昇進したけど給料が下がる。昇進拒否は可能?だめならやっぱり転職?

昇進したけど給料が下がる。昇進拒否は可能?だめならやっぱり転職?

昇進して管理職になれる人は一部。

仕事で成果を上げそれが認められた人であり、長く働いていれば皆が昇進できるというわけではありません。

ですのでもし昇進できればそれは喜ばしいことだし、給料アップ等の恩恵もあって当然なはずです。

ただ実際はそうなってはくれず、せっかく管理職に昇進したのに給料が下がってしまったという例が実は少なくありません。

関連:管理職でも転職はできる。現在の転職の状況や転職のポイント

関連:30代後半でも持つべきキャリアプランと、転職で年収アップする為の転職エージェントの選び方

昇進したのに給料が下がることも実は多い

管理職に昇進した場合、基本給だけを見れば増える場合がほとんど。さすがにそこは減らないし、もし減ってしまったらそれは不利益変更に該当する問題のあることです。

ただ基本給は増えてもトータルで見ると給料が減ってしまう可能性があるのが管理職です。

残業代が出なくなる

管理職になって給料が下がってしまう最大の原因が残業代が出なくなってしまうこと。

管理職になると労働時間や休日に関する上限がなくなり、いくら残業しようが、休日出勤しようが、残業代も休日出勤手当も支給されなくなってしまう会社がほとんど。

それ故、残業時間が多い人ほど給料が下がってしまいます。

例えば基本給30万円で毎月30時間残業していたとしましょう。

この場合、割増賃金を考慮すると残業代はおよそ67,000円。

残業時間がもっと長かったり、基本給がもっと高い場合は当然もっと残業代が高くなります。

昇進して基本給、役職手当がこの分増えなければ、給料の総額としては減ってしまうことなるわけです。

昇進によるアップ分が少なく、残業が多い人は月10万円以上下がってしまう場合もあります。

ボーナスが下がる

場合によっては管理職の方がボーナスは少ないなんて場合もあります。

会社が好調の時は一般社員よりもも耐えるものの、会社が不調で赤字の場合だと大幅に下がってしまうことがある為です。

もちろん一般社員であっても会社が不調の時はボーナスが下がります。ただ労働組合がしっかりしている会社だとそこまで大幅には下がりません。

一方で管理職になると労働組合に守られていない為、一般社員以上の大幅減になってしまう場合があるのです。

その反面、労働時間と責任は増える

こういった理由から昇進しても給料が下がる、それこそ人によっては年収では100万円も下がってしまう可能性があるわけですが、その反面労働時間と責任は増えます。

特に労働時間は大幅に増えることが多いですよね。

管理職になって残業代を支払わなくてはよくなったと共に、残業時間の上限も気にする必要がなくなり、残業がかなり多くなってしまいます。

給料は減ったのに残業は増えて責任も増える。

だったら昇進しなければ良かったと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

残業代を支払わない為に管理職に上げる場合も

会社の中には、残業代を減らし人件費を抑えつつ、いくらでも働かせようという理由であえて管理職にあげるという場合もあります。

実際は管理職と言えど、管理監督者でなければ残業代や休日出勤手当は支払わなければならないもの、

労働基準法第42条でも以下のように定められています。

この章、第六章及び第六章の二で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。

  1. 別表第1第六号(林業を除く。)又は第七号に掲げる事業に従事する者
  2. 事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者
  3. 監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの

そして管理監督者としてみなされるには、重要な責任、権限をゆだねられており、それにふさわしい待遇であることが必要。

給料もろくに増えず、働くのもそれまで通り上司の指示に従って動くだけでは、管理職であっても管理監督者ではなく、残業代も支給されなくてはならないのです。

参考:管理職は残業代が出ないのが当たり前?名ばかり中間管理職に要注意!

昇進を拒否することは可能?

ではもし給料が下がるのが目に見えてわかり、仕事もしんどくなりそうだという場合、昇進しない、昇進を拒否するということは可能なのでしょうか。

もし昇進したくない意思があれば、上司にそれを伝えることは可能です。

ただその理由として、給料が下がるから、仕事が増えるのが嫌だから、責任が増えるのが嫌だからといった理由は当然NG。

現場で仕事がしたい、プレーヤーでやって行きたいなど前向きな理由である必要があります。

ただもし言ったとしてもそれが希望通り行くかは別の話。

ほとんどの場合はおそらく希望は叶わず会社の命令に従うしかなくなるでしょう。

もし頑なに昇進を拒否してしまうと、会社の指示に背いたとして罰則を受ける可能性があるので注意が必要です。

給料が下がったから転職するのはあり?

昇進した結果、仕事が大変になった反面給料が下がったとなった場合、中には転職を考える人もいると思います。

現在の転職市場はかなりの売り手市場となっており、30代前半はもちろん30代後半であっても給料をアップさせることは可能ですから、転職という選択もありです。

ただいくつか注意しなくてはならない点があります。

昇進したことによるメリットを改めて考えてみるべき

昇進して給料が下がったとして、実はそれが一時的であるかもしれません。

その先にもう昇進が見込めずずっと今の給料のままであれば転職する判断をしても何も問題ないかもしれませんが、必ずしもそうとは限りませんよね。

さらに昇進することができれば大幅に増える可能性があるし、昇進できなかったとしても年齢が上がることで増えていくパターンもあります。

また給料が減っても基本給自体は高いので、退職金が一般社員に比べて大幅に高い可能性があります。

そうであったとしても転職した方が良いという場合もありますので、どちらが良いのかしっかり比較した上で判断するようにしてください。

どういう転職をしたいかによってタイミングは変わる

転職時、どういった転職をしたいのかによってもタイミングは変わります。

もしプレーヤーとして転職するつもりならすぐにでもすべきですが、30代後半だと年齢的に管理職としての求人も多く、管理職として転職するなら少なくとも1年はその経験が必要。

どのタイミングで転職するか、よく考えておきましょう。

転職に向けて

転職活動を進める場合、転職サイト、転職エージェントの利用をおすすめします。

かなりメリットが大きいのでぜひ活用してください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ