転職を人生の転機。仕事が充実するからこそ人生は充実する。

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

転職を人生の転機。仕事が充実するからこそ人生は充実する。

およそ40年程度は続くであろう長い会社生活。

仕事に費やす時間は非常に長く、合計すると8万時間以上、多い人だと10万時間以上にもなります。

ですから、仕事が充実したものかどうかは人生を充実したものにできるかどうかに大きく影響します。

関連:転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。

関連:転職で失敗、すぐ辞めることになって後悔しない為には?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

転職は人生の転機

人生の転機と言えば、結婚や出産などが挙げられますが、転職も同様に人生の大きな転機と成りうるものです。

人生の大半を費やす仕事において、仕事の内容、給料、労働環境などが大きく変わることになりますから、人生を大きく変えるものになるでしょう。

より充実した人生を手に入れる為に必要なのは、その転機を逃さないことが大切です。

転機となることは、ただ待っていてやってくるものではなく、自分から動いたからこそ生み出されるものです。

もちろん、その転機が失敗に終わることも少なからずあります。

ただ、失敗するリスクは最小限に抑えることができるし、転職は一度失敗しても、その経験を生かしてもう一度チャレンジすることは可能なのです。

最大の失敗は、転機となるものをスルーし、何もせずに最終的に後悔することです。

人生の転機を逃さない為には?

転機を逃さない為に、何ができるか。考え方や行動を変えてみることから始めてみましょう。

アンテナを広げる

毎日会社に行くだけでは、その他の会社のことなんて知る機会はあまりありません。

だからこそ、自分でアンテナを広げ、積極的に情報を取りに行く必要があります。

転職サイトに登録してどんな会社が求人をだしているか、そもそもどんな仕事があるのかを知ったり、会社とは全く関係ない勉強会などに参加し人脈を広げるなどして、自分の会社、自分の仕事以外について知る機会を作ってみましょう。

それは、ただ転職する為だけでなく、今の仕事を続ける根拠となることが発見できる可能性も潜んでいます。

自分と向き合う

そもそも自分のことを知らなければ、何かのきっかけがあったとしてもそれをきっかけとして気づくことはできません。

自分は何がしたいのか、自分はどうありたいのか、現在の環境は理想とどれほどかい離しているのか、

まずは自分と向き合って、自分を知ることから始めましょう。

普段会社に行ってるだけでは、不満は感じていたとしても、なかなか自分と向き合う機会はありません。

会社に行くこと、仕事をすることが当たり前になり、何も考えず働き続けてしまうのです。

だからこそ、自分でその機会を作ってみてください。

勝手なイメージに騙されない

経験をしてもいないのに、自分で勝手なイメージをして、それに騙されていることってよくあります。

転職でいえば、成功する確率は低いだとか、年収は下がるものだとか。

勝手なイメージを作り上げ、最初から拒絶していてはチャンスが訪れたところで行動を起こすことはできません。

将来をイメージする

必ず自分の将来像については考えてみてください。

30代、40代、50代、どうなって行きたいのか。そうなる為にはどうすればいいのか。

多くの人は、将来のことを考えず、現時点で楽なほうに、楽なほうにと動いてしまいます。

そして、手遅れになってようやく初めて気づき、後悔するのです。

将来をイメージすることで、自分の中で目標が明確になり、行動を起こすきっかけになります。

ポジティブに捉える

何かを変えるということは、やはり勇気のいることであり、ついネガティブに考えてしまいがちです。

その為、変わるチャンスがあっても、ネガティブな考えが先行してしまい、現状維持の方向に流れてしまいます。

ですから、意識的にポジティブに捉えるようにすることも必要なことです。

もちろん、失敗に終わってしまう可能性はあります。

ただ、その失敗に恐れるあまり、もっと大きな取り返しのつかない失敗をしてしまうこともあることを忘れてはいけません。

一度くらい大きなチャレンジをしてみよう

毎日変わらない日々を過ごすのは楽なことかもしれません。

でも長い会社生活、一度くらいは大きなチャレンジをしてみたらどうでしょうか。

やって後悔するか、やらずに後悔するかではなく、やって成功させるのがベスト。

十分に成功することは可能なのです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:毎日残業で終電帰りばかり。その仕事で働き続けて大丈夫?

関連:こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない



このページの先頭へ