新卒の就職に失敗した人が今転職すべき理由、過去を後悔しても仕方ない

新卒の就職に失敗した人が今転職すべき理由、過去を後悔しても仕方ない

新卒一括採用が行われている日本において、新卒時の就職が、今後の社会人生活において大きな影響があることは間違いありません。

実際、新卒時の就職に失敗してしまい自分のやりたい仕事につけていない、満足の行く条件で働くことができていないという人も多いでしょう。

関連:新卒で派遣社員、契約社員として働く人の割合や理由、メリットやデメリット

関連:第二新卒の転職が成功しやすくなった理由。需要増のはこんな背景が

運の要素もかなりある新卒での就職

新卒での就職は、かなり運の要素が強い部分があります。

特に、学校を卒業する年の就職状況は大きな影響を与えます。

団塊世代が大量に退職するした2008年、2009年はかなりの売り手市場で、かなり就職しやすい状況になっていました

しかし、その後に起きたリーマンショックの影響によって、2010年から巣年間は全く逆の就職氷河期となってしまいました。

たった1年で大きく変わってしまったのです。

これは就職が成功できるかどうかに大きな影響を与えます。就職に失敗してしまった人も、もう1年早く生まれていれば成功してたのかもしれないのです。

もちろん、たらればを言っていても仕方ありませんが、生まれた年によって大きく変わるというのはかなり悲しいことです。

転職で取り戻すしかない

まあ、そういったことを考えても事実は事実として受け入れるしかありません。

新卒時の就職で失敗したならば、再度新卒での就職はありませんから、他の形で取り戻すか、諦めてしまうかの2択です。

もしなんとかして失敗を取り返したいと考えた時に自発的に取り組む方法が転職です。

新卒というブランドは非常に優遇されており、新卒時の就職で失敗してしまうともう取返しはつかないということも聞きます。

確かに、中途での転職と新卒での就職を比べたら、圧倒的に新卒時のほうが大企業に入るチャンス、好待遇の企業に入るチャンスは多いと思います。

しかし、転職ではそのチャンスが全くないかというとそういうわけではありません。新卒時と比べれば難しくなるかもしれませんが、決して可能性がないものではないのです。

何より、転職活動は就職活動と違って一発勝負ではないというメリットがあります。

新卒で就職活動をしている場合、卒業後の4月に入社するように就職活動を行うわけであり、言わば時間制限ありの一発勝負です。

しかし、転職活動の場合には時間制限はなく、自分が諦めて転職活動を辞めない限りは、自分の納得の行く企業が見つかるまで転職活動ができます。だからこそやってみる価値はあるのではないでしょうか。

今が転職すべきタイミングである理由

何より、就職活動に失敗して後悔している人にとっては、今がまさに転職すべきタイミングであると言えます。

就職活動にしろ、転職活動にしろ、景気の影響はやりやすさに大きな影響を与えます。そのことは、就職氷河期を経験した人は十分に承知しているでしょう。

ただ今は、景気それなりに良いほうで、とにかく企業の人手不足が顕著となっていて、どこも「人が欲しい」と思っています。

だからこそ、今転職しなければいつまでたっても就職で失敗したことに後悔しながら、時代や社会に文句を言いながら、過ごしていくことになります。

自分のやりたい仕事につけなかった人も、思ったような待遇を得られていない人も、派遣社員や契約社員といった非正規雇用者として働かざるを得なかった人も、

とにかくこのかつてない転職しやすいタイミングを見逃してはいけません。

ただ、勘違いしてはいけないのは、転職活動はそんなに楽なものではないということ。いくた転職がしやすいタイミングと言えども10社、20社受けるのは普通だし、それなりに労力も時間もかかります。

ですから簡単に諦めてはだめだし、転職サイトや転職エージェントといった無料で使えるサービスをうまく使いながら、正しく転職活動を行っていかなくてはなりません。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:新卒入社半年で転職を決意、だけど1年は働いたほうがいいの?

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ