祝日が休みじゃない会社の割合。祝日も仕事だという人はかなり多い。

祝日が休みじゃない会社の割合。祝日も仕事だという人はかなり多い。

祝日が休みで、月に1回程度は週3日休みをとることができるとかなりありがたいですよね。

3連休だからこそできることも多いと思います。

ただたくさんある会社の中で、祝日が全部休みだという会社って意外に少ないです。

今回は祝日が休みじゃない会社の割合と祝日休みが多い業種について紹介をしていきます。

関連:完全週休二日制は祝日も休みではないので注意。年間休日も最低だとたった105日しかない

関連:年間休日96日は少ない?違法?内訳や労働時間との関係

祝日が全部休みなら年間休日数はおよそ120日以上

あなたが勤めている会社は年間どれくらい休みがありますか?

厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況によると、年間休日数の平均は113.8日だそうです。

ではもしも土日に加えて祝日が全て休みである場合だと、年間休日数はどれくらいになると思いますか?

1年間は52.14週あるので土日だけで104日。さらに祝日は1年間に16日あります。

ただ祝日は土日と重なってしまう場合もあるので年によって変動し、平日が祝日になるのは2017年が12日、2016年が16日、2015年が16日、2014年が14日となっています。

土日休みと合算すると116日から120日。

ただお盆や年末年始などは祝日となっていなくても連休とする会社が多いので、さらに数日追加されることがほとんど。

よって祝日が全部休みの会社であれば最低でも年間休日は120日はあることになります。

祝日も休みじゃない会社の割合

祝日が休みの会社と祝日が休みじゃない会社、はたしてどちらが多いでしょうか。

厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況によると年間休日数の分布は以下の通りになっています。

  • 69日以下・・・1.9%
  • 70日~79日・・・3.1%
  • 80日~89日・・・7.0%
  • 90日~99日・・・10.3%
  • 100日~109日・・・32.0%
  • 110日~119日・・・15.2%
  • 120日~129日・・・29.6%
  • 130日以上・・・0.9%

祝日が全て休みとなる一つの指標である年間休日数120日以上の企業はたったの30.5%で、69.5%の企業は祝日の一部は休みかもしれませんが、全部が休みというわけではないのです。

また年間休日数が120日以上であっても祝日は仕事だという企業も少なくはありません。自動車会社などは工場の保全等の為、祝日は仕事でGW、夏季、年末年始に9、10連休程度の大型連休を設定しています。

その為、祝日が休みじゃない会社は7割以上を超えるのです。

土日祝日休みが多い業種

土日に加えて祝日も休みとなっているかどうかは業種によってもかなり変わってきます。

サービス業だと祝日はむしろ売り上げが上がる日ですから、休みにならないことがほとんどです、

ここでは祝日休みが多い業種を紹介しましょう。

インフラ

電気、ガス、水道などを扱うインフラ関係の仕事は土日祝が休みであることが多いです。

年間休日数も平均122日、6割以上が120日以上となっています。

年収もそこそこ高くて安定もしている点から、就職市場、転職市場では常に人気のある業種ですね。

金融、保険業

銀行などの金融系や保険業も土日祝が休みとなっている割合が高いです。

厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況によれば、年間休日数が120日以上の割合も87.9%とかなり高くなっています。

銀行は土日祝が休みですしね。

ただメガバンクで働いている知人に聞くと、会社休日としては土日祝が休みだけれど休日出勤がかなり多いと言っていました。

会社としての休みが多くても休日出勤が多いと結局休みがないわけですから、転職時にはよく調べなくてはなりませんね。

メーカー

メーカーは業種全体的に休みが多く、土日祝を休みにしている場合が多いです。

先ほども多少述べましたがトヨタグループは祝日休まずに夏季休暇や年末年始に大型連休をとっていますが、その他はそういった体制ではなく、普通に土日祝を休みとしています。

ただ3次下請け、4次下請けとなるほどに企業規模が小さくなり祝日も仕事になる場合が多いですね。

またメーカーも職種によっては休日出勤が多くなってしまいます。

工場で働いている人だと繁忙期には休日出勤が行われたり、工場の保全関係の仕事をしている人だと休日でしか対応できないことも多いので休日出勤が増えてしまいます。

公務員

警察官や消防士などを除いて、公務員の多くは土日祝休みです。

だいたい30歳くらいまでなら公務員試験の応募資格があるので、就職後に公務員を目指す人も割りと多いですね。

休みが少ないなら転職を検討しよう

祝日が休みでなくてもその分違う日が休みで休日数としては多いのであれば良いかもしれませんが、単に土日が休みで年間休日数も110日未満しかないと休みが少ないなと不満を感じる人が多いと思います。

もし今の会社の休みの少なさに不満があるならやっぱり転職するべき。

休みの日数は自分がどれだけ頑張ったとしてもほぼ変わることがないものですから。

同じ会社で頑張って長く続けることももちろん大事。ただあまりそこにこだわりすぎてしまうと、せっかくの改善ができるチャンスをみすみす逃してしまうかもしれません。

現在は転職サイトや転職エージェントもかなり充実していて、働きながらであっても大きな負担なく転職活動をすすめることができます。

ぜひこの機会に転職活動を始めてみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ