転職活動に疲れた、転職活動をもう辞めたい。そう思った時の対処法。

転職活動に疲れた、転職活動をもう辞めたい。そう思った時の対処法。

会社を辞めたい、仕事を変えたい、キャリアアップしたい。

転職活動をするきっかけは人によって様々です。

転職したいと思っていても、適当に自分にたいして理由をつけて、転職の為に動かない人も多い中、

実際に転職活動という行動を起こしているというだけで、素晴らしいことです。

しかし、現実は厳しいですよね。

転職する気満々で行動を起こしたけれど、まず書類が全然とおらない、書類が通って面接まで行っても全然通らない。

今の会社に行きながら、平日の仕事終わり、休日に疲れた体でも頑張って転職活動を行ってるのに、全然合格しない。

そして、徐々に「もう転職活動に疲れた」「転職活動をもう辞めたい」と思うようになってしまいます。

しかし、疲れたと思い、転職活動をやめてしまってはこれまでの努力も無駄になってしまいます。

そこで今回は転職活動に疲れた、転職活動を辞めたいと思った時に転職活動を続ける為の対処法を紹介します。

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職は会社への裏切り行為ではない。自分の幸せを優先しよう。

関連:ブラック企業の定義や特徴、あなたの会社は大丈夫?

転職活動に疲れた、辞めたいと思ってしまうと・・・

転職活動に疲れた、辞めたいと考えた時、どうなるでしょうか。

多くの人は、そこで転職活動を辞めてしまったり、

たいして行きたくもない会社、あまりよくない労働条件で妥協してしまうかもしれません。

そうなってしまうと、わざわざ転職する意味がなくなってしまいます。

転職先の会社でも、また転職したいと思ってしまうことになりがちです。

ですので、疲れた、辞めたいと思っても決してその感情に従ってはいけません。

一度、よく考えてみることが必要です。

スポンサーリンク

疲れた、辞めたいと思うのは当然のこと

そもそも、疲れた、辞めたいと思うことはすごく当然のことです。

転職活動に疲れた、辞めたいと思ってしまう理由はなんでしょう。

転職活動は、多くの人が今の仕事を続けながら行います。

ただでさえ仕事で疲れているのだから、平日の仕事が終わった後や休日は、ゆっくり休みたいですよね。

この時間を転職活動というそれなりに労力がいる活動を行うので疲れるのは当然です。

それが長く続けば、疲れはピークに達しますし、辞めたいと思うのも当然のことです。

また、何度も落ち続けると、先が見えなくなっていき、精神的にもかなり疲れていきます。

自分はだめな人間だ、今後も受かる会社なんてないと悲観的に思ってしまいます。

しかし、転職で人気のある会社は特に受かる人間よりも、落ちる人間のほうが圧倒的に多いのです。

時間がかかるのも当然のことなのです。

スポンサーリンク

疲れた、辞めたいと思った時の対処法

転職活動に疲れた、辞めたいと思った時、すぐに辞めてしまってはもったいない。そこで、そう思った時の対処方法を紹介します。

あらためてあなたの市場価値を調べる

リクナビネクストを使うと転職市場価値がわかるので登録してみるといいでしょう。

自分から動くのではなく、スカウトに登録して市場価値を知りながら、オファーを待つという受けの姿勢で行うのがありです。

 

なぜ転職したいかを改めて考える

疲れた時、辞めたいと思った時に、一度なぜ転職活動をしたいと思ったかを改めて考えてみてください。

そして、転職前と転職後のあなたを想像してください。

その時、転職したいと思ってる自分がいますか。

それとも転職しなくてもいいかなと思っている自分がいますか。

転職活動を一旦やめてみる

なぜ転職したいかを改めて考えた時、転職しなくてもいいかなと思ったなら、一旦やめてみてもいいでしょう。

転職はしたいけど疲れたと思っていたら、一旦やめてみてもいいでしょう。

やめることも一つの勇気です。

そして、体も心も休めて、頭の中を整理し、もう一度転職活動にチャレンジするかを考えましょう。

転職サイト、転職エージェントを変えてみる

転職サイトや、転職エージェントの会社ってたくさんありますよね。

とりあえず、転職サイトを変えてみてください。載っている情報が違うので参考になります。

ペースを変えてみる

転職を始めた時には、すぐ決まると思いがちで最初からハードなペースで頑張りすぎです。

これでは疲れてしまいます。

しかし、現実として、転職活動には時間がかかります。

3ヶ月なら良い方で、6ヶ月なんて当たり前。1年以上かかることだってあります。

そう考えたとき、ハードペースでは長くは続きません。

無理のないペースを自分なりに考え、自分にあったペースで転職活動をするようにしましょう。

なぜ落ちたかをしっかり考える

落ちたとき、なぜ落ちたのかをしっかり考えることは大切です。

面接の仕方が悪かったのかもしれません。

企業の求めている人材でなかったのかもしれません。

落ちる度に、なぜかを考える癖をつけましょう。

落ち続けると、自分はだめな人間だと思ってしまうこともあるかもしれませんが、

何が悪かったかを考え、明確にすることによって、そう思うことは少なくなるはずです。

それは、あなたに精神的安定をもたらすだけでなく、次回につながります。

スポンサーリンク

最後に

転職活動は、かなりの体力、精神力を使うものです。

疲れた、辞めたいと思っても仕方ないこと。

それでも、終わってしまえば、振り返った時に、やってよかったと思えることでしょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:キャリアアップの転職をする前に考えておきたい2つのこと

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ