退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。

転職時の退職理由や会社に言う退職理由の例

転職での面接で必ずと言っていいほど聞かれる退職理由。

勤めている会社側に伝える際に聞かれる退職理由。

本音では、上司と上手く行かない、仕事がおもしろくないなど理由がありますが、こんな理由もちろん言えませんよね。

では、どんな理由であれば円満にことが運ぶでしょう。

今回は本音の退職理由と、転職面接時や、自分の会社に退職を伝える際に使う退職理由の例を紹介。

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連:正社員で仕事をバックレるとどうなる?トラブルに避ける退職方法

関連:退職挨拶で気を付けたいマナー。スピーチ・メール・挨拶回り

スポンサーリンク

本音の退職理由。もちろんだいたい使えない。

転職する際、退職理由はどんなものがあるでしょうか。

退職理由ランキング

リクナビNEXTが調査した退職理由ホンネランキングは以下の通りでした。

1位:上司の仕事の仕方が気に入らなかった

2位:労働時間、環境の不満

3位:人間関係がうまくいかなかった

4位:給与が低い

5位:仕事内容がおもしろくない

私としては、予想通りの結果。

退職という行動をとっていなくとも、こういった不満を抱えているサラリーマンは多いでしょう。

転職サイトでは転職市場価値がわかるので、退職を考えているなら知っておくといいかもしれません。

また、厚生労働省の平成26年雇用動向調査結果によれば、前職を辞めた理由が以下のようになっています。

  • 仕事の内容に興味が持てなかった・・・男性:6.0%、女性:5.9%
  • 能力・個性・資格を生かせなかった・・・男性:5.1%、女性:4.6%
  • 職場の人間関係が好ましくなかった・・・男性:8.0%、女性:11.1%
  • 会社の将来が不安だった・・・男性:6.4%、女性:4.3%
  • 給料等収入が少なかった・・・男性:9.7%、女性:8.6%
  • 労働時間、休日などの労働条件が悪かった・・・男性:10.5%、女性:13.5%

労働時間、休日などの労働条件や人間関係で辞める人がやはり多いという結果になっています。

退職理由として本音をそのまま言ったらどうなるか

退職理由の本音ランキングをもしそのまま転職面接時や、会社側に伝える際に言ったらどうなるでしょうか。

転職面接時に本音の退職理由を言ったら

まず転職で面接してもらう会社側にたって考えてみましょう。

会社側は、どんな人を採用したいと考えているでしょうか。

多くの場合、以下のようなことがあげられます。

  • スキル、専門知識のある人
  • 人間関係をうまくやれる人
  • 意欲のある人、行動力がある人
  • 忍耐力のある人

会社員として働く上でたいてい必要とされている内容です。

では、これらの理由と本音をいくつかの例で比べてみましょう。

まず1位の上司の仕事の仕方が気に食わない。ということですが、

これを理由にしてしまうと、仕事に対する意欲や人間関係の上手さを疑われマイナス点となってしまいます。

例えば、意欲がある人、行動力がある人は上司であろうと、よりよくする方向に動かします。

そうではなく問題に対して、何もせず退職の道を選んだと思われてしまうと、完全にマイナスです。

また、自分の意見と違うことを受け入れることができなく、忍耐力がないと思われてしまうかもしれません。

もう一つ、例えば仕事内容がつまらないという退職理由。

おもしろくないと辞める人というイメージを持たれることは非常にマイナス。

もし、実際に採用した後で、おもしろくないと思われてすぐ辞められたらたまったものではありません。

人を採用するということはお金がかかることなのです。

すなわち、本当の退職理由をそのまま転職の面接で言ってしまうと、マイナスになる場合がほとんどであり、いくら受けても受からないとなってしまうのです。

会社側に伝える退職理由として言ったら

転職の面接時と違って、どんな理由を言っても辞めてしまえば関係なくなるかもしれません。

しかし、辞める時は最低でも1ヶ月前には会社側に伝える必要があり、その間は会社に行かなくてはならないので、円満に終わらせたいですよね。

もし、上記のランキングで載せた理由をそのまま伝えてしまうと不快感を感じさせてしまうのは確実です。

例えば

1位:上司の仕事の仕方が気に入らなかった⇒もちろん腹を立たせてしまいます。

2位:労働時間、環境の不満⇒上司もその労働時間、環境で働いているのです。

3位:人間関係がうまくいかなかった⇒直接、あなたとは上手くやれないと伝えてしまっています。

4位:給与が低い⇒上司もそこまで変わらない場合が多いです。

5位:仕事内容がおもしろくない⇒自分がやっている仕事をこんなこと言われたらもちろん腹たちます。

といった具合です。

すなわち、円満退職を目指す、退職時にわざわざトラブルを起こしたくない場合には、会社に言う場合も、決して本当の退職理由は言わないほうがいいです。

スポンサーリンク

転職面接時の退職理由の例

転職面接時に使う、勤めている会社の退職理由は本音ランキングのようなネガティブな理由ではなく、ポジティブな理由でなくてはなりません。

その点をふまえて退職理由の例を紹介しましょう。

例①:キャリアアップしたかったから(年収アップを除く)

退職理由の例としては鉄板なキャリアアップ。

一言でキャリアアップと言っても、様々。

参考:転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

そのキャリアアップの理由の中で、年収アップという仕事内容と関係ない理由はNGです。

仕事内容に直接関係のある内容で、

なぜ前の会社で実現することができないのかということを明確に答えることが重要となります。

そうでなくては、退職理由となりません。

これが答えることができれば、転職先の会社に入社を希望する明確な理由に直結します。

例②:これがやりたい!を明確にする

キャリアアップではなくても、私はこれがやりたいんだ!ということを強く伝えるだけで立派な退職理由となります。

前の会社に不満はないし、感謝している。

それでも私は何がなんでもこれがやりたいんだ!という思いを伝えてください。

ただ、気をつけなくてはいけないのはそれが一過性の感情ではないことを伝えること。

例えば、もともと希望していたが就職時に叶わなかった。それでも諦めきれなかった。などは立派な理由です。

転職時にはネガティブな理由をポジティブな理由に変える

転職時にはネガティブな理由をポジティブな理由にするようにしてください。

仕事がつまらない⇒やりたい仕事がある

といった形です。

実際に採用試験に応募するタイミングで履歴書の作成、面接といった準備のために、

転職サイトであるリクナビNEXT を活用したり、リクルートエージェント のような転職エージェントに相談してみてください。

会社側に伝える際の退職理由の例

会社側に伝える際の理由の大事な点は相手を不快にさせないことです。

不平不満はぐっとこらえてください。

また、感謝、敬意を大事にしてください。たとえ思っていなくても。

そして、決してじっくり考えた上で決めたことだというアピールをしてください。

例①:これがやりたい!はこっちでも使える

転職面接時に紹介した「これがやりたいを明確にする」はこちらでも利用可能。

会社側に伝える際には、特に今の会社に感謝している点を強調してください。

その後に、それでもやりたいことがあるということを伝えてください。

例②:退職理由を明確にしない

これはこれでありです。

一身上の都合って言っておくという手です。

デリカシーのない上司であれば、突き詰めて聞いてくる可能性もありますが、

そうではない場合、それ以上のことを深くは聞いてこないことが多いです。

気になりはしますでしょうが、かなりプライバシーに関わることである場合もある為、上司も躊躇してくれます。

スポンサーリンク

退職に向けて

退職理由は、本音と建前があるのは当たり前です。ちなみこれは転職時の面接官も、上司も当然のごとくわかっています。

それはわかっていても、はっきりそう言われてしまうと、不信感や不快感を抱いてしまいます。

心のどこかで、ポジティブであることに期待しているのです。転職時には今回紹介した退職理由の例を上手く使っていく必要があります。

転職するにあたり

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:転職先の入社日はどのように決めればいい?こだわりすぎると後悔するかも

関連:試用期間中に辞めたいと思ったら?試用期間内の退職における注意点

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ