未経験者が商社への転職を成功させる為の方法や転職前に考えておきたいこと

未経験者が商社への転職を成功させる為の方法や転職前に考えておきたいこと

就職、転職ともにかなり人気がある商社業界。人気があれば当然倍率も高く、難易度は高くなっています。

しかしながら未経験であっても商社への転職を実現できている人がいて、決して不可能なことではありません。

そこで、今回は商社業界に転職するにはどうすればいいか、そして商社へ転職する場合に注意しておかなくてはいけないことを紹介します。

商社業界への転職の状況

では、まずは商社業界の転職状況について紹介していきます。

大手総合商社への転職はかなりの難易度

商社自体は割と中途採用に積極的で、大手総合商社であっても毎年募集をかけていまう。

ただ、企業が積極的に採用していてもそれ以上に応募者が殺到する為、転職はかなりの難易度であると言えます、倍率は数百倍だと考えてもいいでしょう。

それでももちろん転職できる人はいますから、やる前から諦める必要はないのですが、その倍率に勝ち抜くだけのスキルを持っていなくてはなりません。また、中途採用であっても学歴を見られる場合が多々あります。

中堅商社、専門商社の難易度はそれほど高くはない

大手総合商社に比べれば、中堅商社や専門商社の難易度はガクッと落ちる為、入社できる可能性は高いです。

また、扱っている製品が前職に関連したものであれば、これまでの経験、知識がそのまま使える為、経験を生かした転職をしやすいという特徴もあります。

第二新卒の場合はどうなる?

第二新卒の需要は増えてきてるのは商社業界も同様ではありますが、大手総合商社では採用を行っていない為、厳しいのが現実です。

しかし、専門商社であらば十分に可能であると言えます。

未経験でも可能?

未経験と言っても、業界未経験なのか、職種が未経験なのかによって大きく違います。

業界が違う場合であっても、例えば海外営業の仕事をしてきた人であれば大手総合商社であっても同様の営業枠で転職することが可能です。

しかし、全くの未経験となると大手総合商社はほぼ不可能です。

専門商社の場合であれば、当然経験があったほうが転職はしやすいですが、未経験者であっても転職できる可能性は大いにあります。

また、職種での経験がなくても、前職の経験から扱っている商品に関して深い知識を持っている人材であれば非常に転職しやすくなります。

実際に商社業界へ転職した人はこんな人

では、ここからは未経験であっても商社できた人の特徴を紹介します。

語学スキルが高い

総合商社にしろ、専門商社にしろ、やはり語学はできてなんぼです。

海外の人と話すことも、海外に行くことも多々ありますから、ただTOEICの点が高いというだけでなく、会話ができる力が必要になります。

また、英語が話せる場合であっても扱っている製品の専門用語等も使えたり、もしくは中国語などの他の語学が堪能である場合もかなり高評価となります。

前職の業界を生かしている

先ほど少し書きましたが、専門商社の場合はたとえ職種が未経験であっても、扱っている製品のものの専門知識があることで優遇される場合が多々あります。

例えば自動車業界で働いていて自動車部品の知識を持っている人であれば、その自動車部品w扱っている商社に行っても知識は十分に生かすことができる為、未経験であることが必ずしも不利にはなりません。

商社の仕事を具体的に語れる

商社の仕事ってどういう仕事をするのか、転職するなら当然知っておかなくてはなりません。

ただ、多くの人がイメージしかわからないまま転職しようとしている人がいます。

商社の仕事は具体的に何をするのかを、できれば実際に商社で働いている人の話を聞いてよく理解しておかなくてはなりません。

商社での仕事に通用する高いスキルを持っている

職種が違っても通用する高いスキルはあります。

例えばコミュニケーションスキルであったり、交渉力であったり、マネジメント力であったり。

例えば交渉力なんかは例え職種が違っても入社後に役に立つ能力であり、もし良い実績があれば高く評価されます。

海外の人と仕事をした経験がある

海外の人と仕事をする倍と、日本人と仕事をする場合ではやはり違いがあります。

だからこそ、海外の人と実際に仕事をしたという経験は強い武器になります。

実際に海外で仕事をした経験があるといいですが、そうでなくても何かしら海外の人と関わってきたという実績があるといいです。

熱意がある

どんな転職であっても言えることなんですが、熱意があるということを面背t館にわかってもらうことが非常に大切です。

熱意をアピールするって意外に難しくて、転職理由、自己アピール、質疑応答など様々なことで試されています。

面接で熱意があるとわかってもらう為にもその企業に関してだけでなく業界に動向など多くの情報を知り、それでいて自分ごとに消化しておく必要があります。

商社業界に転職する場合に注意する点

でっは最後に、商社業界に転職する場合にやっぱり覚悟しておかなくてはいけないことを紹介します。年収が高いといった安易な理由だけでなく、デメリット面はよく知った上で決めましょう。

海外勤務する覚悟は必要

まず、海外勤務する覚悟はやっぱり必要です。

私の友人は、結婚直後にいつまでかわからないアジア圏への転勤を命じられ、色々とごたごたもあったみたいです。

激務にも耐えられる体力はある?

商社は激務なんて言われていますが、やはりその傾向はあるみたいです。

入る会社、職種によっても変わるので会社について実態をよく調べて自分が大丈夫かを冷静に判断しましょう。

周囲に優秀な人があふれている

特に大手総合商社に転職する場合、相当の倍率を乗り越えたわけですからかなり優秀な部類になるでしょう。

しかし、同様に周囲は難易度の高い就職活動を乗り越えてきた人ばかりで、それでいてがっつりこれまで働いてきている人です。

そのことは覚悟いておいたほうがいいでしょう。

転職活動の進め方

商社に転職を考えている場合は、検索して見つかる公開求人だけではなく、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントから紹介してもらう求人から応募するようにしましょう。

特に転職エージェントは、あなたの職歴、希望からあなたに合った企業を紹介してくれる為、受かりやすさはかなりあがります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば知名度のある以下の2つを利用してみるのをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:激務で薄給の仕事から抜け出そう。あなたは激務を選ぶ?薄給を選ぶ?

関連:給料が少ないことが原因で転職する場合の注意点


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ