週一休み、年間休日100日未満はかなりきつい。疲れがとれないと感じたら転職も考えよう。

週一休み、年間休日100日未満はかなりきつい。疲れがとれないと感じたら転職も考えよう。

会社によって休みの日数は異なり、土日祝日休みの会社、土日に加えて夏季、冬季に長期連休のある会社、日曜日しか休みがない会社など色々あります。

法律上では毎週少なくとも1回の休日を与えることが定められているだけである為、週一休みでも法律違反を犯しているわけではありません。

ただ、1週間の所定労働時間(残業を除いた勤務時間)は最大で40時間と決められている為、1日8時間であれば週は5日しか働くことができませんが、1日あたりの労働時間をそれ以下にすれば、週に6日勤務となることが可能になります。

要するに労働時間という観点からすれば、週5日勤務だろうが週6日勤務だろうが、大きくは変わらないということです。

ただ、労働時間が一緒だとしても週に一回しか休みがないか二日あるかでは労働者からすると大きな違いがあり、心身へ与える負担も異なります。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:新卒で入った会社を辞めたい人は、思い切って転職してみるのも大事。

週休二日制と完全週休二日制

まずは簡単に休みの制度について簡単に紹介していきます。

労働条件の休日数を表す表記として、週休二日制と、完全週休二日制があります。

完全週休二日制は、週に必ず二日以上の休みがあることを言い、年間休日数は105日以上はあることになります。

一方で週休二日制は1か月間のうちに休みが週二日以上ある週が1度以上あることを言い、年間休日数は最低の場合だと64日となります。

好条件であると考えられる年間休日数は120日以上であり、完全週休二日制の場合であっても祝日が休みでなかったり、夏季や冬季に連休がなく、年間休日数が105日の場合だと好条件とは言えません。

ましてや週休二日制で年間休日数が100日を切る場合は連休もあまりなく、労働者にとって悪条件であると言わざるをえません。

週一休みは正直かなりきつい

休日数は働く上で非常に大切であり、週1休みの頻度が多ければ多いほど、かなりきついと感じることが多くなります。

もちろん人によっては、仕事が楽しいから休みは少なくても問題はない、休みよりも1日あたりの労働時間が短いほうが良いなんていう人もいるかもしれません。

ただ、実際に週一休みで働いている人に聞いてみると、かなりの高確率で休みが少ないことに不満を感じています。

週一休みで働いてみた感想

実際、週一休みで働くことのどういったところがきついのでしょうか。2つの経験談を紹介します。

その1

私の場合、隔週で土曜日が出勤となる週休二日制で働いており、年間休日数としては80日程度でした。

毎週連休があってくれれば、1日は家族サービスに費やし、1日はゆっくり過ごして1日の休みを取るなんて過ごし方ができます。しかし、そんな風に過ごすのは隔週でしかできず、土曜日に出勤がある週だと休日には何もする気がおきずにだらだら過ごすだけになってしまいます。

何より週に一回しか休みでがないというのは精神的に大きなストレスとなってしまいます。1日しか休みがないと、結局その日も、次の日のことを考えて憂鬱になり、心を休めることができません。

いつも目標にしていたのは土日休みの週です。ただ、5日頑張れば休みだと思うのと、2週間頑張れば休みだと思うのはかなり違います。

毎週確実に週二回休みがある、そしてたまには祝日で3日休みの週があるという働き方が非常に羨ましく感じていました。

その2

私の場合は休みが4週5日というシフト性で、基本的には週一休み、月に1回だけ2日間休みがあるというだけでした。

はっきり言って、やってられないというのが正直なところです。周りを見渡せばみんな週に二日は休みだし、休みが少ないのに残業は多く労働時間は毎日10時間以上だし。

休みはただ寝るだけ。正直プライベートなんて全然なく毎日仕事しかしていないという状態でした。

友人に遊びに誘われてもたいていは仕事で行けないし、たまたま休みであっても、疲れていて出かける気がおきませんでした。

毎週連休みがあれば、次の日のことを気にせずに目一杯遊ぶことができる日があります。そんな日があるって本当に大事。仕事を忘れることができる時間がなければ身も心も持ちません。

長く働ける環境とは言えない

上記二つの経験談を紹介しましたが、週一休みであることの負担は、身体はもちろんのこと、精神的にもかなりのものです。

仕事が楽しく、四六時中仕事の考えていても気にならない人や、仕事とプライベートを完全に切り離し、就業時間後や唯一の休みに仕事以外のことで楽しむことができる人であればいいですが、そうでなければかなりきつい働き方なのは間違いありません。

また、家族がいる人にとっても働きやすいとは言えません。休みが少なければ家族と過ごす時間は減ってしまうし、唯一の休みに頑張りすぎると、自分を休ませる時間がありません。

こういった点からも、長く働ける環境とは言えないでしょう。

転職する場合に注意したい点

もしも週一休みであることに不満があるならば、すぐに転職することをおすすめします。

上述したように決して働きやすい環境とは言えないし、何よりも完全週休二日制の仕事はたくさんあるからです。

ただ、転職時には休日に関していくつか気を付けない点があります。

年間休日は120日以上が理想

まず、年間休日数は120日以上である会社を狙いましょう。

完全週休二日制であっても、年間休日数が105日しかない会社もあります。もちろん週一休みだったことを考えればかなり良いかもしれませんが、実際に働いてみるとそれでも休みが少ないなーと感じてしまいます。

せっかく転職するなら120日以上の会社で祝日も休める会社を選びましょう。

年間休日が120日を超える会社は、実際にたくさんありますから、全然不可能なわけではありません。

業界によってもかなり違う

休日数は業界によって大きく異なります。ですから業界を変えることも視野にいれたほうがいいかもしれません。

基本的には大企業であるほど休日は多く、中小企業になるにつれて休日は少なくなります。ただ、業界によっては中小企業でも完全週休二日制は当然、祝日も休みなんて会社はたくさんあります。

休日出勤があれば当然休みは減る

いくら会社が完全週休二日制をとっていても、休日出勤が多ければ当然休みは減ります。

ですから、会社の休日数や休みの制度だけを見て入社しても後悔することになるかもしれませんので注意が必要です。

ちなみに、私が以前働いていた会社は土日祝休みでしたが、振替出勤が1年間で21日、休日出勤が43日もありました。

振替出勤は、代わりにとった休日に会社自体は稼働していた為に何かと電話がかかってきたりと今いち休めないという問題はあったものの、まだ休みをとることができただけまし。休日出勤は単に休みが減っただけで実質の年間休日数は80日程度になったのです。

これが3年続きました。

休日出勤手当はしっかりと出ていたので給料面では潤っていたのですが、やはり体はしんどかったです。

求人票が嘘の場合もある

中小企業の場合は特に、求人票に嘘が書いてあって、入社前までは完全週休二日制だと思っていたのに、実際に転職すると基本的には週一休みだったなんてことがあります。

ですから、求人票の内容だけではなく、内定後はしっかり雇用契約書や労働条件通知書を確認するようにしましょう。

労働基準法では、休日に関して書面にて明示する必要あるとされています。この書面は証拠にもなりますので、必ず出してもらいしっかり確認するようにしてください。

書面で明示するのは法律上決められたことであり、もし出し渋るようであればそれだけで怪しい会社です。

また、その会社が近いのであれば、本当に稼働していないかを実際に足を運んで確認してみるのも良いでしょう。

人それぞれに合った働き方がある

人によっては、週一休みだろうが、休みが全くなかろうが、何のストレスもなく働くことができる人もいるでしょう。そういった人からすれば週一休みできついだとか、しんどいだとか言っていることを甘いなんていう風に考えるかもしれません。

しかしそれは、単に仕事に対しての考え方、取り組み方が違うだけであって、甘えなんかではありません。

むしろ週に二日休みがほしいなんて言うのは正常な考え方であり、それを求めて転職することは全然ありでしょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:残業、休日出勤したくない!残業が多いことが当たり前な現状から脱出

関連:年間休日数が少なくて不満なら違う業界に転職しよう。早めに決断することが重要


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ