仕事を楽しむ方法、辞める前に知っておこう

仕事を楽しむ方法、辞める前に知っておこう

仕事がつまらないから辞めたい。もっと楽しい仕事がしたい。

1日の大半を費やす仕事ですから、そう思うのは当然のことです。

しかし、楽しい仕事をする為には、自らが仕事を楽しむことも必要となります。

そこで、今回は仕事を楽しむ方法を紹介します。

関連:仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

関連:楽な仕事と楽しい仕事。あなたはどちらを選びますか。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

仕事を楽しむ方法

仕事を楽しむには、環境面、意識面で充実させていく必要があります。

仕事を楽しむ方法①、環境面

まず、仕事を楽しむ為に、環境面は非常に大切な要素となります。

仕事をする環境が悪ければ、どれほど仕事内容が自分にあっていると思っていても、仕事が苦痛でしかなくなるでしょう。

人間関係は非常に大切

会社で働く以上、自分一人で仕事をすることは少なく、上司や同僚といった人と関わっていかなければなりません。

だからこそ、仕事を楽しむには、人間関係が上手くいっていることが大前提として必要となります。

仕事以外の時間は必要

仕事を楽しむ為に、仕事以外の時間は非常に大切になります。

どれだけやりがいのある仕事、自分の興味ある仕事であっても、残業が多く、労働時間が長くなっていくと仕事を楽しむことはできなくなります。

楽しい仕事なら労働時間が長くても大丈夫だと思っていても、いざやってみると、労働時間が長いことが苦痛で、仕事を楽しむどころではなくなってしまいます。

仕事ができないと苦痛

仕事ができないと、仕事は苦痛なものになります。

少なくとも、年齢に応じて求められるレベルの仕事はできなくてはなりません。

自分がやりたいと思っている仕事よりも、自分が得意なことを仕事にするほうが、仕事を楽しむことができることは多いです。

対価は重要

仕事ですから、対価としてお金を貰うことは当然のことです。

その対価が低ければ、当然モチベーションは低くなってしまいます。

また、給料をしっかり貰うことができれば、仕事以外の面も充実する為、仕事を楽しむことにつながります。

仕事を楽しむ方法①、意識面

仕事を楽しむ為には、仕事内容や労働環境だけでなく、自分の意識も非常に大切な要素となります。

仕事として割り切る

あくまで仕事ですから、仕事として割り切ることは必要です。

仕事にに対して、例えば旅行やゲームといった趣味のものと楽しさを比較してはいけません。

仕事ですから、時には大変なこと、厳しいこともあります。

ですから、仕事というくくりの中で楽しむ必要があります。

目標をつくる

仕事を楽しむ為には、目標をつくることが大切です。

目標にもいろいろあり、長期的に考える大きな目標、1ヶ月、1日といった単位で考える小さな目標があります。

どちらの目標も持つことが大切です。

大きな目標を目指して、日々小さな目標を達成していく。

達成できたことへの喜びや、達成できなかった時の反省によって自分の成長を感じられることによって、仕事を楽しむことにつながります。

能動的になってみる

仕事をしていると、どうしても上司、先輩から指示されて仕事を行うことが多くなります。

そして、その仕事で忙しくなってしまい、他には何もできないという人が多いのではないでしょうか。

しかし、指示された仕事を行うのは、受動的に仕事をすることであり、こればかりだと、仕事がつまらなくなってしまいます。

時には、忙しくても自分から仕事を考え実行するという能動的な仕事の取組みが必要です。:

忙しくなるから余計大変だと思うかもしれませんが、自分から作った仕事は意外と楽しいものです。

もちろんそれによって労働時間が長くなってしまうことは避ける必要がありますが。

チームプレーを増やす

仕事は一人ではできません。

多くの場合チームとして仕事をすることになるでしょう。

しかし、チームで行うとはいっても、分担された仕事を各個人が一人ひとり行っていくことが多いでしょう。

ただ、どうしても一人で仕事を行っていると辛くなってくることが多いです。

そこで、あえてチームとしてする仕事を増やしてみてください。

例えば、誰かの仕事を手伝ったり、その分、自分の仕事を手伝ってもらったり。

スポンサーリンク

最後に

なかなか仕事を楽しむということは難しいです。

しかし、これらのことを知らなければ、いつまでも仕事を楽しむことができずに、会社に行くことは辛いことであるとなってしまいます。

一度、仕事がつまらないと思ってしまうと、そこから楽しむことはなかなかできません。

ですから、仕事を辞めるのは仕方のないことです。

しかし、何も考えずに辞めてしまうと、また次の会社でも同じような考え方を持ってしまいます。

もちろん、仕事内容は大切です。

しかし、仕事選びの際はこれまで紹介したことも意識してみてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:適材適所とは?それは仕事にとても大切なもの

関連:仕事を頑張りたいのに頑張れない時にすべきことは?

関連:仕事は上手くサボろう。でもサボりがばれないように要注意

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ