大卒就職率が7年ぶりの高水準!だけど高いのはこんな理由が・・・

厚生労働省は2015年(平成27年)3月に大学、短期大学、高騰専門学校等を卒業する学生の就職状況を発表しました。

その結果、大卒の就職率は96.7%(前年同期比2.3%増)となり、リーマン・ショック以前の水準まで回復し、約7年ぶりの高水準となりました。

参照:厚生労働省

この結果・・・ちょっと高すぎると思いません?その理由はこんな理由でした。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

おすすめ記事:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ新入社員が辞めて転職する頃?

スポンサーリンク

平成26年度就職状況(大学卒、短期大学卒、高専卒、専修学校卒)

学歴別の就職状況は以下のとおりとなっています。

全体の就職率

  • 大学卒業者:56万人、うち就職希望者:41万1千人、うち就職者:39万7千人、就職率96.7%(2.3%増)
  • 短大卒業者:5万9千人、うち就職希望者:4万7千人、うち就職者:4万5千人、就職率95.6%(1.4%増)
  • 高専卒業者:9千6百人、うち就職希望者:5千4百人、うち就職者:5千4百人、就職率100%
  • 専修学校卒業者:23万3千人、うち就職希望者:21万4千人、うち就職者:20万1千人、就職率94.7%(1.7%増)

2015-05-19_23h40_22

 

就職率は全体的に増加となっていますね。やっぱり景気が良くなってきているのでしょうか。物価上昇がすごくて生活は楽にならない人がたくさんいますが。

男女別の就職率

大学男子:96.5%、大学女子:96.9%

252

333

なんと就職率は女子のほうが高いという結果になりました。過去のデータもあわせて見ると、あまり変わらないですね。

文理別の就職率

  • 大学文系:96.5%
  • 大学理系:97.2%

やはり、理系が強いです。自分も理系でしたが、推薦という枠がある為、受験数も少ないし、比較的楽に就職しやすいと感じます。

文系はかなりの数の会社を受けてます。

関連:理系男子や理系女子が就く職業や就職活動、特徴をまとめてみた

地域別の就職率

  • 北海道・東北:95.3%
  • 関東:96.9%
  • 中部:97.3%
  • 近畿:97.1%
  • 中国・四国:97.3%
  • 九州:94.7%

やはり、北海道や九州は厳しいですね。その他の地域はあまり変わらずですね。

中国や四国が高いのは正直意外です。

スポンサーリンク

なぜこんなに就職率が高い?その理由はこれだった。

なぜこんなに就職率は高いのでしょうか

自分が就職活動していた際も、周囲に就職できずにいる人がそれなりにいるにもかかわらず、最終的にでた就職率が異常に高くてびっくりしました。

実はこの就職率というのは、調査時点(4月1日)で、就職を希望している人の中で、就職できた人の割合を示しています。

進学希望者や、家事手伝い等を選んだ人は含まないと明記されています。さらに、公務員試験を受ける為に勉強している人も含まれません。

実は4月1日時点で諦めずに就職活動している人は、かなり少ないんです。

それは4月1日に就職できていないと、新卒から、既卒に変わってしまう為です。

既卒に変わってしまうと、民間企業での就職活動にかなり不利になってしまうと言われています。

その為、就職が決まらない学生はわざと留年したり、行きたくはないけど大学院に進学したり、民間を諦めて公務員試験を勉強したりといった道を選びます。

そしてそういう人は、就職率を算出する母数には入りません。

上記グラフの12月時点を見ると、就職率はかなり低いですね。

実は12月時点で就職活動はほぼ終わっています。12月時点で内定がないと、そこから内定を得るのはかなり厳しいというのが現実です。

それにも関わらず、4月になる就職率があがるというのはこういうからくりなのです。

その時点の就職率のほうが、実際に就職したくてもできなかった人の割合としては正しい気がします。

この数値をどう見るか

先ほども述べたように、この就職率はあくまで就職したかった人のうち96.7%の人が就職できたわけではありません。

就職したいと考えていた人はもっといます。

ただ、景気の動向を見る一つの手段としては、近年の結果から言っても正しいと言えるでしょう

実際、景気が悪いと、企業が採用人数を抑えるだけでなく就職が決まらずに進学を希望しても金銭的な理由から行けないといったことも増えるので、より強く結果に現れそうです。

スポンサーリンク

追記:文部科学省が大卒就職率72.6%と発表

文部科学省が平成27年度学校基本調査で、2015年3月卒大卒者の就職率が発表されました。

その数値は、72.6%。

この数字は、上記で紹介した数字と大きく乖離し、低い数字となっていますよね。

なぜなら、この数字は、大学院などへの進学者なども含めた卒業者のうちの就職した人の割合だからです。

就職率と一言で行っても、母数によって大きく値がことなるので、気をつけなければなりません。

ちなみにこの就職率72.6%という数字はは21年ぶりの高水準。就職率は上がっているというのは事実みたいです。

関連:学歴コンプレックスを克服するのではなく味方につける

関連:初任給の平均は?大学院卒、大卒、高卒での推移や高い初任給の罠

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

転職したければ今がチャンス

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ