転職を人生の転機。仕事が充実するからこそ人生は充実する。

転職を人生の転機。仕事が充実するからこそ人生は充実する。

およそ40年程度は続くであろう長い会社生活。

仕事に費やす時間は非常に長く、合計すると8万時間以上、多い人だと10万時間以上にもなります。

ですから、仕事が充実したものかどうかは人生を充実したものにできるかどうかに大きく影響します。

関連:転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。

関連:転職で失敗、すぐ辞めることになって後悔しない為には?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

転職は人生の転機

人生の転機と言えば、結婚や出産などが挙げられますが、転職も同様に人生の大きな転機と成りうるものです。

人生の大半を費やす仕事において、仕事の内容、給料、労働環境などが大きく変わることになりますから、人生を大きく変えるものになるでしょう。

より充実した人生を手に入れる為に必要なのは、その転機を逃さないことが大切です。

転機となることは、ただ待っていてやってくるものではなく、自分から動いたからこそ生み出されるものです。

もちろん、その転機が失敗に終わることも少なからずあります。

ただ、失敗するリスクは最小限に抑えることができるし、転職は一度失敗しても、その経験を生かしてもう一度チャレンジすることは可能なのです。

最大の失敗は、転機となるものをスルーし、何もせずに最終的に後悔することです。

人生の転機を逃さない為には?

転機を逃さない為に、何ができるか。考え方や行動を変えてみることから始めてみましょう。

アンテナを広げる

毎日会社に行くだけでは、その他の会社のことなんて知る機会はあまりありません。

だからこそ、自分でアンテナを広げ、積極的に情報を取りに行く必要があります。

転職サイトに登録してどんな会社が求人をだしているか、そもそもどんな仕事があるのかを知ったり、会社とは全く関係ない勉強会などに参加し人脈を広げるなどして、自分の会社、自分の仕事以外について知る機会を作ってみましょう。

それは、ただ転職する為だけでなく、今の仕事を続ける根拠となることが発見できる可能性も潜んでいます。

自分と向き合う

そもそも自分のことを知らなければ、何かのきっかけがあったとしてもそれをきっかけとして気づくことはできません。

自分は何がしたいのか、自分はどうありたいのか、現在の環境は理想とどれほどかい離しているのか、

まずは自分と向き合って、自分を知ることから始めましょう。

普段会社に行ってるだけでは、不満は感じていたとしても、なかなか自分と向き合う機会はありません。

会社に行くこと、仕事をすることが当たり前になり、何も考えず働き続けてしまうのです。

だからこそ、自分でその機会を作ってみてください。

勝手なイメージに騙されない

経験をしてもいないのに、自分で勝手なイメージをして、それに騙されていることってよくあります。

転職でいえば、成功する確率は低いだとか、年収は下がるものだとか。

勝手なイメージを作り上げ、最初から拒絶していてはチャンスが訪れたところで行動を起こすことはできません。

将来をイメージする

必ず自分の将来像については考えてみてください。

30代、40代、50代、どうなって行きたいのか。そうなる為にはどうすればいいのか。

多くの人は、将来のことを考えず、現時点で楽なほうに、楽なほうにと動いてしまいます。

そして、手遅れになってようやく初めて気づき、後悔するのです。

将来をイメージすることで、自分の中で目標が明確になり、行動を起こすきっかけになります。

ポジティブに捉える

何かを変えるということは、やはり勇気のいることであり、ついネガティブに考えてしまいがちです。

その為、変わるチャンスがあっても、ネガティブな考えが先行してしまい、現状維持の方向に流れてしまいます。

ですから、意識的にポジティブに捉えるようにすることも必要なことです。

もちろん、失敗に終わってしまう可能性はあります。

ただ、その失敗に恐れるあまり、もっと大きな取り返しのつかない失敗をしてしまうこともあることを忘れてはいけません。

一度くらい大きなチャレンジをしてみよう

毎日変わらない日々を過ごすのは楽なことかもしれません。

でも長い会社生活、一度くらいは大きなチャレンジをしてみたらどうでしょうか。

やって後悔するか、やらずに後悔するかではなく、やって成功させるのがベスト。

十分に成功することは可能なのです。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:毎日残業で終電帰りばかり。その仕事で働き続けて大丈夫?

関連:こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ