退職決めたけど、有給休暇があまってる!これって全部消化できる?

退職決めたけど、有給休暇があまってる!これって全部消化できる?

会社の退職を決めた時点で、多くの人が有給休暇を残しているのではないでしょうか。

在職中は、仕事の忙しさやとりにくい雰囲気からなかなかとることができずにいる人がたくさんいます。

しかし、退職を決めたのであればいっそのこと残っている有給休暇を全部消化してしまいたいですよね。

そこで、今回は退職時の有給休暇の扱いについて紹介します。

関連:労働基準法の年次有給休暇制度。どれくらいの日数消化してる?

関連:ブラック企業の定義や特徴、あなたの会社は大丈夫?

スポンサーリンク

退職時に知っておきたい有給休暇の消化のルール

在職中になかなか有給休暇を消化できずにいた人も、退職を決めた時には全て消化してしまうチャンスなのです。

有給休暇の消化におけるルールをしっかり理解しましょう。

有給休暇の消化、そのルールとは

まず有給休暇は、労働者の権利であり、働いている期間に応じて与えられる日数が決められています。

付与される日数については下記の記事にて紹介しています。

参考:労働基準法の年次有給休暇制度。どれくらいの日数消化してる?

付与された有給休暇を消化するタイミングは労働者が決定します。

労働基準法第39条5項において、

「使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。」

と明記されています。このように基本的には使用者は労働者が有給休暇を請求した時期に与えなければなりません。

ただし、第39条5項には以下のような続きがあります。

「ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。」

例えば、仕事の繁忙期などに労働者みんなが一斉に有給休暇を取得すると事業に支障がでてしまうことも考えられます。

その為、労働者が取得したいと請求したとしても、事業に支障がでる場合には取得する時期を変更させることができるのです。

退職時に有給休暇を消化しようとした場合

では退職時には有給休暇はどうなるでしょうか。

例えば1ヶ月後に退職がすることが決まっていて有給休暇が20日余っている場合には、退職直前に有給休暇を取得することができるのでしょうか。

まず基本的に使用者は労働者が有給休暇を請求した時期に与えなければなりませんから、退職までまとめて消化することに何も問題はありません。

また、上記で紹介した使用者側が持つ時季変更権ですが、使用者側がこれを行使することができません。

時季変更権はあくまで変更することが条件となりますが、退職の日が決まっており取得がその直前である場合、変更することができる日がありません。

その為、会社側に拒否権はないのです。

ですから、有給休暇取得を請求すれば会社は取得させるしかないのです。

有給休暇を使えば、退職届を出した次の日から会社に行かないことも可能

民法上、労働者は退職の14日前以上に退職を申し出るべきとされています。

就業規則に1ヶ月前とされている場合であっても、その就業規則は無効となり14日前でも退職は成立するのです。

では有給休暇が10日以上残っていた場合どうなるでしょう。

完全週休二日制の場合であれば2週間のうち10日間が出勤日となるので、退職を申し出てから退職が成立する日まで有給休暇で過ごすことが可能となるのです。

このやり方と使って退職した場合、引き継ぎもままならず多くの人に迷惑をかけてしまうことになってしまいますので、あまり勧めることはできません。

ただあまりにひどい労働環境で精神的にも肉体的にも限界であれば、こういった方法を使って自分の身を守るというのも大事なことです。

スポンサーリンク

有給休暇は労働者の権利

有給休暇は労働者の権利です。とはいえ、在職中にはなかなかとれないという人もおおいでしょう。

ただ、退職となれば話は別。

有給休暇をとりづらい雰囲気だとか、仕事に対する評価が悪くなるだとか、そういった心配も全くなくなるわけですから、その権利を最大限活かしましょう。

もし転職先が決まっていないのであれば、この期間に転職活動を集中的に行うというのも手ですね。

実際は会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょうが、転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:正社員で仕事をバックレるとどうなる?トラブルに避ける退職方法

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連:退職届の書き方や封筒の選び方、入れ方。郵送はあり?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ