仕事を楽しむ方法、辞める前に知っておこう

仕事を楽しむ方法、辞める前に知っておこう

仕事がつまらないから辞めたい。もっと楽しい仕事がしたい。

1日の大半を費やす仕事ですから、そう思うのは当然のことです。

しかし、楽しい仕事をする為には、自らが仕事を楽しむことも必要となります。

そこで、今回は仕事を楽しむ方法を紹介します。

関連:仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

関連:楽な仕事と楽しい仕事。あなたはどちらを選びますか。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

仕事を楽しむ方法

仕事を楽しむには、環境面、意識面で充実させていく必要があります。

仕事を楽しむ方法①、環境面

まず、仕事を楽しむ為に、環境面は非常に大切な要素となります。

仕事をする環境が悪ければ、どれほど仕事内容が自分にあっていると思っていても、仕事が苦痛でしかなくなるでしょう。

人間関係は非常に大切

会社で働く以上、自分一人で仕事をすることは少なく、上司や同僚といった人と関わっていかなければなりません。

だからこそ、仕事を楽しむには、人間関係が上手くいっていることが大前提として必要となります。

仕事以外の時間は必要

仕事を楽しむ為に、仕事以外の時間は非常に大切になります。

どれだけやりがいのある仕事、自分の興味ある仕事であっても、残業が多く、労働時間が長くなっていくと仕事を楽しむことはできなくなります。

楽しい仕事なら労働時間が長くても大丈夫だと思っていても、いざやってみると、労働時間が長いことが苦痛で、仕事を楽しむどころではなくなってしまいます。

仕事ができないと苦痛

仕事ができないと、仕事は苦痛なものになります。

少なくとも、年齢に応じて求められるレベルの仕事はできなくてはなりません。

自分がやりたいと思っている仕事よりも、自分が得意なことを仕事にするほうが、仕事を楽しむことができることは多いです。

対価は重要

仕事ですから、対価としてお金を貰うことは当然のことです。

その対価が低ければ、当然モチベーションは低くなってしまいます。

また、給料をしっかり貰うことができれば、仕事以外の面も充実する為、仕事を楽しむことにつながります。

仕事を楽しむ方法①、意識面

仕事を楽しむ為には、仕事内容や労働環境だけでなく、自分の意識も非常に大切な要素となります。

仕事として割り切る

あくまで仕事ですから、仕事として割り切ることは必要です。

仕事にに対して、例えば旅行やゲームといった趣味のものと楽しさを比較してはいけません。

仕事ですから、時には大変なこと、厳しいこともあります。

ですから、仕事というくくりの中で楽しむ必要があります。

目標をつくる

仕事を楽しむ為には、目標をつくることが大切です。

目標にもいろいろあり、長期的に考える大きな目標、1ヶ月、1日といった単位で考える小さな目標があります。

どちらの目標も持つことが大切です。

大きな目標を目指して、日々小さな目標を達成していく。

達成できたことへの喜びや、達成できなかった時の反省によって自分の成長を感じられることによって、仕事を楽しむことにつながります。

能動的になってみる

仕事をしていると、どうしても上司、先輩から指示されて仕事を行うことが多くなります。

そして、その仕事で忙しくなってしまい、他には何もできないという人が多いのではないでしょうか。

しかし、指示された仕事を行うのは、受動的に仕事をすることであり、こればかりだと、仕事がつまらなくなってしまいます。

時には、忙しくても自分から仕事を考え実行するという能動的な仕事の取組みが必要です。:

忙しくなるから余計大変だと思うかもしれませんが、自分から作った仕事は意外と楽しいものです。

もちろんそれによって労働時間が長くなってしまうことは避ける必要がありますが。

チームプレーを増やす

仕事は一人ではできません。

多くの場合チームとして仕事をすることになるでしょう。

しかし、チームで行うとはいっても、分担された仕事を各個人が一人ひとり行っていくことが多いでしょう。

ただ、どうしても一人で仕事を行っていると辛くなってくることが多いです。

そこで、あえてチームとしてする仕事を増やしてみてください。

例えば、誰かの仕事を手伝ったり、その分、自分の仕事を手伝ってもらったり。

スポンサーリンク

最後に

なかなか仕事を楽しむということは難しいです。

しかし、これらのことを知らなければ、いつまでも仕事を楽しむことができずに、会社に行くことは辛いことであるとなってしまいます。

一度、仕事がつまらないと思ってしまうと、そこから楽しむことはなかなかできません。

ですから、仕事を辞めるのは仕方のないことです。

しかし、何も考えずに辞めてしまうと、また次の会社でも同じような考え方を持ってしまいます。

もちろん、仕事内容は大切です。

しかし、仕事選びの際はこれまで紹介したことも意識してみてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:適材適所とは?それは仕事にとても大切なもの

関連:仕事を頑張りたいのに頑張れない時にすべきことは?

関連:仕事は上手くサボろう。でもサボりがばれないように要注意

スポンサーリンク



このページの先頭へ