低収入で困っている人はとにかく収入アップの努力を。転職を意識しながらあなたがすべきこと。

低収入で困っている人はとにかく収入アップの努力を。転職を意識しながらあなたがすべきこと。

給料が少なくて生活が厳しい。そんな風に感じている人は決して少なくないでしょう。

低所得層と言われている年収300万円以下の人が占める割合はおよそ40%、年収200万円以下の人だと23%となっています。

ま年収300万円だと手取り20万円程度。独身であればまだ大丈夫ですが家族がいれば相当厳しいでしょう。

ただ低収入であることをただ愚痴ったりしているだけでは解決するわけではありません。

将来のことも踏まえ、収入アップに向けて努力していく必要があります。

関連:手取り30万円以上の仕事に転職することは可能か。昇給で実現する可能性は?

関連:手取り18万円は普通?少ない?転職するかどうかの判断は仕事への満足度から考えてみよう

低収入であることから脱却する為には

低収入であることから脱却したいと考えた場合、何もしなければ当然何も変わらない場合がほとんどです。

会社によっては将来の希望すらない

20代前半であれば年収300万円であっても別におかしなことでも特別なことでもありませんが、20代後半、30代になっても昇給がほとんどなく20代前半の頃と給料が変わらないようであれば要注意。

会社によってはどれだけ勤続年数が長くなろうが、年齢が高くなろうが、貢献度が高くなろうが給料は雀の涙ほどしか上がらずにいつまでも低収入のままである場合も少なくありません。

給料は能力に比例するものではありません。会社によって決まってしまうものです。

そういった会社に所属している以上は滅多なことがないかぎり低収入の現状から抜け出すことはできません。

残業では解決にならない

生活のために残業を行う「生活残業」。残業代をしっかり出してくれる会社に勤めている人ならしたことがあるという人はいるかもしれません。

残業をすれば一応はその月の給料が増えます。30時間もやれば数万円にはなるでしょう。

ただ、残業代で生活費を補うのは非常に危険なことであり一切の解決には至っていないことに気づいてください。

残業はいつまでもその時間ができるわけではありません。不景気、経営悪化、企業の経営対策などで残業ができなくなってしまう可能性というのはいつでもはらんでいます。

残業で長い時間働くというのは、収入アップの為の努力にはなっていないということに気づきましょう。

転職に向けた努力をする

結局のところ収入をアップし低所得者層から脱却するには会社を変えるしかありません。

収入アップの為の努力というのは、仕事を変えることを意識して行うべきものです。一時的なわずかな収入の為に残業をしたり、出世したところで収入はたいして上がらないのに自分の生活を犠牲にして会社に貢献し続けたところで低収入から脱却できることはないでしょう。

仕事を変える為には他の会社でも通用するようなスキルを磨きながら実践経験を増やす、具体的に転職活動を始めてみるといったことが挙げられます。

ゴールが年収アップ、手段が転職と考えた時に自分にとって何が足りないのかをよく考えてみましょう。

転職による収入アップの実情

現在、転職によって年収アップを実現できる人はかなりいます。中には300万円以上も年収アップできたという実例もあるくらいです。

実際、転職を1度も経験したことがない人と転職を1度経験したことがある人では後者のほうが平均年収は高いというデータもあり、転職すると年収は下がるというイメージは完全に間違ったイメージです。

特に近年は多くの企業で人手不足が顕著となっている為に超売り手市場となっており、好条件を提示してでも人を集めようとしている企業がかなり増えている為、転職のしやすさと条件アップは非常にしやすい状態になっています。

低収入から脱却する為にすべきこと

ではここからは低収入から脱却する為にすべきことを紹介していくことにしましょう。

自分の市場価値を知る

とにもかくにもまずは自分が転職市場においてどれほどの価値があるかを知ることから始めなくてはなりません。現状が年収200万円だからと言ってそれが自分自身の市場価値ではありません。実はもっと高い場合も大いにありえます。

その為にもまずは転職活動を始めることが重要。ただ会社で働いているだけではなかなか知る機会はありません。

もしかしたらすでに市場価値は高く単に転職するだけで年収をアップすることができるなんて場合もあり、そのことに気づくことができることだけでも十分。

もしすぐに年収アップが厳しいと感じたら次のステップに進みましょう。

どうすれば収入を増やすことができるか考える

今すぐ転職しても収入アップが難しいと考えた場合、どうすれば収入アップすることができるのかを考えてみましょう。

業界を変えてみたほうがいいのか、職種を変えてみたほうがいいのか、今の仕事を続けスキルを身につけてから転職したほうがいいのか、人によって答えは違うと思います。

収入を考えた時には目の前のことだけではなく将来的なことも考えておかなくてはなりません。

今すぐには無理であってもスキルを身につける、実績を積み上げることによってステップアップしていくという方法もありますから、「自分には無理だ」と諦めて何もしないのではなく、自分なりに道筋をたててください。

足りないものを補っていく

自分なりに道筋をたてたならば後は足りないものを補っていく努力をしていくだけ。

今の仕事を続ける場合には身につけるべき能力、積み上げていく実績を増やしていき、すぐに転職が必要と考えるなら先延ばしせずにすぐに行動する。これが必要です。

愚痴を言っているだけでは何も変わらない

会社に淡い期待をしながらそれが実現しないから愚痴を言い続けたところで、結局何も変わることはありません。

まずは自分ができることからはじめてみましょう。転職活動もその一つです。

現在は転職サイトや転職エージェントもかなり充実している為、そこまで苦労することなく転職活動を進めることが可能となっていますから、仕事をしながらであっても十分に行うことが可能となっています。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:給料は上がらないから辞めるのはいい判断かも。年収なんて会社次第だから転職しかない

関連:正社員なのに手取り13万円、年収200万円では生活は苦しい。早めに転職したほうが絶対良い。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ