将来が不安。今の仕事は将来の仕事でいいのか。

将来が不安。今の仕事は将来の仕事でいいのか。

今の会社でこのまま働き続けていいのだろうか。

今の仕事をこのまま続けていいのだろうか。

自分の将来を考えた時に、不安を感じている人も多いと思います。

しかし、そういった将来への不安を、特に解消することなくただ漠然と流れに沿って会社に行き、仕事をしている人が多いのではないでしょうか。

不安になっている将来はそのように過ごしている間に、徐々に近づいています。

手遅れになる前に、その不安を解消していきましょう。

関連:仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方

関連:完全失業率や失業者の人数、仕事がない理由は?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

将来が不安で会社を辞める人は多い

実は将来が不安だという理由で転職する人は多いです。

厚生労働省の平成26年雇用動向調査結果によれば、会社を辞めた人のうち、男性の6.4%、女性の4.8%が将来の不安から会社を辞めています。

将来を不安だと思っているのはそれほど珍しいことではないのです。

なぜ将来に不安になっている?

なぜ将来が不安だと感じているのでしょうか。

仕事のやりがいやお金のこと、健康のことなど、人によって様々でしょう。

今の仕事がつまらないと感じていたり、上司の姿を見てこうはなりたくないと感じている人は、仕事を続けていくこと自体に不安を感じるでしょう。

年収が低い、将来もあがる見込みがないといった人は、お金のことに不安を感じているでしょう。

肉体労働をしている人は、自分の健康について不安に感じているでしょう。

将来が不安だと漠然と感じる時、たいていいくつかの理由が重なっていることが多いです。

というよりも、色々な理由が重なってしまっていることで、将来の不安が漠然としてしまうということに繋がっています。

まずはなぜ将来が不安だと感じているか、明確にしてみましょう。

明確になれば何をすればいいかがわかる

将来が不安だと感じる理由を明確にすれば、自然と何をすればいいかが見えてきます。

本来はこの時点で一つずつ潰していけばいいのですが、すべてを簡単に潰すことは難しいでしょう。

その理由は実現が困難であることや、時間がかかってしまう為です。

多くの人は、困難だと感じたり、すぐには不安を解消できないと感じてしまうと、結局何もしないということを選んでしまいます。

例えば、年収が低いという問題に対して、転職して年収をあげる、副業するといった解決策がありますが、どちらもそれなりの労力が必要となりますし、1日、2日で実現できるものでもありません。

また、絶対に解決できるということがその時点ではわからないのも原因です。

また、将来の不安の原因がいくつかあるに対して、どうしても解決が困難な問題に注目してしまい、解消しようとし、できないとあきらめ何もしなくなってしまう為、他の不安さえ解決できずになってしまうことにもつながります。

スポンサーリンク

将来の不安を解消する為にどうすればいいか

では、将来の不安を感じた時、具体的に何をすればいいのでしょうか?

すぐには解決できないことを認識する

将来が不安と感じていることに対し、まずはすぐには解決できないことを認識しましょう。

1日、2日でたいした努力もせずに解決はできないのです。

それが当然です。

将来が不安な理由を明確にした時、解決できそうにないから何もしないのではなく、解決するのに労力がいるのは当たり前という認識を持ってください。

とにかく行動を起こす

あとは行動を起こすだけです。

労力がかかります。

時間がかかります。

しかし、行動しなければいつまでたっても解消できませんし、手遅れになってしまいます。

時間がたてばたつほど、もっと困難になりますから、すぐに行動を起こすことが必要です。

優先順位づけは必要

ただ、将来の不安がいくつもある時には優先順位づけが必要です。

何を優先的に解消させたいか、時間がかかるものはどれかということを優先順位づけし、そこから潰していくことが必要となります。

全てを一斉にやりだすと、全てが中途半端になりますから、一つづつやっていきましょう。

あきらめる必要性

時にはあきらめることも必要となります。

例えば、今の仕事ではなくやりたいと思っていた仕事に変わりたいと考える一方で、年収は今よりもアップさせたいと考えた場合、両立が困難となり、どちらかを諦めなければならないかもしれません。

しかし、簡単にあきらめることだけは辞めましょう。

例えば、上記の問題であれば、やりたい仕事につくことで年収は下がるものの、年収を下がった分、副業でカバーするという選択肢もあります。

時には諦める必要性もありますが、簡単に決断だけはしないようにしましょう。

スポンサーリンク

将来が不安と感じる気持ちを少しでも解消させるために

将来が不安と感じることは、自分のなりたい姿があるが故です。

せっかくその姿を持っているのですから、何もせずにいるのではなく、不安を解消させるために動いていきましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:仕事が続かないのはなぜ?原因と対処法

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ