退職金がもらえない場合の事例や対処法。まずは支給条件をチェックしてみよう。

退職金がもらえない場合の事例や対処法。出るはずなら泣き寝入りはだめ。

転職までの生活資金、失業保険がでるまでの生活資金として、退職金をあてにしている人はそれなりにいると思います。

ですから、もしその退職金が実際に退職したのに貰えないとなったらかなり大変ですよね。

ただそれは実際に起こり得ること。

ではもし貰えるはずの退職金を貰えなかったらどうすればいいでしょうか。

関連:退職金が少ない!自己都合で中途退職したら全然貰えないかも

関連:1年目、2年目、3年目だと退職金はない?退職前の資金計画は確実に

退職金はいつ支払われる?

まずは退職金のルールを確認しておきましょう。

退職金の支払い日は法律によって定められているわけではなく、会社の就業規則によって決められます。

1ヶ月経っても退職金が支払われない!と思っていても、会社が退職金の支払いを2ヶ月後と定めていれば支払われないのが当然です。

ただ支払時期が明確になっていない場合に関しては、労働基準法第23条「使用者は、労働者の死亡又は退職の場合において、権利者の請求があつた場合においては、七日以内に賃金を支払い、積立金、保証金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還しなければならない。」に基づき、労働者側からの請求した日から7日以内に支払われる必要があります。

退職金が貰えない!と嘆く前にしっかり支払日を確認することがまずすべきことですね。

退職しても退職金が貰えない事例

では退職金が貰えないという場合はどういったことが起こっている可能性があるでしょうか。

いくつか事例を紹介していきましょう。

退職金制度がない

退職金自体は法律上義務付けられているものではなく、退職金制度がない会社も少なくはありません。

何年働こうが、どれだけ会社に貢献してこようが、退職金制度がなければ退職金は支払われないのも当然です。

もしも退職金制度がある場合、それに関して雇用契約書や就業規則で明示することが義務付けられており、記載がなければ退職金制度がなく退職金はないと考えて良いでしょう。

ただし就業規則等で記載されていなくても、これまで退職していた人が貰っているのが普通となっているような慣例としてある場合には支払われるべきだとされた判例があります。

懲戒解雇

多くの企業では問題を起こして懲戒解雇となった場合に退職金を支払わないとしている場合が多いため、その規則に従って不支給となっている場合があります。

ただ懲戒解雇の場合であっても、その理由によって退職金の全額不支給は不当であり一部は支払われるべきだとなった判例もあります。

逆に全額不支給が相当だという判例もあり、理由によって変わってくることになります。

またそもそも退職金を支払いたくないという理由で不当に懲戒解雇にするような企業もないわけではありません。

入社3年以内

各社の退職金支払い規則にもよりますが、多くの企業では退職金を支払う対象者を勤続年数3年以上としている場合が多く、入社3年以内では支払われない場合がほとんどです。

公務員の場合は6ヶ月以上の勤務でもらえますが。

退職金支給の勤続年数条件はそれぞれの企業によって異なる為、就業規則を確認するようにしましょう。

会社が倒産

退職金制度があって、支給条件を満足しているという場合であっても、会社が倒産してしまっては貰えない場合もあります。

退職金や給与は会社が抱えている他の借金よりも優先して支払われるものではあるんですが、倒産した時にはそれらも支払うお金がないことがほとんど。

いくら支払われる義務があっても、なkればどうしようもないという状態になってしまい退職金は貰えない事態におちいってしまいます。

そうならない為にも、会社の先行きが怪しくなってきたらさっさ転職してしまった方がトラブルに巻き込まれることはなくなります。

退職トラブルによって

まともな会社ではありえないことなんですが、いわゆるブラック企業なんかでは退職を認めようとしなかったり退職しようとしたらあれこれと難癖をつけ、無理に退職したら退職金を支払って貰えないという事例もないわけではありません。

退職によって迷惑を被ったからその損害賠償と相殺だとか言ってくる場合もあります。

退職は労働者の正当な権利であり、認めないことも、それを理由に退職金を支払わないこともおかしなことではあるんですが、実際にそういった場合もあるのが実情です。

退職金が貰えない場合の対処法

退職金制度がない、重大な理由において懲戒解雇となってしまった、退職金は勤続年数3年以上からなのに2年で退職したという場合に退職金が貰えないのは仕方がありませんし、それはどうしようもありません。

ただ本来貰えるはずの退職金を貰えないという場合には労働者側でしっかり行動していかなくてはなりません。

会社側に支払うように交渉する

まずは素直に会社側に退職金を支払うように交渉するところから始めましょう。

支払うべき退職金を支払わないのは会社側に問題があるのは当然で、法律を違反する行為でもありますから、その法律を武器に話をしてみましょう。

もし支払わないなら労働基準監督署に話をする、弁護士に話をするなどと言ってもいいと思います。

会社側は個人との間の問題に対してあまり動かなくても、労基署などが絡んでくることは避けたがるので支払いに応じてくれる可能性が高くなります。

労基署に相談する、弁護士に相談する

もし自分だけの力では不可能だった場合、労基署に相談するようにしてみましょう。

今後どうして行くのが良いかというアドバイスを貰うことができます。

ただそれでも解決できない場合もあり、そうなると裁判を行うことになります。無料相談できる弁護士に相談してみてください。

未払い賃金立て替え払い制度

倒産によって退職金が貰えない場合、会社から取ろうにもお金がないのでどうしようもありません。

ただそういった人を保護する為の制度として、未払い賃金立て替え払い制度があります。

この制度利用すると、給料や退職金の未払い分の一部を貰うことが可能です。

支払われる金額は未払いの給料、退職金の金額の8割。ただし上限(45歳以上で296万円、30歳以上で176万円、30歳未満で88万円)が定められており、これ以上は支払われません。

一部は支払ってもらえるので非常に助かる制度ではありますが、全額もらえるわけでは無いことに注意してください。

まとめ

退職金は労働者にとって生活の原資となるとても重要なお金。本来貰えるはずのものが貰えないなら泣き寝入りせずにしっかりとるようにしていきましょう。

とは言え退職金制度がなければどうしようもありません。

もし現在退職金制度がない会社に勤めている人は、しっかり貯金して老後の資金を貯めていくか、今からでも転職なりして退職金制度がある会社に勤めるかする必要があります。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:退職金なしの会社の割合は意外に高い!老後はどうする?

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。



このページの先頭へ