1年目、2年目、3年目だと退職金はない?退職前の資金計画は確実に

1年目、2年目、3年目だと退職金はない?退職前にお金のチェックは必ず行おう

退職金は定年後の生活費の原資となるだけでなく、途中で退職した場合の生活費や転職費用としても非常にありがたいものです。

ただ、その退職金に期待しすぎたことで後悔したという人も少なくはありません。

実は退職金が貰えなかったり、貰えてもほんのわずかな額であったという場合も多々あるのです。

特に1年目、2年目、3年目の人で退職を考えている人は注意しましょう。

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連:退職金なしの会社の割合は意外に高い!老後はどうする?

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

3年未満でも退職金は貰える?

退職金制度は多くの会社で取り入れられていますが、その金額や支給条件は会社によって異なります。

民間企業の場合は3年以上の勤続年数を条件としている場合も多い

民間企業の場合、多くの会社で退職金を支給するのは3年以上の勤続年数が条件となっていることが多いです。

この条件があると、1年目、2年目、3年目の人は退職しても退職金は0です。

その為、退職時にはしっかり貯金しておかないと、生活に困ることになってしまいます。

また、会社によっては勤続年数1年以上、2年以上という条件がある場合もあるので、自分の会社はどうなのか退職前に確認しておきましょう。

退職金の支給内容については就業規則に記載することが義務である為、自社の就業規則を見れば確認できるはずです。

もし貰えたとしても貰える額はわずか

もし、退職金の支給条件に勤続年数がない場合だとしても、貰える金額はわずかであることがほとんど。

1年目だと1,2万円、2年目だと5万円、3年目だと10万円といった程度です、

まだ貰えるだけましですが、退職後から失業保険が貰える3ヶ月間を補うことができるだけの金額を期待することはできません。

公務員の場合は1年目から貰える

民間企業では3年未満で退職してしまうと貰うことができないことが多い退職金ですが、公務員の場合は退職手当として1年目から支給されます。

1年目の場合

公務員の場合、1年未満であっても6ヶ月以上勤続していれば退職手当は支給されます。

この場合、1年未満であっても勤続年数1年とみなされ、基本給×0.6(自己都合の場合の支給率)となります。

公務員の場合の退職手当には調整額というものが加算されますが、勤続年数が9年未満の人はこの調整額の支給がありません。

金額にすると大卒でおよそ10万円程度です。

2年目の場合

2年目の場合も、勤続年数は丸2年たっていない為、1年目の時と同様に基本給×0.6となり、10万円程度となります。

1年目とほぼ変わらないとは言え、民間企業では支給されたとしても10万円以上貰えるなんてことはほとんどなく、恵まれていると言えるでしょう。

3年目の場合

3年目の場合、支給率は0.6と変わりませんが勤続年数が丸2年となる為、基本給×0.6×2となり、20万円程度となります。

退職後には意外にお金がかかるので要注意

3年未満の勤続年数ではあまり期待できない退職金。だからこそ、退職時にはお金のことに注意しておかなくてはなりません。

失業保険は貰えても3か月後

自己都合の場合、基本的には失業保険を貰うことができるのは3ヶ月後です。

すなわち3ヶ月間は貯金で生活していかなくてはなりません。

また、貰える金額も当然貰っていた給料よりも少なくなり、給料が20万円だった人で13万円程度、給料が25万円だった人で15万円程度になってしまいます。

住民税、健康保険などお金は意外にかかる

退職すると収入がなくなるものの、生活費以外にも色々とお金がかかります。

2年目、3年目の人だと前年度収入分の住民税を支払わなくてはいけないし、社会保険料のうち年金は免除にすることができますが健康保険料は必要になります。

退職前にはしっかり計画を立てよう

1年目、2年目、3年目で退職すると、退職金も貰えないし貯金も少ないのに、退職後に思ったよりお金がかかるなんてことになりがちです。

そうなった時、やむを得ずにすぐできる派遣としての仕事に就いたり、希望よりも条件が悪い会社に転職したりしてしまうことになり、良い転職ができないことが多々あります。

ですから、退職前には必ず余裕を持った退職後の資金計画を立てるようにしましょう。

できることならやむを得ないことがない限りは、会社を辞めずに転職活動をし、転職先を決めておいたほうが良いでしょう。

ただ、勤続年数が短いからといって転職に消極的になる必要はありません。

今は第二新卒の需要も増え、3年以内の転職が非常にしやすい環境となっています。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:新卒入社半年で転職を決意、だけど1年は働いたほうがいいの?

関連:第二新卒で転職した場合、給料が下がる?上がることは可能?

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ