単身赴任で家族と離れて仕事をするのが辛いなら転職したっていい。自分と家族にとってベストな選択を

単身赴任で家族と離れて仕事をするのが辛いなら転職したっていい。自分と家族にとってベストな選択を

支社、支店への転勤や子会社、関連会社への転勤など、勤務地が遠い地に変わることは会社員なら珍しいことではありません。

海外展開している会社であれば、3年から5年のスパンで海外で働くことになる場合もあるでしょう。

そうなった時、家族も一緒に引っ越すことができれば良いのですが、そうも行かない場合もありますよね。

子供が大きく学校を変えたくない、妻の仕事がある、家を買ったばかり。そういった理由から家族揃って引っ越すことができず、やむを得ず単身赴任をせざるを得ない状況になってしまうこともあるでしょう。

ただこの単身赴任、自分自身にとっても残った家族にとっても想像以上に辛いもの。それ故に辞めた方がいいのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

関連:転勤の実態と嫌だから仕事を辞める場合に後悔しない転職をする為の注意点

関連:転職を決意した理由や瞬間、転職するか迷う理由

断れない単身赴任。嫌なら転職するしかない。

会社から命じられた転勤。基本的に断れることはできずその命令に従うしかありません。

断れるのは家族が障害、病気を抱えていて自分が介護をしなくてはならない場合などのやむを得ない場合のみ。

家族が仕事をしているから、子供の学校を変えたくないからといった理由で断ることはできず、単身赴任をせざるを得なくなってしまいます。

ですのでもし単身赴任を避けようと思えば、会社を辞めて引っ越さなくてすむ会社に転職するしかないのが現実。

実際、これを理由に転職を決意する人は少なくありません。

単身赴任で辛いことが多い

単身赴任は実際やってみると辛いことが多いですよね。

家族と離れて暮らす寂しさ

まず辛いのは家族と離れて暮らすこと。

最初は自由気ままにできると思っていても、その自由を喜べるのは最初だけ。

家に帰っても一人。家族に会えず、子供の成長を見守ることもできない。

一緒に暮らしていたことに慣れていると一人暮らしの孤独さは本当に辛いんですよね。

しかも家族だけではなく親しい友人も周りにはいないので、より一層寂しさは増してしまいます。

休日の負担は大きくなる

単身赴任をしている人の中には、休日に家族の元に帰るという人もたくさんいると思います。

多い人は毎週、そこまで行かなくても1ヶ月に2回程度帰り、家族と過ごします。

ただ少ない休みに長距離移動するのは決して楽なことではありませんよね。体力的にかなり疲れます。

ただでさえ仕事で疲れているのに休日も体力を消耗してしまうので、疲れがたまってしまっている人は少なくないでしょう。

金銭的な負担が大きくなる

単身赴任は金銭的にも大変。

2重生活で家賃、生活費は増えるし、帰省の頻度が多いと交通費もかなり高額になってしまいます。

会社によっては単身赴任手当、帰省費、住宅補助が支給されますが、増えた出費の方が多い人が多いのではないでしょうか。

ざっと見積もっても一人分の家賃、生活費は10万~15万程度。それに対し単身赴任手当は平均4万円程度しかありませんからね。

ただでさえ家族と一緒に過ごせないというデメリットがあるのに金銭的にも苦しくなるという2重の大変さがあるのが単身赴任なのです。

家族にとっても負担は大きい

負担が増えるのは単身赴任している本人だけではありませんよね。むしろ家族の方が負担は大きいかもしれません。

家族だって寂しいし、子供が小さい時に単身赴任されてしまうと一人で育児をすることになって負担は増え、不安も大きくなります。

自分と家族にとってベストな選択を

数か月程度ならまあ我慢することもできるかもしれませんが、単身赴任の期間は数年となるのが当たり前。人によっては10年以上にもなってしまうこともあります。

そしてその長い単身赴任生活によって、家族が崩壊してしまうこともあります。

もちろん転職することがベストな選択であるとは限りません。

単身赴任の間も家族仲良く協力しあって過ごすことができる人ももちろんいるし、転職して大幅に年収が下がって生活が苦しくなったり、やりがいのない仕事に就いてしまうと単身赴任した方が良かったと思ってしまうこともあるでしょう。

ただここ最近は人手不足を背景に転職市場がかなりの売り手市場。しっかり転職活動を行えば、転職を成功させる可能性は十分にあります。

仕事も家族との生活もどちらも大切なもの。

ぜひ自分と家族にとって、何がベストなのかを考えてみてください。

転職活動に向けて

転職活動を進める場合、転職サイト、転職エージェントの利用をおすすめします。

かなりメリットが大きいのでぜひ活用してください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ