就活失敗は第二新卒の転職で取り返せる。大手企業での求人も激増中。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

就活失敗は第二新卒の転職で取り返せる。大手企業での求人も激増中。

希望の職種に就くことができなかった、大手企業に就職することができなかったなど、就活において失敗してしまうという人は少なからずいるものです。

就活で失敗してしまった場合、とりあえず内定を貰った会社で働くという人が多いと思いますが、もし入社後にも就活で失敗してしまったことを引きずっていたり、現状の仕事に対して不満を抱えているようなら、第二新卒として転職することを考えてみてください。

第二新卒とは

ここで言う第二新卒とは、新卒で入社して3年以内に転職する人のことを言います。

入社3年以内に会社を辞める人というのは非常に多く、高卒で5割、大卒で3割となっており、第二新卒として転職する人というのはたくさんいます。

転職市場において、勤続年数が3年以上の人とは区別され、第二新卒のみを対象とした求人というのも少なくありません。

就活失敗でも大丈夫、今は逆転のチャンスあり

就活で失敗してしまったからと言って、もうどうにもならない、取返しがつかないなんてことはありません。

現在の状況では、逆転のチャンスがまだまだあるのです。

昔は就活失敗が致命的。3年以内での転職はとても厳しかった

ひと昔前までは、終身雇用制度が多くの会社において適応されており、とにかく新卒時の就活がとても重要でした。

そして万が一失敗した場合、そこから逆転しようなんていうのはとても難しいことだったのです。

特に3年以内に会社を辞めるということに関しては否定的な意見も多く、転職できるとしても中小企業、大手企業に転職するなんてことは夢のまた夢でした。

3年以内に辞めてしまえば不利になり、かといって3年たてば職種を変えることが難しくなるということでどうしようもなかったという人が数多くいたと思います。

近年は大手企業含めて第二新卒を積極的に採用

しかし、近年では終身雇用制度の崩壊、若手の人材不足、3年以内に転職することの正当性の認知によって、第二新卒での需要は急増しています。

積極的に採用している企業は年々増えており、大手企業においても求人数は増えています。

就活で高い人気がある博報堂などもありますし、大手銀行、メーカー、IT企業などが第二新卒での採用を積極的に行うと明言もしています。

第二新卒の採用に関しては、企業側にとっても甥にメリットのあること。新卒者から第二新卒者まで間口を広げることによって優秀な若手人材の確保につながるのです。

これまでたった一度の失敗によって切り捨てていた人材の中に、優秀な人材はたくさんいるということに若手人材不足になってようやく気付き、、積極的に採用するようになりました。

第二新卒としての転職が恵まれている理由

これまでNGとされてきた3年以内の転職ですが、昨今の状態を考えればむしろ恵まれていることのほうが多いです。

大手企業も積極採用している為に中小から大手も可能である点、そして異業種、異職種へ転職しやすい点があげられます。

大企業と中小企業の仕事のやり方は違うという理由から、年齢が高くなると中小企業から大手企業への転職はどうしても難しくなってしまいます。

また、3年を過ぎ年齢が高くなればなるほどにそれまでとは違う業種、職種への転職は難しくなってしまいます。

ただ第二新卒では職種特有の経験というものではなく、新卒同様にポテンシャル面が重視されるので、通常の採用に比べれば可能性は高いのです。

第二新卒としての転職活動のやり方

第二新卒として転職することは、やってみるとそう難しいことではありません。

ここではやり方について紹介していきましょう。

転職のタイミング

中小企業の場合、もしくは大手企業での少数人数の場合には特別この時期にというのは決まっていませんが、大手企業でそれなりの人数を募集する場合だと、春採用(4月入社)と秋採用(10月入社)のどちらかにまとめて採用する場合が多いです。

春採用、秋採用の場合、かなり早い段階から募集を行っている場合も多いですから、まだ先だろうとは思わずに早めに求人がでていないかを確認することが必要となります。

仕事の探し方

第二新卒の求人を探す方法として転職サイトで検索するという手段もありますが、大手企業の求人に関してはあまりでてこないので他の手段を取る必要があります。

手段としては3つ。

まず一つ目が企業のホームページを確認すること。それなりの人数を募集する場合には各企業のホームページに求人情報が掲載されているので気になる企業があれば確認しましょう。

二つ目が転職サイトのスカウト機能。これまでの職歴や年齢、学歴等がくれば、大手企業からもオファーが来る場合が」あります。

ただ最も良いのは三つ目の転職エージェント。

大手企業の求人は大半が転職エージェントに預けられている非公開求人である為、転職エージェント経由でなければ応募どころか知ることもできません。

それなりに採用する企業の場合であっても転職エージェント経由でないと受けることができない場合もありますから、どこか1社は使うようにしてください。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

ノウハウ関係は自力で何とかする必要はない

第二新卒として転職活動するいにあたり、自己アピールや転職理由などを履歴書にどう書けばいいか、面接で聞かれたらどう答えればいいかなど悩む人もいるかと思います。

確かにそれは重要です。

ただ、それは自力でなんとかせずに、転職エージェントの力を頼ればよいだけです。

もちろん自分で考えなくてはいいということではありません。最初は自分なりに頑張って考える必要はあります。

ただ自力でやるには限界があるし、どうあがこうともこれまでたくさんの転職に関わってきたプロの力にかなうわけがありません。

転職活動のノウハウに関してはプロの力に頼るようにすれば、転職活動自体が割と楽に進んでいきます。

会社選びだけは自分だけで考える

会社を選ぶ場合は転職エージェントの力を頼らずに、自分で考えるようにしましょう。

転職エージェントも利益をあげることを重要視しますから、転職希望者に対して強く転職をすすめる、より入りやすく年収が高い企業をすすめてくるといった傾向があります。

場合によってはあなたの希望にあわない企業を進めてくる場合もあるのです。

会社選びに関してはとにかく自分の頭で考え、自分で決めるようにしなければ誤った転職をしてしまうことになりかねません。

就活失敗で終わらせない

せっかくこれだけ環境が整っているわけですから、就活で失敗したことに関していつまでも嘆くのではなく、もっと前を向いて自分が希望する仕事ができるように取り組んでいきましょう。

20代をどう過ごすか、どんな選択をするかによって今後の社会人生活が大きく変わってくるのです。

関連:たった7ヶ月の新卒が会社を辞めた私が今の会社に転職を決めた理由。1年未満だってチャンスはある。

関連:新卒だけど会社を辞めたいという人の為の転職活動のすすめ。落ち込む理由は全くなし



このページの先頭へ