仕事が退屈すぎてもう辞めたい。そんな時は転職を考えてもいいかも。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事が退屈すぎてもう辞めたい。そんな時は転職を考えてもいいかも。

仕事が少なくやることがなさすぎて退屈、単調な作業ばかりで退屈、仕事に慣れすぎて同じことばかりするので退屈など、人によって理由は様々ですが仕事に退屈さを感じてしまうことは珍しいことではありません。

そんな時は転職をすることも考えてみてはいかがでしょうか。もちろん一時的なものであったり、自分の取り組み方次第で変えることができるのであれば、すぐに決断するのはやめておいたほうがいいかもしれませんが、あまりに長く退屈な状態が続いているのであれば、転職が功を奏すかもしれません。

関連:仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

関連:仕事がくだらないと感じてもう辞めたいと思う原因や対処法。転職はしたほうがいい?

仕事が退屈すぎるのは辛い

退屈であると言うことは特に波乱もなく淡々と会社生活を送ることができているからこそということですから、毎日のように仕事に追われて必死に仕事をしている人にとってみると幸せなように感じるかもしれません。

しかし当の本人にとってみれば退屈すぎる会社生活というのはとにかく辛すぎて、決して幸せなものではありません。あまりに退屈な状態が続いてしまえば仕事を辞めたいとさえ思ってしまうくらいしんどいことです。

眠くもなるし時間がたつのも遅いし、仕事にやりがいも見いだせない。これでは仕事に行きたくないと思ってしまうのも仕方ないですよね。

とは言え生活の為に仕事には行かなくてはならないし、退屈な仕事だからと言ってやめるわけには行きません。仕事がないからと言って寝たりパソコンやスマホで遊ぶわけにも行かないでしょう。

結局いくら仕事が退屈であっても我慢して仕事を終わらせる、我慢して時間が過ぎるのを待つといったことしかできません。

ただそんな状態でいつまでも働き続けるというのは相当大変。とにかくストレスはたまり続けてしまいます。

また将来のことを考えると不安な気持ちも大きくなりますよね。このまま今の仕事をずっと続けていくのだろうか、自分はそれで後悔しないのだろうか。

なぜ仕事が退屈になってしまった?

ではそもそもなぜ仕事は退屈になってしまうのでしょうか。

仕事が単純に少なくて時間の割にやることがないというのもひとつですが、仕事量としてはそこそこあるにも関わらず退屈を感じてしまうという場合もありますよね。

一度なぜ自分がこんなにも退屈を感じているのかについて、考えてみるといいでしょう。

仕事がマンネリ化して新たなことにチャレンジできていない

一つ目の原因として仕事のマンネリ化があげられるでしょう。

最初はなかなかできない難しい仕事であっても何度も繰り返し仕事をしていれば簡単にできるようになってきます。そしてさらに続ければ簡単で単純な仕事のように思えてきてしまい、毎日簡単なことをただ繰り返すだけの退屈な仕事に変貌していってしまうのです。

仕事はある程度できるようになったら、少しずつ難易度の高い仕事にチャレンジしていくもの。しかし会社や職場の都合、上司の考え方によってはそれができずにただ同じ仕事をずっと繰り返すだけになってしまっている場合は少なくありません。

将来に限界を感じている

将来はああなりたい、将来は○○な仕事をしたいといった目標があると、それだけで仕事に張りがでるもの。目標達成の為に同じ仕事であっても工夫する、何かを学ぶといったモチベーションにもつながります。

しかしある程度働いていると会社における自分の立ち位置、会社としてのシステムなどを知ることになってしまい現実的な自分の将来の姿が創造できてしまうようになります。

その結果、目標はなくなってしまい仕事に対するモチベーションはなくなり、どんな仕事をしても退屈にしか感じることができなくなってしまいます。

一度刺激のある経験をしてしまった

大きな仕事、とても責任の重い仕事を成功に収めることができたり、何かで優れた成績をだして周囲に褒められるといったことがあると、その経験がずっと頭に残ってしまってその同等レベルの刺激を得られる経験を求めてしまいます。

ただ当然そんな経験ができる機会というのはそんなに多いわけではなく、通常の仕事で退屈さしか感じることができなくなってしまいます。

退屈すぎるなら転職だってあり

退屈さから抜け出す方法として、今の仕事に対して自分の考え方を変える、上司に進言して新たな仕事にチャレンジさせてもらう、異動して全く違う仕事に取り組むなどで解消されることはあるでしょう。

ただ本当に自分の希望通りにいくかは不明です。実際やろうと思っても思った通りにはいかずに結局今の退屈な仕事を続けるだけになってしまうという場合もでてくるでしょう。

そんな時は転職も考えてみてはいかがでしょうか。仕事も環境も一緒に働く人間も全く違うものになり、とても刺激が多いので退屈さから解放されるいい手段です。

転職自体に中々踏み出すことができない人もいるかもしれません。いざとなったら知らない環境に身を置くことは勇気も必要ですから簡単にできることではないのは仕方がありません。

ただ今のまま退屈な時間を過ごして定年を迎えるより、思い切ってチャレンジしてみたほうが良い結果になるのではないでしょうか。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事が面白くないから辞めたいと思ったら転職するのはありかなしか。転職して変わる人、転職して変わらない人の違い。

関連:仕事が暇すぎる!それは忙しいよりも辛いかもしれない。



このページの先頭へ