出世する人の特徴、出世できない人の特徴

出世する為にはどうする?出世する人の特徴、出世できない人の特徴

会社員として働いていると、出世という言葉がつきまとう。

当然出世したいと願う人も多いはず。

本来ならば、媚びなどは売らなくても、黙々と仕事をしていくことで認められ、出世していくことが理想的。

しかし、そうは上手くいかないことが多いのが会社員。

仕事がたいしてできなくたって出世する人は出世するし、いくら仕事ができても出世できない人もいる。

ではどうすれば出世できるのだろうか。

出世する人の特徴、出世できない人の特徴はどのようなところにあるのだろうか。

関連:左遷とは?その異動は栄転なのか、それとも転職した方がいいのか

関連:キャリアアップの転職をする前に考えておきたい2つのこと

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

出世するには上の人に認められなければならない

出世するにはどうしたらいいか。出世できないのはなぜなのか。

出世する人はどんな特徴の人で、出世できない人はどんな特徴の人なのか。

はっきり言って、これだ!という答えはない。

ただ、出世する人の特徴として共通していることは、上の人に認められる必要があるということである。

逆に出世できない人の特徴は単純に上に認められていないということである。

出世する為にはまず誰に認められるかを認識する

上の人といってもこれは会社によって、いや、それどころか同じ会社にいたってその時々で異なる。

直属の上司なのか、

さらに上の上司なのか、

大きい会社であれば、同じ学校のOBなんてこともある。

自分が知る限りでも本当に様々。

もし、直属の上司がそれなりに強い力を持っていたり、将来的にさらに上にあがっていきそうな人であれば、まずその上司に認められる必要がある。

しかし、直属の上司に力がなく、それ以上は上がっていかない存在であれば、いくらその人に認められたところで、意味はないことも多々ある。

他にも直属の上司が、部下のアピールを積極的にしてくれる人か、全くしてくれない人か。などといったことでも変わってくる。

そういったことを踏まえ、出世をする為には誰に認められる必要があるのか。まずそこをしっかり認識しなければならない。

出世する為に認められるにはどうするか

認められるべき人に認められるには、どうすればいいか。

もし、営業成績などはっきり目に見えるものがあれば、わかりやすいが、

そうではない場合には、やり方を考えなければならない

認められるべき人が直属の上司であれば、その上司が好む仕事のやり方で、日々の仕事を進めて行く必要があるし、

もっと上の上司に認められる必要があるなら、積極的に自分の業績をアピールをしていく必要がある。

仕事ができるということが条件であるが、仕事ができるだけで認められるほど、会社は素晴らしくできてはいない。

同じくらい仕事できる人でも、出世する人と出世できない人の特徴がある。

関連記事:こんなに違う!仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

評価は相対的であり、出世できる人と出世できない人は必ずいる

認められるということを考えた時、そして認められる為に認識しておかなくてはならないことがある。

それは評価というのは、相対的であるということ。

10人いて、全員仕事ができるからと言って、全員が出世できるわけがない。

必ず優劣をつける。

すなわち、周囲の人に勝たなければならないということである。

出世できる人と出世できない人はかならず生まれるわけだ。

スポンサーリンク

出世する人の特徴、出世できない人の特徴

上記を踏まえ、出世する人の特徴と、出世できない人の特徴を具体的に確認して行こう。

出世する人の特徴

  • しかるべき人に認められている。
  • 周囲に比べて、相対的に仕事ができる
  • 認められる為のアピールをしている。

出世できない人の特徴

  • しかるべき人に認められていない。
  • 相対的に仕事ができない
  • アピールとかをせず、自分の業績を認知してもらえていない。

スポンサーリンク

出世には運もある

もちろん、たまたまいい上司の下につき、認められ出世街道にのることができたなんてこともたくさんあるだろう。

ただ、そこには運がつきまとう。

運が悪ければ、いくら仕事ができたって出世できないことはたくさんある。そうやって出世できなかった人をたくさん知っている。

でも、たった一度の人生をそんな運次第にはしたくない。

ならば、自分からアクションをとっていく必要があるのだ。

とはいえ、すでに出世の道が途絶えている人もたくさんいるでしょう。そういった人は転職でステップアップを目指しましょう。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:頭が悪い人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

関連:ネガティブな人は嫌われる。プラス思考とマイナス思考はバランスが大事

関連:出世したくない若者が増加中!その理由や影響は?

関連:仕事を覚えられない原因や対処法。早く覚える為のコツとは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ