退職金が少ない!自己都合で中途退職したら全然貰えないかも

退職金が少ない!自己都合で中途退職したら全然貰えないかも

定年まで働かずに中途で退職して転職する人にとって、退職金はかなり重要。

転職先が決まっていない人にとっては生活費の一部に、転職先が決まっている人にとっては引っ越し等の費用にあてることを考えている人も少なくはないでしょう。

ただ自己都合で中途退職する場合、退職金は極端に少なく、予想していた出費に対応できない可能性もあるので要注意です。

関連:1年目、2年目、3年目だと退職金はない?退職前の資金計画は確実に

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

大企業なのに退職金がたったの30万円

Aさんはとある大企業に新卒で入社。しかし色々と不満があった為に5年働いたのちに転職を決意しました。

貯金はあまりなかったものの、寮に住んでいたこともあって、転職時には引っ越し代や敷金礼金などでかなり出費することがわかっていましたが、退職金はでるからということであまり不安はありませんでした。

それも仕方ないかもしれません。その会社は定年時に3000万円以上も退職金がでる優良会社。中途で辞めたとしてもそこそこ貰えるだろうと思ったのです。

しかし実際にでた退職金はたったの30万円。最低でも50万円から100万円程度は貰えるだろうと思っていたAさんにとってその金額はあまりにも少なく、転職にかかる費用を賄うには足りなかったのです。

Aさんの場合はそこまで遠方の引っ越しではなかった為、なんとか貯金で賄うことができ事なきを得ました。

中途退職時の退職金は極端に少ない

この話は何も特別なことではありません。

定年で退職した場合の退職金がかなり貰える会社であっても、途中で退職した場合には極端に少なくなるのはよくあることです。

40年働いて3000万円だから、4年なら300万円みたいな単純計算には絶対にならないのです。

退職金制度は法律で義務付けられているものではありませんし、そもそも退職金自体、従業員に働き続けてもらうことが目的となっている一面もありますから、中途退職者に極端に少なくなってしまうのです。

 

退職金の金額は、退職時の基本給、就業年数、給付率によって計算されたり、毎年職位に応じてポイントを積み立てて、その合計ポイント額と給付率から計算されることが多いです。

前者の場合、中途退職すると定年時に比べて基本給が低くて就業年数も少ないので退職金は少なくなりますし、後者の場合も就業年数が短い上に職位が低い場合に積み立てられるポイントも低い為、退職金が少なくなります。

そして何より大きいのが給付率です。

定年退職時が1.0倍だとすると、自己都合による中途退職時だと就業年数によって0.2倍しかないなんてこともあるのです。

例えば基本給から計算される場合で考えてみましょう。

定年退職時の基本給が50万円、就業年数が40年、給付率が1倍だとすると退職金は2000万円となりますよね。

一方6年で退職した場合、基本給が25万円、就業年数が6年、給付率が0.2倍だとするとたったの30万円にしかならないのです。

もちろん会社によっては中途退職であっても給付率がもっと高くて5年で100万円以上貰えることもあります。どれだけ貰えるのかは会社次第といえるでしょう。

あてにしている場合は要注意

もし退職時に退職金をあてにしている場合は本当に注意が必要です。

中途退職者に聞いてみると、退職金が思ったより多かったと感じた人よりも、思ったより少なかったという人が圧倒的に多いです。

こんなに働いたのにこれしか貰うことができないのかなんて感じるかもしれませんが、会社のルールとして決まっている以上、仕方のないことです。

先ほども言いましたが、そもそも退職金制度自体が中途退職を防ぐ目的に企業が実施している以上、中途退職する側として文句を言える立場ではありません。

もしこれから転職することを考えている場合、退職後にどれくらいの費用がかかるのか、そして退職金はいくら支給してもらえるのかというのは正しく認識しておくことが必要です。

退職前の退職金を確認する方法

では退職前に退職金はどうすれば確認することができるでしょうか。

退職金制度は法律上義務ではありませんが、退職金制度を設けた場合には記載することが労働基準法によって就業規則に明示する必要があります。

記載される内容としては、適用される労働者の範囲(正社員のみといったこと)や、退職金の算定方法、減額事項(自己都合の場合に減額といったこと)、支払方法、支払時期が書かれています。

すなわち、自分の会社の就業規則を確認し、退職金に関して書かれているところを見れば自分がどの程度退職金を貰うことができるはずです。

退職前には必ず確認するようにしてください。

転職にむけて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:退職金なしの会社の割合は意外に高い!老後はどうする?

関連:転職したいけど貯金がない。お金がない中で転職するには?



このページの先頭へ