将来性のある仕事、業界に転職したい。どう探せばいい?

将来性のある仕事、業界に転職したい。どう探せばいい?

仕事を選ぶ上で、将来性の有無は重要なもの。

長く続ける仕事が良い。年齢が高くなってから仕事がなくなるなんて嫌だ。誰だってそう思いますよね。

それでは、将来性のある仕事、業界にはどういったものがあるのでしょうか。

そこで、今回は将来性のある仕事、業界について紹介します。

関連:転職には何が必要?間違った準備をしてはいけない

関連:会社、仕事の選び方、自分の基準をしっかり持とう

関連:転職先が合わない!辞める?それとも続ける?

将来性は重要、仕事を辞める理由でも上位

将来性というのは非常に大切なもの。

先のことをを考えてもしかたないと考える人もいるかもしれませんが、多くの人は仕事選びの際に重要視します。

実際、今の会社を辞める理由として、将来性がないということを挙げている人も全体の6位と上位に入っています。

特に、20代男性で4位、30代男性で2位、40代男性で2位と男性は特に将来性を重視する傾向があります。

年齢が高くなってから倒産、リストラになんて合いたくない。それなら今のうちに転職してしまおう。そう考える人が非常に多いのです。

参考:仕事を辞める人の割合や、仕事を辞めたい、転職したい理由ランキング

将来性のある仕事、今後伸びる業界の探し方

では、具体的に将来性のある仕事。今後伸びる業界はどう探していけば良いのでしょうか。

社会の流れを考える

まずは社会の流れを考えてみましょう。

低い賃金を武器にした新興国の参入、技術革新によるロボット技術の向上なんかが言われています。

他にも環境問題の深刻化といったものも考えられますし、便利なサービスの増加による余暇時間の増加なんかが考えられます。

特にロボットは今後の仕事に大きく影響を及ぼすことが考えられます。

これはすでに大きく与えており、製造メーカーは人件費の安い国では工場のラインを手作業中心に行っていますが、人件費の高い日本や欧米ではロボットや機械に置き換えています。

今後、ロボット技術がさらに発達して、コストも下がってくると徐々に人から機械へと仕事が変わってくることが考えられます。

今後の需要を考える

社会の流れにも通じる部分がありますが、仕事を選ぶ上で需要は非常に大切な観点です。

需要がなければ、利益を生み出すことができませんから仕事として成立することがなくなります。

例えば、印刷といったものはデジタル化によって需要が減っていくことが考えられます。

逆に、介護等は高齢化によって今後も需要は増えていくことが考えられます。

専門性、技術を考える

将来性のある会社を選ぶ上で高い専門性、強い技術力を持った会社は強いです。

圧倒的な技術力を持っていると、それだけで他社が参入することが難しくなる為です。

その為、会社を選ぶ際にはどういった技術はどういったものがあるか、ライバルとなる企業はどこか、どのくらいライバル企業と差があるのかは着目しておきましょう。

会社の経営戦略を考える

どんな仕事であれ、どんな業界であれ、ずっと一つの事業で利益を上げ続けるのは中々難しいことです。

どんな仕事であれ需要は変わるし、ライバルもでてきます。

その為、会社としてどんどん新しいことにも挑戦していく必要があります。

ですから、会社の経営戦略がどういったものかは見ておきましょう。

例えば、mixiという会社は一時期SNSで高い利益を挙げていましたが、facebookなどの台頭によって経営が悪化しました。

しかし、次はアプリで利益を大きく増やすことに成功しています。

いつまでも過去を引きずるのではなく、違うことにも挑戦していくことが必要となるのです。

また、通販大手のAmazonなんかも、次から次へと新たな事業に参入しています。

このAmazon、売り上げが伸び続けているのには実はずっと赤字。それは、利益をどんどん投資に回している為なのです。

会社の経営状態を見る

将来性を考えて、会社を選ぶ際には会社の経営状態についてや、同じ業界の会社の経営状態も見ておきましょう。

単純に赤字だとか、借金が多いだとかではなく、売り上げの伸び、会社資産の割合や内容、数年間の経常利益、投資の内容などなどは見ておきましょう。

どの業界でも使えるか考える

仕事を選ぶ際は、その仕事が会社特有のものになってはいけません。

どんな会社であっても、何かがあると簡単に倒産してしまいます。どうしても読めないことだってあるのです。

だからこそ、会社に依存しすぎずにどんな業界でも使えるスキルを持つことは必要になります。

参入障壁を考える

会社を選ぶ際、参入障壁もひとつのポイントです。

参入障壁が低ければ当然、ライバル企業がどんどん増え、利益を上げていくことが難しくなっていきます。

参入に莫大なお金がかかる、高い技術力が必要なd、参入障壁が高いと、ライバル企業はそれほど増えずに、安定して利益を伸ばしていくことが容易になります。

変化に応じて自分も変わっていくことも考えておこう

いくら将来性のある仕事、将来性のある業界を考えても、未来に何があるかを完全に読むことはできません。

優良企業、将来性、安定性抜群といわれていた東京電力が地震によってああいったことになることをできた人はほとんどいないでしょう。

だからこそ、会社に依存するのではなく、自分も変わっていくことを意識しておかなくてはなりません。

転職に向けて

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:大企業、一流企業に転職するには?求人の探し方や転職を成功させる方法

関連:こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない

関連:給料が未払い!貰えない時の対処法とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ