退職届の書き方や封筒の選び方、入れ方。郵送はあり?

退職届の書き方や封筒の選び方、入れ方。郵送はあり?

会社を退職すると決めたら、多くの場合出すことになる退職届。

もし会社を退職することになったら、正しい書き方で書いて、出したいですよね。

今回は退職届の書き方や封筒の選び方、入れ方を紹介します。

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

関連:転職面接時の退職理由や会社に伝える際の退職理由の例

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

スポンサーリンク

退職届とは

まずは、退職届を正しく理解しましょう。

退職届はなぜ必要?

法律上で決まっているなどもなく、絶対に必要というわけではありません。

しかし、労使双方ともに退職時や退職後のトラブルを避けるために書面で残すことが望ましいのです。

会社側にとっては、労働者に退職後で「不当解雇」と言われるのは避けたいです。

ですので、会社側として労働者の意志証明として提出を義務付けているところがほとんどです。

こういった退職後のトラブルを避ける為にも、書面で残すことは必要なのです。

退職届、退職願、辞表の違い

それぞれの違いを確認しましょう。

退職届

退職届は、いつやめるかを明記したもので、願望ではなく宣言。

提出した時点で、その後の取りやめは基本的にできません。

多くの場合、会社都合での退職時に使います。

退職願

退職届の宣言に対し、退職願はお願い。

提出した時点では退職とはならず、撤回も可能です。

会社側が承諾した時点で撤回となります。

自己都合での退職時はこちらを使います。

辞表

辞表は退職届や退職願と同じものですが、普通の会社員は辞表とは書きません。

辞表は、役員以上または公務員が試用するものです。

これを間違えると恥ずかしいです。

スポンサーリンク

 

退職届の書き方や封筒の選び方、入れ方

退職届はどのように書くかを解説しましょう。

退職届の書き方

退職届の書き方はそう難しいものではありません。

いくつかの要点だけ守ればいいです。

会社でフォーマットが決められている場合もあるので、もしその場合はそのフォーマット通り書きましょう。

要点は以下の通り

  • 基本的には手書きを推奨
  • 白の用紙に黒のサインペンまたはボールペン(流行りの消えるボールペンはNG)
  • 基本的に縦書き(横書きでも良いらしいがここは安全に)
  • 1行目は中寄せで「退職願」or「退職届」
  • 2行目は下寄せで「私事」、ただし書かなくても問題なし
  • 3行目以降は本文を2~3行で
  • 本文のあとは提出日(和暦)、所属先、本名、捺印を記載(捺印も)
  • 最後に宛先として正式な会社名と代表取締役社長の名前

本文は、退職届の場合と退職願の場合で少し異なります。

退職届の場合は「この度、一身上の都合により平成○年○月○日をもって退職いたします」

退職願の場合は「この度、一身上の都合により平成○年○月○日をもって退職いたしたく、お願い申し上げます」

となります。

退職届の封筒

封筒の色は白がベストです。

サイズは退職届が3つ折りで入るもの。

A4であれば長形3号、B5であれば長形4号の封筒が必要です。

封筒には表に「退職届」or「退職願」、裏に「部署、氏名」を記載。

入れ方は、本文が内側に来るように3つ折りにして入れましょう。

退職届の郵送はあり?

精神的にぎりぎりでもう2度と会社に行きたくないだとか、もう辞めてやると言いそのまま会社をでたまま辞めてしまうだとかで、退職届を郵送で送りたいと考える人もいるかもしれません。

退職届だけでいえば、郵送でも可能となります。

しかし、退職時は退職届をだすことだけが必要なわけではありません。

会社をやめた後の失業保険の給付に必要な離職票などを受け取ることが必要です。

また、民法上であれば退職届提出後、すぐに退職となるわけではなく使用者が認めない限りは2週間は雇用契約が解除されません。

すなわちすぐに辞めることはできずもし行かないと無断欠勤となり色々な面で不利になってしまいます。

ですので、相当な理由でもない限り、退職届は直接上司に渡しましょう。

関連:労働基準法の残業、休憩時間、労働時間などを簡単解説

とは言うものの、どうしても郵送となってしまう場合もあるかもしれません。

その場合は以下のことを行いましょう。

  • 事前に、電話等で伝える(直接上司でなく、同僚等を通じても可)
  • 上司宛で郵送
  • 同僚等に他の手続きや仕事の引継ぎを実施

スポンサーリンク

退職に向けて

せっかくですので、できることならば辞めるときは気分よくいたいですよね。

変なところでもめたり、トラブルにつながったりすることが内容、退職時は特に気をつけなくてはなりません。

退職届の書き方はそこまで神経質になることもありませんが、必要なものだという認識はしっかり持つようにしましょう。

また、もし退職時に次の仕事が決まっていないのであれば、ちょっとその退職届だすの待ちましょう。

転職しようかと悩んでいる人は、まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:正社員で仕事をバックレるとどうなる?トラブルに避ける退職方法

関連:パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ