転職適齢期はどれくらい?必ずしも20代後半が有利なわけではないので注意しよう。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職適齢期はどれくらい?必ずしも20代後半が有利なわけではないので注意しよう。

転職における適齢期はいつなのか、これから転職を考えている人にとっては気になる部分ではないでしょうか。

年齢が高くなると転職活動をしたところで内定は貰えない、新卒で入社したばかりでは若すぎてだめだ、なんていう風に考えてしまい転職を諦めてしまう人もいるかと思います。

確かに転職するにあたり年齢は無関係なものではなく、適齢期ほど求人の選択肢は増え年収アップのチャンスも増えます。

ただその適齢期というのは、実は人によって様々であることをご存知でしょうか。

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

関連:35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

転職に適齢期はある?

転職において年齢は一つの指標。実際「転職35歳限界説」なんていう言葉もあり、年齢が高くなるにつれて転職は困難なものになるとされています。

ただ中には40代を超えてから初めて転職をして。年収を大幅アップさせたという人がいるのもまた事実。では適齢期って一体何なんでしょうか。

一般的には20代後半から30代前半

転職において適齢期とされているのは20代後半から30代前半であるとされていることが最も多いです。

社会人になってから数年たち、経験も増えて能力も高くなっているので即戦力として期待できる世代です。

さらに今後の成長という部分にも期待ができるというのも大きい部分です。

この年代で転職した人は転職で年収アップした人も多いですし、転職先も早く決まる傾向にあります。

あくまで需要が多いだけ

一般的な転職適齢期とされている20代後半から30代前半の特徴を挙げると以下の通り。

  • 実務経験がそれなりにあり即戦力として期待
  • 今後の成長が期待できる
  • 環境にも適応しやすい

まあこれだけ見ると、この年代が適齢期と言われているのもまあわかりますよね。

ただ企業によっては中途採用で求めている人材がこの特徴を持った人達ばかりではないんです。

仕事の豊富な経験なんて必要ないからとにかく若い人がいい、その仕事での経験は必要ないけど他職種で数年働いてきた人がいい、管理職を経験しているミドル層がいい、数年程度では身につかない専門的なスキルを有している人の方がいい、そんなことを考えて求人を出している企業も実は多々あり、そういった企業を20代後半から30代前半の人が応募したとしても内定を貰うことはできないでしょう。

結局のところ20代後半から30代前半が適齢期とされているのは、企業がだしている求人の中でその世代を対象としているものが多いだけのことであって、全員に、全求人に当てはまるものではないんです。

求人の年齢制限

基本的に求人広告に年齢を掲載することは法律にて禁止されています。(雇用対策法10条)

ただしそれにも例外があり、例えば「長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等(おおむね40歳未満、特に35歳未満の若年者)を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合」に関しては年齢制限を設けることが認められています。

そして多くの企業の求人広告で30歳以下、35歳未満という風に年齢制限を課しています。

ただその年齢制限はまちまち。

入社3年未満の人を対象とした第二新卒者をターゲットとしている場合は25歳以下という年齢制限を課している場合が多いですね。

また例えば管理職としての豊富な経験がある人を採用したいと考えている企業では求人広告において年齢制限を課すことはしませんが、もし20代の人が応募してきたとしても書類選考で不採用としてしまうので実質年齢制限があることには変わりません。

まあそういった求人はほとんどは転職エージェント経由で応募することになるので、そもそも対象外として求人を紹介して貰うことができずに応募することが不可能ですが。

転職の目的によって適齢期は大きく異なる

結局のところ、どういった転職をしたいかによって転職の適齢期というのは変わってきます。

20代前半だからこそしやすい転職、20代後半から30代前半だからこそしやすい転職、30代後半や40代だからこそしやすい転職というものがあって、自分がどういう転職をしたいかによって適齢期なのかどうかは違うのです。

その為、転職を先延ばしすることがむしろ不利益になってしまうこともあれば、逆にもう少し転職を先延ばししたほうがメリットがある場合もあって、転職のタイミングの良し悪しというのは一概に一つの答えがあるわけではないのです。

それぞれの年代によって強みは違う

結局のところそれぞれの年代によって強みは違って、その強みを生かした転職をすることができれば転職はしやすいし、その強みを生かすことができない転職をしようとすれば転職の難易度は上がってしまうもの。

全体的に見て適齢期かどうかを考えるのではなく、自分がどういった転職をしたいのかということを考えることがまず第一です。

20代前半の強み

20代前半の強みはその若さ。これによって未経験職への転職は他の年代に比べてしやすい傾向にあります。

特に第二新卒として転職する場合は、未経験職への転職が一般的であり、希望の仕事に就くことができなかったという人にとってはチャンス。

以前までは3年待たずに辞めるという人に対して批判的なことを言われていましたが、最近はそういうこともなく就職市場でも人気のある大手企業も採用を増やしている傾向にあり、求められるのは仕事での経験ではなくポテンシャルの高さです。

一方でこれまでの仕事での経験、能力を生かしてキャリアアップの転職をするというのは少々難しい傾向があります。

自分としては高い能力があると自負していたとしても、企業側にとってみると経験不足、能力不足と見られてしまう場合がほとんど。即戦力として働くことができる人を採用したいと考えている企業にとってみれば、採用するに該当しないでしょう。

20代後半、30代前半の強み

20代後半、30代前半の強みは即戦力になりうる能力とそれを裏付ける経験があること、そしてまだまだ企業にとっては若手としてみなすことができること。

今後も長い目で重要な戦力として会社を支える存在になってくれるという期待を持つことができ、求人としても最も多くなっています。

それまでの仕事の経験を活かしながら、さらに新しいことに挑戦していくような転職をするのであれば、最もやりやすい年齢だと言えます。

一方で全くの未経験職に転職しようと思うと、20代前半に比べると難しくなってしまうでしょう。

求人によっては30歳未満という年齢制限を課している場合もあり、30代前半だと応募すらできない求人もちらほらでてきます。

30代後半、40代の強み

30代後半、40代の強みは豊富な経験をしてきたからこそのその下の年代にはないく卓越したスキルや、管理職として人をまとめ上げてきたという経験。

その経験をピンポイントで生かせる仕事への転職であれば、下の世代に比べて転職はしやすいですし、キャリアアップや大幅年収アップも期待することは十分にできます。

高いレベルで即戦力としてあることを求められる為、かなりマッチングが重要視されるので20代に比べれば選択肢は少なくなってしまうし求められる能力も高いので転職はしにくいのは確か。ただマッチした求人を見つけることができれば、40代だろうと大いにチャンスはあるんです。

ただ一方で能力を生かせない転職、そもそも年齢相応の能力を持っていないと判断されてしまう中での転職となると難しくなってしまいます。

最も顕著なのが未経験職への転職。また一から仕事を覚えていく場合、やはり若い世代を求めている企業が大半です。

いつ転職すべきなのかは自分の希望と照らし合わせて考えよう

もしあなたが現在20代前半で、今の仕事でキャリアアップして行きたいと考えているなら今の仕事をもう少し続けていったほうが良いかもしれません。

逆に仕事自体をまるっきり変えたいと考えているのであれば、さっさと転職活動を始めたほうが良いかもしれません。

世間で言われている一般的な適齢期にまどわされるのではなく、自分がしたい転職がどういったものか、自分はどんなキャリアプランを思い描いているのかということから自分なりに転職するタイミングを考えてみてください。

なお転職サイト、転職エージェントもターゲット層が異なるので自分に合ったものを使ってみるといいでしょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

今は多くの企業で人手不足となっており、どの年代であっても転職はとてもしやすい状況。せっかくの転職チャンスをぜひ逃さないようにしていきましょう。



このページの先頭へ