出世する人の特徴、出世できない人の特徴

出世する為にはどうする?出世する人の特徴、出世できない人の特徴

会社員として働いていると、出世という言葉がつきまとう。

当然出世したいと願う人も多いはず。

本来ならば、媚びなどは売らなくても、黙々と仕事をしていくことで認められ、出世していくことが理想的。

しかし、そうは上手くいかないことが多いのが会社員。

仕事がたいしてできなくたって出世する人は出世するし、いくら仕事ができても出世できない人もいる。

ではどうすれば出世できるのだろうか。

出世する人の特徴、出世できない人の特徴はどのようなところにあるのだろうか。

関連:左遷とは?その異動は栄転なのか、それとも転職した方がいいのか

関連:キャリアアップの転職をする前に考えておきたい2つのこと

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

出世するには上の人に認められなければならない

出世するにはどうしたらいいか。出世できないのはなぜなのか。

出世する人はどんな特徴の人で、出世できない人はどんな特徴の人なのか。

はっきり言って、これだ!という答えはない。

ただ、出世する人の特徴として共通していることは、上の人に認められる必要があるということである。

逆に出世できない人の特徴は単純に上に認められていないということである。

出世する為にはまず誰に認められるかを認識する

上の人といってもこれは会社によって、いや、それどころか同じ会社にいたってその時々で異なる。

直属の上司なのか、

さらに上の上司なのか、

大きい会社であれば、同じ学校のOBなんてこともある。

自分が知る限りでも本当に様々。

もし、直属の上司がそれなりに強い力を持っていたり、将来的にさらに上にあがっていきそうな人であれば、まずその上司に認められる必要がある。

しかし、直属の上司に力がなく、それ以上は上がっていかない存在であれば、いくらその人に認められたところで、意味はないことも多々ある。

他にも直属の上司が、部下のアピールを積極的にしてくれる人か、全くしてくれない人か。などといったことでも変わってくる。

そういったことを踏まえ、出世をする為には誰に認められる必要があるのか。まずそこをしっかり認識しなければならない。

出世する為に認められるにはどうするか

認められるべき人に認められるには、どうすればいいか。

もし、営業成績などはっきり目に見えるものがあれば、わかりやすいが、

そうではない場合には、やり方を考えなければならない

認められるべき人が直属の上司であれば、その上司が好む仕事のやり方で、日々の仕事を進めて行く必要があるし、

もっと上の上司に認められる必要があるなら、積極的に自分の業績をアピールをしていく必要がある。

仕事ができるということが条件であるが、仕事ができるだけで認められるほど、会社は素晴らしくできてはいない。

同じくらい仕事できる人でも、出世する人と出世できない人の特徴がある。

関連記事:こんなに違う!仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

評価は相対的であり、出世できる人と出世できない人は必ずいる

認められるということを考えた時、そして認められる為に認識しておかなくてはならないことがある。

それは評価というのは、相対的であるということ。

10人いて、全員仕事ができるからと言って、全員が出世できるわけがない。

必ず優劣をつける。

すなわち、周囲の人に勝たなければならないということである。

出世できる人と出世できない人はかならず生まれるわけだ。

スポンサーリンク

出世する人の特徴、出世できない人の特徴

上記を踏まえ、出世する人の特徴と、出世できない人の特徴を具体的に確認して行こう。

出世する人の特徴

  • しかるべき人に認められている。
  • 周囲に比べて、相対的に仕事ができる
  • 認められる為のアピールをしている。

出世できない人の特徴

  • しかるべき人に認められていない。
  • 相対的に仕事ができない
  • アピールとかをせず、自分の業績を認知してもらえていない。

スポンサーリンク

出世には運もある

もちろん、たまたまいい上司の下につき、認められ出世街道にのることができたなんてこともたくさんあるだろう。

ただ、そこには運がつきまとう。

運が悪ければ、いくら仕事ができたって出世できないことはたくさんある。そうやって出世できなかった人をたくさん知っている。

でも、たった一度の人生をそんな運次第にはしたくない。

ならば、自分からアクションをとっていく必要があるのだ。

とはいえ、すでに出世の道が途絶えている人もたくさんいるでしょう。そういった人は転職でステップアップを目指しましょう。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:頭が悪い人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

関連:ネガティブな人は嫌われる。プラス思考とマイナス思考はバランスが大事

関連:出世したくない若者が増加中!その理由や影響は?

関連:仕事を覚えられない原因や対処法。早く覚える為のコツとは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ