正社員なのに手取り10万円という低すぎる給料で働いているならさっさと転職しよう

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

正社員なのに手取り10万円という低すぎる給料で働いているならさっさと転職しよう

正社員なのに手取り10万円。

普通ならあり得ないと思う人が多いかもしれませんが、少なからずそれくらい安い給料で働かせられている人もいるのが現実。

ただフルタイムで働いていてさすがにこの給料は異常。低すぎます。

現在は人手不足となっている企業も多く売り手市場になっていますから、即転職するべきです。

関連:昇給しない会社は辞めるべき?昇給しない理由や転職した方が良い場合

関連:転職したいけど貯金がない。お金がない中で転職するには?

正社員で手取り10万円はさすがに低い

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、労働者の平均年収は421万6千円。正社員に限ると486万9千円になっています。

そして1ヶ月あたりの賃金は厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると30万4千円。

最も平均賃金が低い20代前半でも男性で21万円、女性で20万3千円。平均年収は258万円です。

手取り10万円ということは社会保険や税金が引かれる前の総支給額は12~13万円。

ボーナスがなければ150万円程度で、あったとしても200万円に及びませんから、平均からはかなり低い給料であることがわかります。

正社員としてフルタイムで働きながら手取り10万円というのはさすがに異常なことなのです。

それこそ派遣社員やアルバイトでも給料はもっと高いです。

時給1000円で働いたとしても総支給額は17万円、手取り14万円。時給1500円なら総支給額は25万円、手取り21万円程度。

ボーナスがないとしても非正規社員として働いた方がよっぽどましです。

最低賃金以下になっている場合も

手取り10万円しかない時点、そもそも最低賃金以下になっている場合もあります。

現在の最低賃金は全国平均で848円。

正社員として1日8時間、月20日働くと月収は135,680円。社会保険料等引かれると11万円程度。

東京では958円となっており月収は158,280円。社会保険料等を引かれると13万円程度。

一番低い地域なら737円なので手取り10万円もありえますが、高い地域ならば1日の労働時間が短いか休みが多くなければ、最低賃金を下回っている場合もでてくるのです。

時給制ではない正社員であってもこの最低賃金は守らなくてはいけないもの。

これは最低賃金法で決められていることであり、守らなければ50万円以下の罰金になる違法行為です。

引かれるものが多い場合について

人によっては総支給額は15万円程度あるけれど、色々と引かれてしまって手取り10万円程度になっているという人もいるかもしれません。

手取りは基本的に総支給額から健康保険や厚生年金等の社会保険、と所得税や住民税の税金を引かれたものを指します。

ただ会社によってはそこからさらに色々と引かれて実際に振り込まれる額がもっと少なくなることは少なくありません。

もしその引かれているものが、寮費、社宅費、財形貯蓄、団体保険といったものであるならば特別問題は無し。財形貯蓄は貯金ですし、他も自分にとってメリットがあるものですから。

ただそれ以外に勝手に天引きされているものがある場合は注意が必要。

親睦会費や研修費用等は労働者の同意なしで勝手に天引きされることが許されていませんし、仕事のミス等による罰金や損害賠償は点鼻委されること自体を許されていません。

手取り10万円しか給料を出さない会社は他にも問題あり

正社員で手取り10万円というのはさすがに少なすぎる金額であり、そんなことを行っている会社は他にも問題がある場合がほとんどです。

まず昇給は当然無し。

残業があっても当然サービス残業。有給休暇はほとんどとれない。ボーナスも退職金もないし、そもそも会社自体が長期的に続くとも考えられない。

あらゆる面で他の会社よりも劣っている場合が多いでしょう。

そんな会社でこの先も働き続ける理由、はっきり言って全くありません。

今すぐに転職を。給料は増える。

ではどうすれば良いのか。すべきことは今すぐ転職することです。

現在は人手不足でかなりの売り手市場。今よりもっとまともな会社に転職することは十分可能です。

手取り10万円なんてそもそも正社員ではあまりに低すぎる異常な給料。

4、5万円をアップさせることは決して難しいことではないし、上手く行けば10万円以上、ボーナスも含めれば年収で200万円アップさせることができる可能性だってありえます。

今の会社でこの先も働き続けるメリットは全くありません。すぐに転職活動を始めてください。

不景気になり身動きがとれなくなる前に、行動を起こしましょう。

転職活動では転職サイトや転職エージェントを利用することをおすすめします。

特に転職エージェントは転職活動全般のサポートを無料で行ってくれるのでおすすめです。

転職エージェントは何となく敷居が高いように感じてしまっている人もいるようですがそんなことはありません。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ