仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

あなたは仕事が楽しいですか?それとも仕事が楽しくないですか?

人生において、仕事に費やす時間は非常に多いものです。

できることなら、「仕事が楽しくない」と思って毎日を過ごすよりも、「仕事が楽しい」と思って毎日過ごしたほうがいいですよね。

では、「仕事が楽しい」と思っている人と、「仕事が楽しくない」と思っている人にはどのような違いがあるのでしょうか。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:仕事を頑張りたいのに頑張れない時にすべきことは?

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。

スポンサーリンク

楽しい仕事はなくても、仕事が楽しいと感じている人はいる

仕事が楽しくないと思っている人にとって、楽しい仕事なんてないだろうと思っているかもしれません。

それはその通りで、そもそも楽しい仕事なんてなかなかありません

仕事をする限り、納期に追われることもあれば、失敗して怒られることもある。

面倒でつまらない仕事をしなければいけないことだってあります。

仕事ってそういうものです。

ただ、そんな仕事であっても仕事が楽しいと思っている人もいるのは確かです。

楽しい仕事はないかもしれませんが、そんな仕事であっても必ずしも仕事が楽しくないと感じるわけではないのです。

ただ、それは仕事に限らず、スポーツでも同じことが言えます。

日々の練習はきつく、決して楽しくないものかもしれません。しかし、結局は楽しいと思えるからこそ続けている人がほとんどです。

では、なぜ仕事では同じ状況であっても楽しくないと感じてしまうのでしょうか。

仕事が楽しい、楽しくないと思う原因は?

「仕事が楽しい」、「仕事が楽しくない」はどのような違いから生まれるのでしょうか。。

これには様々な理由があります。

仕事の内容によるもの。

職場の環境によるもの。

待遇によるもの。

自信の能力によるもの。

ほとんどの事が満たされていたとしても、たった一つの理由によって仕事が楽しいものから、楽しくないものに変わってしまうこともあります。

では、それぞれの場合について考えてみましょう。

仕事の種類によるもの

仕事が楽しいと思える人、楽しくないと思ってしまう人の大きな違いは、その人が就いている仕事の内容による部分が大きいです。

例えば、以下の場合に分けることができます。

  • 念願の仕事に就くことができ、仕事が楽しいと思う
  • 念願の仕事に就くことができたものの、思っていたものと違い、仕事が楽しくない
  • 念願の仕事ではなかったものの、やってみたら意外に仕事が楽しい
  • 念願の仕事ではなく、仕事が楽しくない

昔からの夢であったり、自分がやりたいと思っていた仕事に就くことができれば、それは素晴らしいことです。

しかし、現実はそう上手くいきません。

自分がやりたいと思っていた仕事に就ける人なんて、少数派であり、多くの人がそうではないです。

しかも、たとえやりたいと思っていた仕事に就いたとしても、実際にやってみると楽しくなかったなんてこともよくあります。

社会人の人はよくわかると思いますが、毎日の仕事は書類作成や会議などでかなりの時間を使うことになります。

また、上位の指示で、自分が思ったようになんてできないことがほとんどです。

クリエイティブな仕事をしたいと思って入ったものの、実際にはほとんどが雑務で、仕事自体も上司の指示通りでしかできないということも多数ありますよね。

その結果、仕事が楽しくないと思うようになってしまう結果となってしまうことがよくあります。

一方で、やりたい仕事にはつけなかったけれど、実際に働いてみて楽しいと思うことができる人がいます。

就職時点では、何をやるかよくわからない仕事がたくさんありますし、学生は会社の環境もよくわからないものです。

実は自分が楽しいと思える仕事であっても、そもそも知らなかっただけで、実際にやってみたら意外に楽しいことはよくあります。

しかし、やりたいと思っていた仕事が、その人にとってどうしてもやりたいと強い思いを持っていれば思っているほど、他の仕事がどうしても楽しいと思うことができない場合もあるでしょう。

職場の環境

仕事自体は楽しいとしても、職場の環境が悪いと、結果的に仕事が楽しくないと思ってしまうこともよくあります。

人間関係が上手くいかない。パワハラが横行している。

これでは、楽しかった仕事も楽しくなくなり、会社に行きたくないと思うのも当然です。

良い職場で働くということは非常に大切なことです。

良い上司に恵まれて、良い同僚に恵まれることで、仕事に対する感じ方は本当に大きく変わります。

待遇

毎月の給料、ボーナス、残業時間といった待遇もまた、仕事が楽しいものになるか、楽しくないものになるか変わってきます。

たとえ給料が低くてもいい、よる遅くまで働かなきゃならないけれどそんなことは気にしない。そう思えるほどに仕事が楽しいと思うことができらば、それは素晴らしいことです。

しかし、その次元まで仕事に対する考え引き上げることはかなり難しいこと。

給料は高い方がいいし、プライベートの時間も大切にしたい。そう思うのは当たり前のことです。

ワークライフバランスは仕事自体を楽しむ為にも必要なことです。

労働の対価としても貰う給料は、モチベーションアップにも繋がり仕事を頑張ろうという気になります。

それによって仕事が楽しいと思えることに繋がります。

これが原因の場合、転職することが基本的な対策になってくるでしょう。

自身の能力

適材適所ということがあるように、人には向き不向きがあります。

やりたいと思っていても不向きな仕事で、能力を発揮できないと、良い結果をだせず、仕事が楽しくないと思ってしまうこともあります。

また、適材適所以前に、仕事ができないと結果はだせないし、上司には怒られる。

これでは、仕事が楽しくないと思うのも仕方のないことです。

仕事を楽しいと思うことに大切な要素として、成功体験というのは欠かせません。

能力がないことで、成功体験を感じることができないままにいると、仕事が楽しくないものになってしまうのは仕方のないことです。

関連:仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

スポンサーリンク

仕事を楽しいものにする為には

では、仕事を楽しいものにする為にはどうすればいいのでしょうか。

仕事が楽しいものにする為の方法を紹介しましょう

先入観を持たない

この仕事は楽しくないと、やる以前から先入観を持ってはいけません。

やりたいことと違う仕事であるあまり、仕事が楽しくないと決めつけてしまっては、その仕事は絶対に楽しくないと思うようになってしまいます。

希望の仕事に就くことができるのが最善ですが、そうならなかった場合、楽しくないと決めつけずにその仕事の楽しい点を探してみてくさダサい。

実際、やってみて楽しいということはやまほどあります。

そもそも、趣味なんかもたまたまやってみたら楽しくてはまったなんてことも多いはずです。

結果を出し、成功体験をつくる

やりたくない、楽しくないと思うとどうしてもモチベーションが保てずに怠けがちになります。

これではもちろん結果wだすおとはできません。

結果がだせないと、余計仕事が楽しくないと思ってしまいます。

まずは、とにかく結果をだすことに全力になってみてください。

成功体験は、楽しさにつながっていきます。

良い人間関係をつくる

確かに自分の力だけではどうにかならない場合もありますが、実は自分のせいであることもあります。

特に、仕事が楽しくないと思って日々を過ごすと、その感情は周囲にも伝わり、周囲に嫌悪感を与えてしまうこともしばしば。

コミュニケーションをよくとり、まずは自分から良い人間関係をつくることを心がけてみましょう

確かに、人間関係を上手く築くというのは大変なことですし、苦手だと思っている人もいるかもしれませんが、努力はしましょう。

もし、現在の環境でどうにもならないのであれば、転職するなり、異動希望をだすなり環境を変えることも必要なことです。

考え、工夫ながら仕事する

単純作業はどうしても楽しくないものです。

単純作業にしない工夫が必要です。

どんな仕事でも効率化の為にマニュアル化されており、たいして考えなくても仕事ができてしまうこともよくあります。

その流れにそってただやっているだけでは楽しくもなりません。

そうではなく、日頃から考えて仕事をしてみてください。

マニュアル化されていても、どこか改善できる点はないか、問題点はないかなど、考えることはたくさんあるはずです。

こうすることにより、単純作業でなくなるだけでなく、

仕事ができると認められるようにもなります。

ライバルをつくる

競争相手をつくることは大事なことです。同期でもいいです。少し上の先輩でもいいです。

あの人には負けない!と思える人をつくってみてください。

そうすることで、自然と仕事に夢中になれます。

仕事に真剣に向き合わない限り、仕事が楽しいと思うことはできません。

成長を確認する

自分は1年前からどれくらい成長しただろうと考えてみてください。

また、今の仕事をすること自分はどれくらい成長できるだろうかということを考えてみてください。

自分の成長を感じれることは、喜ばしいことであり、モチベーションにつながっていきます。

環境を変える

どうしてもやりたい仕事がある、今の職場は労働条件が悪すぎる、上司からパワハラ受けている。

そういった状況に置かれている場合、いくら自分の考え方を変えても、仕事が楽しいとは思うことはできません。

ですから、まず環境を変えることを第一に考えてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

スポンサーリンク

あなたにとって大事なことは?

仕事が楽しい人、楽しくない人の違いや、楽しむための方法を紹介しました。

しかし、どうしても仕事が楽しいと思えないこともあるでしょう。

そんな時、まずあなたの望んでいるものについて、優先順位づけをしてみてください。

仕事の内容なのか、職場の環境なのか、待遇なのか。

他にもプライドなのか、名声なのか。

あなたの望んでいることが達成できる為の行動をしましょう。

関連:休みが多い仕事、業界は何?やっぱり休みは多いほうがいい

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

関連:仕事のモチベーションの上げ方や維持方法、ただ働くだけでは下がるだけ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ