出世、昇進したかったのに出世、昇進できないことがわかったらすぐに転職するべき

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

出世、昇進したかったのに出世、昇進できないことがわかったらすぐに転職するべき

最近は出世したくないという人も増えてきているようですが、多くの人はできることなら出世、昇進したいと考えているはず。

給料は増えるし、仕事の裁量も増える、周りに負けたと悲しい思いもしなくて良いなど、大変なことも増えるでしょうが、やっぱりメリットも大きいですからね。

ただ残念ならら出世はしたいからと言ってできるわけではありません。

出世したいと考えて自分なりに頑張ってきても、出世競争から外れてしまう人はいます。

そして悲しいことに一度出世競争から外れてしまうと、そこから挽回するのはほぼ無理である場合が多く出世を諦めて働くか、それとも転職するかのどちらかを選択することになります。

はたしてどちらを選択するのが良いのでしょうか。

関連:仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

関連:上司に嫌われたらどうすればいい?嫌われる原因や対策方法。

出世や昇進は誰もができるわけではない、したくてもできない人はいる

役員になりたい、部長になりたい、せめて課長までは出世したい。

どこまで出世したいかは人それぞれだと思いますが、誰もが希望通りに行くわけではありません。

役員、部長なんてほんの一握りだし、課長にすらなれず平社員として、全員が昇進できるところまでで会社生活を終えることになる人もいます。

そしてその出世、昇進の差は、単にどれだけ頑張ったか、どれだけ成果を上げたかということだけで決まるものではありません。

もちろん成果を上げることは必要なことですが、上司と良い関係を保つこと、成果を上手くアピールしていくことも重要。

さらに言うと、社内で力のある上司の元で働くことができるか、成果をアピールしやすい仕事に就くことができるかといった運の要素も関係することになります。

また会社によっては卒業した学校が出世できるかできないかを決める場合もありますね。

それ故に、仕事ができるのに出世できない人、仕事ができないのに出世する人が生まれることになるわけです。

実際以前私がいた会社でもたった一度の運の無さによって昇進が1年遅れ、その結果出世競争から脱落してしまった人がいました。

仕事はできるのにたった一年だけついた上司があまりに理不尽な人でその年の評価を最低評価とした、ただそれだけで最速で出世する道を閉ざされてしまったのです。

まあこれは会社で勤めている以上仕方がないことなのかもしれませんが、仕事ができる人にとっては、不満がかなり大きいですよね。

正当な評価をされず自分より仕事ができない人が上に立つ。悔しくてたまらないと思います。

出世したかったのに出世できないことがわかったら転職すべきか

出世したいけど正当な評価をされず出世できなかった、出世できないことがわかったという場合、残されているのは我慢して働くか、転職するかです。

我慢して働くって中々大変ですよね。

自分より仕事ができない人間が上に立って偉そうにしている、周りから出世できなかった人として見られる、給料も上がらない。

そのまま定年まで働き続けるなんてかなり辛いと感じることでしょう。

ただそうは言っても、転職したとしても出世できるとは限らない、ましてや中途採用なら出世はさらに難しいのが一般的。

だったら今の仕事を続けた方が良いのではないかなと考えてしまいます。

どちらが良いのか、難しくて悩みますよね。

失うものより得られるものが多いなら転職したって良い

ただここで考えてみて欲しいのは、転職の本来の目的について。

転職ってそもそも、今の状況をより良いものにする為に行うものです。

ですから転職を考えるきっかけが出世できなかったことだったとしても、転職して失うものより得られるものが多いなら転職したって良いと思います。

その得られるものというのは人それぞれ。給料かもしれないし、やりがいかもしれないし、プライドかもしれない。

確かに転職したところで次の会社で出世できるかなんてわかりません。

でもそれでも得られるものに価値があるなら、十分転職してみる価値はあるのではないでしょうか。

とにかく考えるべきは転職によって何が得られるか、何を失うかです。転職するべきかどうかは自然と答えがでるでしょう。

能力の過信には注意が必要

ただ能力を過信しすぎていないか、自分を正しく評価することは大切なこと。

出世は確かに運の要素が大きいものですが、仕事の能力だって当然大きいもの。

そして実は単に実力不足なのに、それを運のせいにしてしまっている場合も少なからずあります。

はたして本当にあなたが出世できなかったのは運のせいなのでしょうか。

他に原因はないのでしょうか。

それを見極めず、自分の能力を過信して転職を決断してしまうと、次の職場でも思い通りに行かず苦しむことが多いので注意してください。

転職に向けて

転職すべきかどうなのか、得られるものが大きいのか失うものが大きいのか。

その答えを出せるのは転職活動を行い、内定を貰ってからです。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトや転職エージェントに登録してみてください。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ