コミュニケーションで大事なことは?彼はこう答えて倍率300倍の就職活動を勝ち取った。

コミュニケーションで大事なことは?彼はこう答えて倍率300倍の就職活動を勝ち取った。

「コミュニケーションで大事なことは何ですか?」

私の友人が、新卒の就職活動で聞かれた質問だ。

しばしばコミュニケーション力の必要性を聞くことがある。

そして、コミュニケーション能力が高いことを長所だと言う人がいる。

しかし、即座に「コミュニケーションで大事なこと」と言われて、答えることが出来るだろうか。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

おすすめ記事:こんなに違う!仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

おすすめ記事:論理的思考とは?思考を鍛えるトレーニング方法。

スポンサーリンク

コミュニケーション力とは何か

Wikipediaによれば、

「他者とコミュニケーションを上手に図ることができる能力」を意味する。

定義(抜粋)

企業が求人広告等で応募者に要求している「コミュニケーション能力」は、ビジネスシーンにおいて発揮が期待される精選された「折衝能力」「交渉能力」「説得能力」を指しており、必ずしも対人コミュニケーション一般を円滑におこなうスキルをもって満足するものではない。

会社側にとって求めているのは、こういうことであろう。

私が、人事の立場であればこういう人が同僚であればいいとも思う。

どんな仕事であれ、「折衝能力」「交渉能力」「説得能力」は必要となるのだから。

ただ、長所としてコミュニケーション力をあげている人は、はたしてこういった能力のことを頭に思い浮かべることができているだろうか。

就職活動での「コミュニケーションで大事なことは何ですか」という質問は、グループ面接時に違う受験者が長所としてコミュニケーション力をあげたことから始まった。

しかし、その受験者は上手く回答できなかった。そして面接官に突っ込まれた。

おそらくは、単に人と楽しく話すことが得意である程度だったのかもしれない。

関連:説明が下手な原因と克服方法。他人事と思ってはいけない!

スポンサーリンク

彼はこう答えた

面接官は他の受験者にも同様の質問を投げかけた。

誰も答えることができなかった。最初の受験者が突っ込まれたことも原因であろう。

その中で、彼だけが答えることができた。

「コミュニケーションで、大事なことは相手を理解することであると考える。まずコミュニケーションと言っても、相手と直接話す場合であったり、プレゼン等で多くの人を相手にする場合がある。直接話す場合であれば、相手の話をよく聴き、相手を理解する。そうすることで、相手の求めることがわかる。これがわかると、自分が何をどのように話せばいいのかが見えてくる。また、プレゼンの場合であれば、どういった対象が相手であり、相手の立場、知識に踏まえて説明の内容を変える必要がある。すなわち、相手を理解することが必要なのである。」

ついつい、上手く話すことばかりを気にしてしまう。よく聴くことが大事であるのは当然だ。

この回答をした彼は、倍率300倍という就職活動をクリアした。

彼がすごいのは、そして認められたのは、発言しにくい状態でも即座に上記の回答をしたことであると考える。

相手が求めている回答を即座に導き話す。これこそが本当のコミュニケーション能力なのかもしれない。

スポンサーリンク

おすすめ記事:これぞ天才肌!天才的に仕事ができる人の仕事の進め方、物事の考え方の特徴

おすすめ記事:頭のいい人のイメージや特徴。真似できることは真似しよう!

おすすめ記事:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

社会人はチェック!!

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ