他業種への転職を怖がるな!業界を変えてこそ得られるものが多い

他業種への転職を怖がるな!業界を変えてこそ得られるものが多い

転職を考えた時、同業種ばかりでの転職を考えていませんか?

年収や休日数、労働時間などで現状からの改善を目指す場合、業種をまたいで転職したほうが実現しやすい傾向があります。

もちろん同業種内で転職することに比べると難易度は多少高くなりますが、それだけで諦めてしまうのは非常にもったいないです。

関連:28歳、29歳の転職事情や成功する為に行うべきこと。異業種、未経験職種はラストチャンス!

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

転職するなら同業種?他業種?

まずは、他業種、同業種に転職する場合のメリット、デメリットを紹介してみます。

同業種に転職するメリット

転職時に同業種内で転職することの最大のメリットは転職のしやすさです。

これまでもその業界内で働いていたことから、業界内の動向や専門知識がわかっていますし、同業界内だと仕事のやり方も似ている為、即戦力として受け入れられやすい傾向にあります。

転職時においても、即戦力であることを武器に以前に働いていた条件をアップさせることは可能です。

ただ、デメリットとして同じ業界内での転職を情報流入の観点から敬遠されたり、あまりに以前の会社で得たその会社でしか知りえない知識を使うと訴訟問題になる場合もあるので注意が必要です。

また、転職時に多少の条件アップは見込めたとしても、業界内で給料や労働条件はある程度の基準がある為、大幅な改善は起こりにくいという点もあげられます。

他業種に転職するメリット

他業種に転職することの大きなメリットは、条件面での大幅改善が見込める点です。

上述したように、業界内で条件はある程度決まっていますが、業界が違えば大きく変わることもあります。

例えば年収面でいくと、飲食業が平均237万円に対し、金融業だと610万円というように、大きく異なります。

他にも、年間休日数も業界によって大きく異なってきます。もしも全体的にあまり条件面が良くない業界にいる場合、業界を変えるだけで大幅に改善する可能性が高いです。

ただ、デメリットとして挙げられるのは転職の難易度が上がる点です。

同業界内での転職に比べるとどうしても即戦力とはならないとみなされる為、難易度はアップします。

また、業界を変えて転職する場合に、今いる業界が割と良い条件の業界であれば大幅に悪化することもありえます。

条件面の大幅改善を狙うなら他業種転職がおすすめ

上述したように、同業種の転職、他業種の転職にはメリットもデメリットもあります。

ただ、もしも条件面の大幅改善を狙うなら他業種に転職することがおすすめです。

確かに同業種からの転職に比べれば難易度は上がってしまいます。しかし、全然無理なんてことはなく、あえて他業種の人を好んで最小する企業も多いです。

最初から転職しやすいほうを狙うのではなく、もしも実現したいことがあるならばぜひ他業種への転職も候補にいれてみてください。

他業種に転職に向けて

では、最後に他業種の転職に向けて知っておきたいことを紹介しましょう。

年齢は若いほうが良い

同業種への転職ならまだ年齢なんて気にせずに経験を重視する場合もありますが、他業種への転職の場合は年齢がかなり影響します。

若ければ、たとえ即戦力にはならなかったとしても、今後の成長を見込める為、積極的に採用している企業がたくさんあります。

だからこそ、業界を変えたほうが良いと考えたら早めに変えたほうが良いです。

上述したように、年収にしろ休日数にしろ大きな違いがあります。ある業界では業界トップでも他業種では平均以下なんてこともあるのです。だからこそ、早めにキャリアを考え転職しなくてはなりません。

同職種なら転職しやすい

他業界であっても、職種が同じであれば前職の経験を活かすことができる為、他業種の転職といっても転職はしやすい傾向にあります。

もちろんその業界特有の専門知識などは身についてはいませんが、職種としてこれまで行ってきたことは十分に活かすことができることも多く、すぐに即戦力となりうると判断されることもあります。

もし職種にこだわりがないのであれば、できれば同職種で転職することをおすすめします。

まずは挑戦してみること

もし他業種を受けてみて落ちたとしても、何らリスクはありません。

最初からどうせ無理だろうと考え、挑戦しないことは非常にもったいないことですからぜひ挑戦してみてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

もし転職を少しでも考えている人はまずは登録してみてみてください。

転職サイトは色々とありますが、まずは大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。もちろん2つとも無料で利用可能です。

業界1位、2位のこの2つは、他の転職サイトに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職の市場価値診断、テストの種類や知っておく必要性

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ