません。

比較してみた時、どちらを選ぶ?

今回紹介した転職のメリット、デメリット。

比較してみた時に、あなたはどちらを選びますか?

メリットが大きいから転職も視野にいれようと思うのも、デメリットが大きいから転職は辞めておこう、どちらも間違ったことではありません。

ただ、どちらの場合にしろ一度は転職活動をしてみるといいかもしれません。

転職はしなくても、転職活動によって得られるものは非常に多いですし、良い会社が見つかれば心も変わるかもしれません。

最初から選択肢を潰すのではなく、自分の幸せの為に常に前向きに変わっていくことは考えておきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事を辞めたい。まずすべきは転職したいのか改善したいのか、転職できるのかを知ることから

関連:転職しないことのメリット、デメリット。本当に今のままで後悔しない?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ