転職活動に疲れた、転職活動をもう辞めたい。そう思った時の対処法。

転職活動に疲れた、転職活動をもう辞めたい。そう思った時の対処法。

会社を辞めたい、仕事を変えたい、キャリアアップしたい。

転職活動をするきっかけは人によって様々です。

転職したいと思っていても、適当に自分にたいして理由をつけて、転職の為に動かない人も多い中、

実際に転職活動という行動を起こしているというだけで、素晴らしいことです。

しかし、現実は厳しいですよね。

転職する気満々で行動を起こしたけれど、まず書類が全然とおらない、書類が通って面接まで行っても全然通らない。

今の会社に行きながら、平日の仕事終わり、休日に疲れた体でも頑張って転職活動を行ってるのに、全然合格しない。

そして、徐々に「もう転職活動に疲れた」「転職活動をもう辞めたい」と思うようになってしまいます。

しかし、疲れたと思い、転職活動をやめてしまってはこれまでの努力も無駄になってしまいます。

そこで今回は転職活動に疲れた、転職活動を辞めたいと思った時に転職活動を続ける為の対処法を紹介します。

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職は会社への裏切り行為ではない。自分の幸せを優先しよう。

関連:ブラック企業の定義や特徴、あなたの会社は大丈夫?

転職活動に疲れた、辞めたいと思ってしまうと・・・

転職活動に疲れた、辞めたいと考えた時、どうなるでしょうか。

多くの人は、そこで転職活動を辞めてしまったり、

たいして行きたくもない会社、あまりよくない労働条件で妥協してしまうかもしれません。

そうなってしまうと、わざわざ転職する意味がなくなってしまいます。

転職先の会社でも、また転職したいと思ってしまうことになりがちです。

ですので、疲れた、辞めたいと思っても決してその感情に従ってはいけません。

一度、よく考えてみることが必要です。

スポンサーリンク

疲れた、辞めたいと思うのは当然のこと

そもそも、疲れた、辞めたいと思うことはすごく当然のことです。

転職活動に疲れた、辞めたいと思ってしまう理由はなんでしょう。

転職活動は、多くの人が今の仕事を続けながら行います。

ただでさえ仕事で疲れているのだから、平日の仕事が終わった後や休日は、ゆっくり休みたいですよね。

この時間を転職活動というそれなりに労力がいる活動を行うので疲れるのは当然です。

それが長く続けば、疲れはピークに達しますし、辞めたいと思うのも当然のことです。

また、何度も落ち続けると、先が見えなくなっていき、精神的にもかなり疲れていきます。

自分はだめな人間だ、今後も受かる会社なんてないと悲観的に思ってしまいます。

しかし、転職で人気のある会社は特に受かる人間よりも、落ちる人間のほうが圧倒的に多いのです。

時間がかかるのも当然のことなのです。

スポンサーリンク

疲れた、辞めたいと思った時の対処法

転職活動に疲れた、辞めたいと思った時、すぐに辞めてしまってはもったいない。そこで、そう思った時の対処方法を紹介します。

あらためてあなたの市場価値を調べる

リクナビNEXT を使うと転職市場価値がわかるので登録してみるといいでしょう。

自分から動くのではなく、スカウトに登録して市場価値を知りながら、オファーを待つという受けの姿勢で行うのがありです。

なぜ転職したいかを改めて考える

疲れた時、辞めたいと思った時に、一度なぜ転職活動をしたいと思ったかを改めて考えてみてください。

そして、転職前と転職後のあなたを想像してください。

その時、転職したいと思ってる自分がいますか。

それとも転職しなくてもいいかなと思っている自分がいますか。

転職活動を一旦やめてみる

なぜ転職したいかを改めて考えた時、転職しなくてもいいかなと思ったなら、一旦やめてみてもいいでしょう。

転職はしたいけど疲れたと思っていたら、一旦やめてみてもいいでしょう。

やめることも一つの勇気です。

そして、体も心も休めて、頭の中を整理し、もう一度転職活動にチャレンジするかを考えましょう。

転職サイト、転職エージェントを変えてみる

転職サイトや、転職エージェントの会社ってたくさんありますよね。

とりあえず、転職サイトを変えてみてください。載っている情報が違うので参考になります。

ペースを変えてみる

転職を始めた時には、すぐ決まると思いがちで最初からハードなペースで頑張りすぎです。

これでは疲れてしまいます。

しかし、現実として、転職活動には時間がかかります。

3ヶ月なら良い方で、6ヶ月なんて当たり前。1年以上かかることだってあります。

そう考えたとき、ハードペースでは長くは続きません。

無理のないペースを自分なりに考え、自分にあったペースで転職活動をするようにしましょう。

なぜ落ちたかをしっかり考える

落ちたとき、なぜ落ちたのかをしっかり考えることは大切です。

面接の仕方が悪かったのかもしれません。

企業の求めている人材でなかったのかもしれません。

落ちる度に、なぜかを考える癖をつけましょう。

落ち続けると、自分はだめな人間だと思ってしまうこともあるかもしれませんが、

何が悪かったかを考え、明確にすることによって、そう思うことは少なくなるはずです。

それは、あなたに精神的安定をもたらすだけでなく、次回につながります。

スポンサーリンク

最後に

転職活動は、かなりの体力、精神力を使うものです。

疲れた、辞めたいと思っても仕方ないこと。

それでも、終わってしまえば、振り返った時に、やってよかったと思えることでしょう。

 

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:キャリアアップの転職をする前に考えておきたい2つのこと

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ