離職率が高い業界、職種や離職率が高い理由や会社の特徴

離職率が高い業界、職種や離職率が高い理由や会社の特徴

就職、転職をする際、離職率が高い会社は危ないから辞めておこうと考える人も多いかと思います。

離職率が全てではありませんが、会社を選ぶ際の一つの指標としては非常に有効なものです。

離職率の値は、業界、職種によって傾向があります。

そこで、今回は離職率が高い業界や離職率が高い理由を紹介します。

関連:離職率が低い業界やその特徴。中にはブラック企業もあるかもしれないので要注意

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

関連:隠れ優良企業はどう見つければいい?転職を成功させるには企業選びが最重要

離職率の高い業界

高卒で3割、大卒で5割と言われている新卒3年以内の離職率。

ただ、離職率は、業界によって大きく異なります。

低い業界だと、離職率が1桁に満たない会社もある一方、5割以上の業界もあります。。

参考:厚労省「新規学卒者の離職状況に関する資料一覧

宿泊業、飲食業

ホテルや旅館といった宿泊業や、飲食店で接客等を行う飲食業の離職率は非常に高く、高卒者で66%、大卒者で53.2%となっています。

休日は少なく、労働時間も長いことが多く、また勤務時間が変則的で体を壊してしまう人も少なくありません。

また、ブラック企業も多く、サービス残業やパワハラといったことも多いのは理由でしょう。

教育関係

教師は、子供はもちろん、保護者等からのプレッシャーも高く、大きなストレスを抱えている人も少なくありません。

さらに、部活などにより、ろくに休日をとることができない人も多いです。

また、塾講師の場合は、勤務時間が遅いことがほとんどで、かつサービス残業も多い場合も多々あります。

休みも少なく、会社を辞める人は少なくありません。

生活関連サービス業、娯楽業

美容師などの生活関連サービス業や、パチンコなどの娯楽業も離職率が高い業界として有名です。

土日も仕事で休みも少なく、その割に給料も低いです。

長く働いても手取り20万円に行かないことが多く、生活するのも厳しいと辞めてしまう人も少なくありません。

小売業

スーパーやコンビニ、アパレル関係などの小売店も離職率は高いです。

理由は上記の生活関連サービス業と同じで、休日が少ない、給料が低い、勤務時間が変則的なことが原因として挙げられます。

建設業

安定していそうな建設業界。

しかし、実態は労働時間が長く、仕事がきついことが特徴として挙げられます。

あまりのきつい労働環境によって体を壊してしまう人も少なくありません。

給料が高い会社もありますが、その給料以上に仕事がきつく、辞めてしまう人も多いです。

医療、福祉

医療の中でも看護師、福祉では介護福祉士の離職率は高くなっています。

看護師は、年収はそれなりに高いとは言え変則的勤務がきつくて辞める人が多かったり、人間関係が上手く行かずに辞める人が多いです。また女性が多い為、結婚や出産で辞める人も多いです。

看護師の場合、転職しやすいというのも辞める人が多い理由です。

介護福祉士は、仕事自体がかなりきついにも関わらず、給料がかなり低く辞めていく人が多いです。

離職率の高い理由や仕事の特徴

では、次に離職率が高くなっている理由や離職率が高い仕事の特徴を紹介します。

休日が少ない

上記で紹介した業界は、年間休日数が少ないという特徴があります。

働く上で休みの量は非常に大切。

体も心も休める為にも、週二日は休みたいですよね。

上記で紹介した業界は週1日休みであることが多く、連休がないことが多いです。

参考:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

残業が多い

残業が多いことが会社を辞める理由としてあげる人も少なくありません。

月残業100時間を超えるような会社も少なくありませn。

残業時間と過労死は関係しており、残業が長いことで体を壊してしまう人も少なくありません。

毎日早朝から夜中まで仕事で、仕事以外何もできないという状況になってしまっている人も多いのではないでしょうか。

時間が不規則

看護師や飲食店勤務だと、勤務時間が不規則になってしまいます。

不規則な時間の働き方が体にあわず、体を壊してしまう人も少なくありません。

実際、夜勤と鬱には関連性があることもわかっています。

ゆえに、時間が不規則な仕事は非常にきつい仕事と言えるでしょう。

給料が低い

仕事がきついのに、給料が低いというのも離職率の高くなる理由です。

勤続年数が長くなっても全然給料が上がらずに、年収は300万円未満。

そんな会社もたくさんあります。

職場環境が悪い

給料も高く、残業も少ない。

そんな会社でも離職率が高い会社もあります。

その理由のほとんどが職場環境によるもの。

パワハラが横行している会社、ワンマン社長が幅を利かせている会社、職場内でいじめが多い会社。

それだけで会社を辞めるに相当するストレスを感じます。

転職しやすい

業界によっては、業界内で転職することが当然となっていることも多いです。

看護師なんかもそうだし、ホテル業界も実は業界内で転職しやすいことも離職率が上がる原因になっています。

ホテル業界はキャリアアップの為に転職することが一般的で、流動性の高い業界となっています。

転職は悪いことではない!より良い環境を求めることが大切

離職率が高い会社にはそれ相応の理由があります。

もちろん、離職率の高い会社であっても自分がその仕事に満足できているのであれば、それはそれでいいでしょう。

ただ、不満があるのであれば会社にしがみつくのではなく、より良い環境を求めて行動を起こすようにしましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:ホワイト企業、優良企業とは?転職時には要判断。

関連:ブラック企業に転職してしまった!その時どうすればいい?

関連:仕事を辞める人の割合や、仕事を辞めたい、転職したい理由ランキング


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ